つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

足元がすくんじゃうようなことが起きなかったから これでだんだんと自信をつけていきました

わたしは子ども時代つくばで育ちましたが

その後、そこから数十キロ離れたところに転校しました

滅多にいくところではないですし

またその場所の近くを通ることも避けたい

(避けるわけにもいかないんですが)

くらいだったので

 

でも

変わるものなのでしょうか

先月末くらいから大丈夫になってきたような

 

 

 

f:id:route66-jp:20210423000252p:plain

哲学的な横顔と言われ出しているレオ

かつては

会社も行けなくなっちゃったことがあって

こうなると足がすくんじゃうですよね

 

でも

なんで行けるようになったのかは

怖がるようなこと

足元がすくんじゃうようなことが起きなかったから

これでだんだんと自信をつけていきました

 

また

こういう状態になったと思ったらその時のことを

思い出していきましょう

自分のやりたいことはただ一つ 聞いてくれる後輩たちに 楽しかった思い出を綴っていくことかな

昨日の土浦学園線の話で

つくばと土浦を結ぶもう一本の道について書きました

 

昨日は道はわかるけれど

どう説明していいかわからなかったので

後日としましたが

 

わかりました

昔は土浦岩井線と言って

今は土浦坂東線と言うそうです

 

で、

ここからは

何か文献を調べてと言うのではなく

わたしの遠い記憶を書いておきます

 

昭和50年頃は

土浦とつくばを結ぶバスは1時間に一本くらいで

今「学園竹園」と呼ばれているバス停は

「花室住宅前」か「花室住宅」という名前だった

 

このバス停の位置も

2回くらい変わったような気がしています

 

で、これが関東鉄道

もう一つ「茨観バス」と言うのが同じ土浦から出ていて

一日何本だったろう???

 

関鉄バスと時間が合わない時に

こちらのルートがあると調べた時に

時たまベストタイミングだった時もあって

うれしかった思い出がある

 

で、こちらは学園線を通らないので

くねくね道を進んでいく感じ

 

わたしはどちらのルートも好きだったな

 

(これまた後日書くけれど、茨城観光は石下と言うところまでバスが走っていて

関東鉄道もまた石下までいくルートがあってそれぞれ違うところを通っていて

同じくどちらも楽しかった)

 

 

f:id:route66-jp:20210421171940p:plain

こちらは、土浦の坂田の方 3年前の今頃の季節


園都市ができ始めたのが昭和40年代の終わりで

多分、学園線もそのころにできたろうから

旧道みたいなくねくね道がメイン道路だったんだろうね

 

学園線沿いにはお店とかの記憶は

昭和50年当時はほとんど記憶がなく

(記憶にあったのは道路標識のお店と、運送会社の看板)

むしろ

旧道の方がいろいろあったような気がする

 

で、昨日のドライブ中

車内でも話したんたけれど

何があったかと言うのは覚えていなくて

記録もないんだよねと言うこと

 

これはつくばに限らず

自分が住んだ街のことも同じ

建物が解体されてしまうと

「あれ?どこだったっけ?」

とか

「ここ、なんだったっけ?」になってしまうのだ

 

記録とか探せば何か出てくるだろうけれど

本当に大変な作業になるからね

 

ほんとに思い出したいことがない限り現実的ではないな・・・

 

一昨年の自分のルーツをたどる旅では

記録がある150年くらい前からの変化を見てきたけれど

150年経ってしまうと本当に歴史的名所でもない限り

わからなかった経験がある

 

加えて

自分が見てきた期間というのが45から50年くらいでしょう

それとお互い比較しても現実というのがわかるなー

 

繰り返しになっちゃうけれど

自分のやりたいことはただ一つ

聞いてくれる後輩たちに

楽しかった思い出を綴っていくことかな

 

思い出を語れる人も少なくなったからこそ書く意味がある

今日も爽やかな天気でした

春の季節に生まれことが関係あると思っているんですが

わたしはこの時期が一番好きですね

 

過ごしやすいし

やる気も湧いてくる

 

何か新しいことをやろうと思ったらベストのシーズンかもしれません

 

昨日・今日とつくばの隣の土浦という街に行きました

 

土浦とつくばを結ぶ道路は

 

