つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

理想と現実の間で

記憶が定かでないのですが

闘病中に読んだ本、聞いたお話の中の話です

 

 

アジアのどこかの国では

親戚一同300人くらいで暮らしているので

一人くらい働けなくなってもなんくるないさ

というものでした

 

 

この話を聞いたとき

いいなー

と思いました

 

 

なぜならわたしは闘病中で

仕事を休んでいる身

もちろん復職を目指していますが

そうであっても

いずれ働きが鈍くなったとしても

支えていただけると思って

安心できれば何よりと思ったからです

 

 

ただこれはアジアのどこかの国で

日本の話ではない

日本じゃ無理だろうと思っていました

 

 

ところが入院中とその後の自宅待機の時に見ていたと思うのですが

昼間のドラマで

www.tv-tokyo.co.jp

 

仲間と助け合って仕事をしていくものがあり*1

こちらもいいなーと思ったのでありました

 

 

理想を言えば

助け合いの社会

そうなるといいですよね

 

 

わたしとしては働けなくなった時期にこういうのがいいと

思ってしまうのはいささか虫の良い話とも思ってしまったこともありますが

 

 

休職を何度も繰り返すなどで

大変な時に職場の方々にたくさん助けていただいたことがあり

その当時も、そして今も

長い目で見ればわたしも職場でかつてどなたかのお役に立てていたことがあって

巡り巡って助けていただいたということになるのでしょう

そう思ってありがたく、本当にありがたくさせていただきました

 

 

とは言え

当時は職場にいつまでも迷惑かけちゃいけない

と必死だったんでしょうね

 

 

自分なりにできることを一生懸命にやって生きていく

そうした助け合える場はないものか?

 

 

それを探そう・目指そうとしたのが

地域社会への関わりだったような気がします

 

 

退院した2009年の頃からのことでした

 

 

 

f:id:route66-jp:20200126205945p:plain

今日のつくばの空、低空右から左へと飛行機雲が作られています

 

誰もが赤ちゃんとして生まれて

お世話をしてもらい

やがて大きくなって

今度は次の世代を育てたり

高齢者を助けたり

 

 

ドライなビジネスの世界にも

ポートフォリオ」という考え方があるくらいですから

 

支えてもらう側と支える側が

いつもお互い様の気持ちでいられることができる

それが理想の形だと思っています

 

 

どちらかに負担をかけすぎないこと

それがわたしの理想です

 

 

そうした共創社会を目指して

わたしは突き進んでいたのかと思います*2

 

 

 

f:id:route66-jp:20200126220505j:plain

未来の共創社会の実現に向けてどう考えたらよいのかを発表しているところ

 

昨日はつくば市の未来を考えるイベントがありました

 

わたしは毎回楽しみに参加しているものですが

 

今回いつもと違っていたことは

 

テーブルの全員が専門職だったこと

 

 

 

 

共創社会の実現なんて理想論だと

 

過去の失敗事例を挙げて

 

どう解くのか?

 

なんて冷めた姿勢でわたしはいたのですが

 

 

 

議論を進めるうちに

 

自分でも

 

楽しくなってきて

 

最後は全体に向けてプレゼンしてました

 

f:id:route66-jp:20200126221304j:plain

久々のプレゼン、時間もぴったりでラジオDJとしてここはバッチリ決まりました!

 

社会福祉法人に一部身を置いているので

 

立場としては現実優先なんですが

 

胸に秘めたるものは

 

理想を追い求めているのでしょうか

 

 

 

 

 

今回のテーブルでは

 

わたしは世代的にど真ん中

 

存じ上げている専門職の方に囲まれ

 

「板ばさみ」の立ち位置

 

だからこそ

 

理想か現実かで

 

理想を取ったのかもしれません

 

 

 

そして

 

覚えていない、覚えていない

 

と言いながらも

 

短時間でプレゼンをまとめ上げられる

 

自分を見て

 

やっぱり勉強して取り組んできただけのことはあると

 

自分自身でびっくりしてしまいました

*1:中身は褒められたものではありませんので非現実的ではあります

*2:とは言え、いつも書いているようにあの頃思い描いていたことは、薬が抜けてからわからなくなってしまった

今週末と来週をあらわすタロットは「反逆者」(1/25-)

毎週お届けするタ

 

自立を促すという意味での「反逆」です

 

 

アドバイスカードは「ストレス」

 

 

f:id:route66-jp:20200124230908p:plain

今週のカードは「反逆者」でした、アドバイスカードは「ストレス」

自立しようとすると何が起こる?

 

ここのところモヤモヤしている自分にも当てはまりますね

 

anchor.fm

 

魂こがして〜私が目指す先〜

高校時代に出会って聞いてきた石橋凌

かつてはARBというロックバンドで歌われてきた

「魂こがして」という名曲があります

 

www.youtube.com

 

 

このステッカーを

学生鞄に貼っていたくらい

なじみのある「魂」

 

ただ

説明できるようでできない*1

 

 

どうしよう、どうしようと思ったけれど

今朝の朝のラジオ深夜便でも言っていたよな*2

「言葉に頼るな」って

 

 

f:id:route66-jp:20200124223633p:plain

今日のレオとの運動、「あっ龍があらわれた!」

 

ここのところ

考え込んでいること

自分の心の中とか頭の中だけじゃない

もうちょっと深いところからの働きかけがあるんじゃないかと

それが「魂」のことではと思っている

 

映画「ローズ」のことを書いた昨日*3

 

奇跡的に一命をとりとめたことを書きました

 

昨日の食卓では

 

あの病気の頃の重い身体を引きずるようにして

 

毎週のように機材を持ってラジオ放送をしていた

 

そんな思い出話が出ました

 

 

なんであんなことができたんだろうと思っている私ですが

 

それをそばで見ていた妻も

 

やっぱりその時の話を例に出してきたなとうれしくなりました

 

補足しておくと

映画ローズではヒロインのローズは

歌えるような体調でもなく

身体をいたわるとは逆方向のことばかりをして

それでもステージに立とうとするのです

 

もちろん私は彼女のような

名声も実績もありませんが

 

それでも

行くところ、行くところに機材を持ち込んで

どんなに体調が悪くても

マイクの前に座って音楽をかければ

シャキッとしてしまう

 

楽しいんでしょうと言われるとそうじゃない

ただただラジオをやっていると

時間の流れを忘れられたんだと思う

 

 

 

今、こう書いてみて

 

聞いている人がだんだんと変わってきている感じがします

 

私から見れば

 

伝えようとしている人が変わっていっている気がします

 

それがどこに身を置くか

 

という話と*4

 

関係しているのかも

 

「何がそんなにつらいんですか?」と聞かれて答えられなかった日々

昨日まで話題に出していた映画「ローズ」

 

レビューを今朝早くに書きました

 

 

 

*1

 

 

 

f:id:route66-jp:20200123144401p:plain

iカウンセリングの庭で毎年咲いている花です「愛は花」そうなのかも知れません 先日一緒に勉強しているお子さんに先生が育てているハスの花の写真を見せました、「本当に先生が??」と驚く子に「柄にもなくて」と言ったところ「そんなことありません。」とキッパリ言われてなんだかそれがうれしかったな。

 

www.youtube.com

 

映画の中でヒロインのローズは

過剰なまでのアルコール、そして薬へと進んでいく様子が描写されています

 

 

何がつらいのだろう

何が彼女を追い詰めているのだろう

 

 

私が映画を見終わったのが昨日

妻が今朝

 

 

私はずっと考えています

きっと妻もだと思います

 

 

私は奇跡的に一命を取りとめました

 

 

その理由も考えています

 

 

そしてこれからどこで何をしていくかについても

 

 

*1:映画ローズは、正確にはジャニス・ジョプリンそのままではなく彼女をオマージュしたとの内容だったそうです、なので「ジャニス」の暴れっぷりと言う言い方は違いました 

無意識がしていること

今朝、夫婦での朝の会話で

「無意識がしていること」についての話題が出ました

 

何がきっかけで、どんな話だったのかは

忘れてしまいました

 

ただ会話の中で

「ちょうど昨日、無意識のうちにしていることについて

ブログを書いたので読んでね」

 

と、妻に話をしたことは覚えています

 

それにしても

なんとタイミングのよいことだ

 

f:id:route66-jp:20200122204536p:plain

筑波山の中腹に咲く梅の花、今年も開花のタイミングで見ることができました

 

さて、今日は映画を観る日

 

毎週参加している

ムービータイムマシンにレビューを送るイベントがあって

 

今週は「ローズ」でした

 

そうです

 

ブルース・ブラザースの次に見ていると言っていた映画です

 

知ったのは2006年ですが(たぶん)

 

このタイミングで見る時だったんでしょう

 

明日投稿するレビューを

 

これからお風呂に入ったり、おやつを食べたり、くつろいだり

 

眠る前の時間だったりの間で

 

少しずつ、自分の言葉で綴っていけるよう

 

思いを込めていこうと思います

 

そしてこの映画をずっと気にかけていたこと

 

これもおそらくは無意識がしてきたことなんでしょうね

 

 