土浦学園線

と言います

ja.wikipedia.org

 

もう一つの道路があるんだけれど

調べているうちに日をまたぎそうなんで

今日は学園線のみの紹介

 

 

今は

つくば-土浦を行き来することは少なくなったけれど

子どもの頃、大学生の頃は

頻繁に訪れていた街

 

大動脈とも言えた

学園線も

なんだか寂しい感じになってきたけれど

やっぱり

ここを走ると元気が出てくるなーと思いました

 

 

f:id:route66-jp:20210420234922p:plain

帰りに曲がるところを間違えて、レオレオの樹のところに出ました

今となっては

この頃の思い出を語れる人も少なくなりました

 

だからこそブログに残していきたいものです

そんな話を車中でしました

今はこの場所に暮らせていることをうれしく思っているよ

昨日は強風で

今日はうってかわっての好天でした

 

生きていれば

いろんなことがあるのですが

マジメに誠実に仕事を積み上げていても

それでもいろんな思いがけないことが起きてしまうのが

なんともやるせない瞬間ですね

 

好きなことをしていてもいい

ではそれを自分のペースでやりましょう

わたしが好きでやっているのだから

 

といっても

そうならないのが

自分でも不思議です

 

50年以上生きてきて

いろんな経験をした上でもこうなってしまうのは

わたしがまだ至らないのか

結果を急いだせいなのか

 

 

 

f:id:route66-jp:20210419222213p:plain

今日の公園、なんだかんだと日々貸切しているのがありがたい

2年前に

ご先祖を訪ねて長崎に行ったんです

その前の年は石川

 

すごくいい場所で

あーこんなところで暮らせていたらと思うほど

それぐらい居心地がよくて

今までの旅の思い出が霞んでしまうほど

 

 

そんな感じの今日のつくばの天気でした

つまり

いいなーって思っている憧れの場所も

自分の周りにあるということ

 

 

あー、ここと同じだ

と思えるのは旅をして感じてきたから

 

今はこの場所に暮らせていることをうれしく思っているよ

仕方なく飲んでいた「ほうじ茶」も今となっては好きな飲み物になった話

最近ティーバッグで「ほうじ茶」なるものを買ってみました

プレミアムと明記されるだけあって美味しい

 

「お茶」というものは小さい頃から身近にあるものでした

お金を出してわざわざ飲むものとは思ってもいなかったのですが

気がつけば不思議なものです

 

さてさて

この「ほうじ茶」を頻繁に飲むようになったのは

病気になってお寺に出入りするようになってからです

 

出されたから飲む

 

それだけの話です

 

独特の味だな〜

 

と思っていて

 

できれば緑のお茶がいいんだけれど

 

なんて思っていたわたしが

 

今、ほうじ茶を買って飲んでいる

 

しかもプレミアム・・・

 

不思議なものです

 

 

f:id:route66-jp:20210418234823p:plain

今日は暑かったね!!

「ほうじ茶」って

漢字で書くとどうなんだろう?と思って調べたところ

お茶で語れるくらいいろいろ出てきました

 

シリーズものになりそうな予感

今週末と来週をあらわすカードは「ターニングイン」アドバイスカードは「ラバーズ」アロハウハネカードは「闇と光」でした

毎週お届けするタロット

 

 

今週末と来週をあらわすカードは「ターニングイン」アドバイスカードは「ラバーズ」アロハウハネカードは「闇と光」でした

 

 

f:id:route66-jp:20210417224904p:plain

今週末と来週をあらわすカードは「ターニングイン」アドバイスカードは「ラバーズ」アロハウハネカードは「闇と光」でした



 

anchor.fm

Unpleasant

授業の進行にクレームが来て

スクールIEを続けようと思った

柔軟性に疑問

 

こういうことが続くのなら辞退したいと思う

 

今日はハスの植え替え

臭いと騒音で気になっていたが

そこそこ風が吹いていてよかった

 

キレイな花が咲くといいな

 

あとは、教材とかどんどん処理しないと

 

小集団はビルダー以外をやらないことになった

なんだかつまらないが

その中でも楽しみを見出していくしかないね

 

とりあえず新しい方法で進めていくけれど

要求がキツくなったら対処を願う