これから目指すもの

早いもので一月も下旬になりました

元旦は夫婦でラジオ出演させていただき

長年の夢だった

LOVE FMでお話することができて

新年の抱負が元旦にかなってしまった

滅多にない経験をしました

 

 

それからインフルエンザの展開となり

家事と仕事とレオとルナのお世話で走り回り

 

落ち着いた頃に

今年は学び舎を作りたいなーと思って

考えていたところ

いやそれはもう目の前に実現していることに気がつきました

 

またラジオの企画に参加して

待ってましたとばかり音楽映画のレビューに張り切ったのですが

もっと早くに映画の内容を知っていればまた別の道があったのではないかと

人生を見直すことになりました

 

 

後から考えれば

悩まなくてもよかったのではないかと思いますが

そう言う落ちやすいフェーズ(相)が続いてるんでしょうか???

 

 

 

f:id:route66-jp:20200121132531p:plain

何本かの飛行機雲をバックに運動後の様子


さて、

元旦は放送が午前中で

午後からは年始の挨拶に出かけた妻とは別行動

私は一人家でレオやルナと過ごしていました

 

 

さみしいとか

そう言うのではなく

一人の時間で一人で考えたこと

 

 

いつまでこうして過ごせるだろうとか

考えちゃいました

 

 

と同時に(自分で選択したとはいえ)

この過ごし方でよいのだろうかなども

 

 

 

昨年の後半

リンクのつぶやきを目にして

私はハッと考えさせられました

 

私の中で

まだ言葉にはできていなかったのだけれど

すごくわかる

 

 

だとしたら

身を置くのはどこ?

本当に必要としている人たちは誰?

それは私が気づいて選ぶこと?

 

 

それを探し出したんだろうね

 

 

そして知らず知らずと頑張りはじめている自分

半年前からは想像できなかった自分が今ここにいる

 

 

今年の1/11頃は

ブログを始めて半年

そして薬が抜けてから5年

 

 

今頑張り始めている自分は何を目的として

どこを目指しているのだろうか?

 

 

 

今の自分がわからないように

5年前の自分もわからなかった

 

 

 

薬が抜けた時に感じたもの

「自分、一体何やってんだ???」

 

 

薬を飲んでいたから

違う自分のようでわからなかった!

と言ってきたけれど

 

 

薬が抜けて5年経った自分が

今何を目指しているのかは

やっぱりわからない

 

 

となると

薬の影響があるなしに関わらず

無意識のうちに

私は何かを目指していて

それは何年か経たないと

今動いているモノ同士のつながりですら浮き彫りにならず

 

 

また

年月が経っても

それらがどう言う意味だったのかは

こうして振り返りをしても自分で読み解けないものなのだろうか

 

 

 

自分って結局わかろうとしても

なかなか近づけないものなのだろうか

 

 

だとしたら

おもしろい

そして

すごい

 

 

 

今日の朝ごはんの時に妻に言ったんです

 

「ぺちゃくちゃしゃべりながら

深く内容を掘り下げるような勉強の場

 

グループ家庭教師みたいな引き合い来ないかなー

 

4月くらいから来ないかなー」って

 

 

そうしたら

「ママはパパには、執筆の機会の方がいいなーと思う」って言われました

 

なるほど

執筆もいいな!(今書いているし)

 

前に

「パパのしゃべりを活かしたい」と言われていたので

ついそちらばかりに意識が向いていたけれど

 

朝からいいことを聞いたぞ!と

言う気持ちで今日は過ごしてます

出会ったご縁・続いていくご縁

先週のモヤモヤの原因は

見る予定だった映画を見なかったこと

 

自分の中で

見ていなかったけれど

結局は今につながるのだから

それでよいのではと思っていたところに

 

いや

もし見ていたら

人生が変わっていたのかも

といった

 

そう言った感情が湧いてきて

 

インナーチャイルド的に言えば

見なかった自分が

自分に対して言ってきたんでしょうね

 

 

 

f:id:route66-jp:20200120153821p:plain

近くの公園で梅が咲きました、今日で開花から三日目です、暖冬で咲くのが早いのかなと思ったけれど自分の記録を見たら昨年から3日早い程度、これを早いと言えるかはなかなかわかりません、むしろデータを付き合わせることで冷静に考えられますね

 

今週もまた

音楽映画を見ています

 

これを知ったのは2006年

 

見ようと思えばいくらでも見られた映画

 

これを放置したのは自分

 

 

 

そう考えると

 

今まで考えてきたように

 

見ていようが見ていまいが

 

今にこうしてつながることには変わりがないのかもしれません

 

むしろこのタイミング見られたことが

 

ありがたいことだと考えた方がよいのかもしれません