つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

信じるまでと、信じること どちらが先かはわからないけれどそんなことを思った真夏日の10月

「信じるものは救われる」というニュアンスとは違うんだけれど

熟考の末であれ、あるいは直感的であれ

「これだ」と信じられた瞬間、それを信じていくことかなと

思った一日でした

 

 

「これだ」と信じられた瞬間には、妻の一言がありましたね

例えばAかBかで悩んで、悩んで、悩みぬくくらい悩んでいるときに

妻からポロっとでた言葉でCになっちゃうという

 

 

あーでもない、こーでもないと私が話しているのを

「どっちかにしなさいよ」とか「早く決めなさいよ」とか「なんでそんな選択肢なの」

とか一切言わない 今回もこれまでも

 

 

これって対話だよね

 

 

 

どういうことかについては

もう少し体調が落ち着いたら書こうと思います

 

ただ言ってみれば

先週からの不調、今日は楽に過ごすことができました

 

f:id:route66-jp:20191005201418p:plain

今日は10年前にお世話になった病院に行ってきました あの頃に比べたら今は元気だよーとしみじみ だってこんな写真を撮る余裕なんかなかったもん

 

 

f:id:route66-jp:20191005201907p:plain

診察じゃなくてお目当てはこれ あの頃は全然食欲がなくて無理にでも食べないとというくらい具合が悪くてね、その時食べた病院の料理がとても美味しくて美味しくてだんだんと食が回復してきました

 

 

あの頃は「早く会社に戻りたい、戻りたい」と先生に直訴して

「ホントに大丈夫ですか、電車乗って会社に行けますか?」とすごい心配されて

許可がおりなかった時代

 

 

今から思えば

間違いなく今の方が元気で

10年ぶりに病院で食べたこの味は変わらず美味しかった*1

 

 

 

10年前って食べられなくて、動けなくて

ほんっとに大変な状態だった

しかも季節的に今日みたいな時期

 

 

もう記憶の彼方なんだけど

今日もこの場に立って「あれからまだ10年しか経ってないの」と

自分が驚いてしまいました

 

先日Twitter

#10年を振りかえる

というのが盛り上がっていた中で

若い人たちの方が変化が大きいなーというつぶやきがあり

「なるほど、なるほど」と感じていたところに

 

この自分の「10年の変化」

自分でも驚きです

 

帰り道に振り返ろうかと思って乗り物の中で考えたのだけれど

あまりにあり過ぎてまたにします

 

それよりもこれからどうしようと

考える方が大事!!

 

そう思ったら眠ってました

 

昨夜はあんまり眠れなかったからね

 

 

 

*1:もしかしたら9年前にも食べたかも???

自分で気がついていない抑圧?(今週末と来週をあらわすタロット10/5-)

毎週お届けするタロットのコーナー

今日もPodcastで配信開始いたしました

 

anchor.fm

 

 

 

f:id:route66-jp:20191004203905p:plain

左が今週のカードSUPPRESSION抑圧 右がアドバイスカードGUILT罪悪感

 

 

「抑圧」と出ました

先週、救急外来に行った病院に今日また伺ったところ

問診と診察で関連することを聞かれました

 

抑圧されていることにすら気がつかないこともあるわけで

あるいは

自分で自分のことに気がついていないふり

 

なぜか

そんなことを思ってしまったら

アドバイスカードにある「罪悪感」になってしまうから

 

むむ

 

さて、タロットではどうなっていますか?

ぜひ配信をお聞きくださいね

 

 

「俺を縛りつける物に別れを告げよう」

 

ARB/石橋凌 Heavy Days

 

www.youtube.com

 

www.uta-net.com

「できることとできないこと」を自分で把握しておく話の続き

今日は高齢者施設での業務の日でした

早いもので先週の救急外来から1週間です

 

先週、急におやすみしてしまい

迷惑かけちゃったというか穴を開けてしまって

ホントにすみませんという気持ちで過ごしていたのですが

 

1週間経って復活しているのか

今日の今日になるまで自分でも自分の状態を把握しようと

ギリギリまで様子をみていました

 

何ができて何ができないかです

 

こちらの職場での業務は私も慣れていないし

職場の方達も私に慣れていない状況

 

結果として

職場に出向いたものの残念ながら今日もおやすみすることにしました

 

 

今までだったら気後れしてしまう選択だったと思いますが

職場復帰を何回も経験しているだけあって

「これは頑張れる」「これはきびしい」というのが自分でできたので

おやすみすることに対してもあとに引きずるような感じにならなかったです

 

 

f:id:route66-jp:20191003195754p:plain

午後は山にある神社までお参りに連れて行ってもらいました クルマの助手席に乗るのも気が進まないのですが運転に配慮してもらえたので助かりました

 

時間ができたので

今日は受験指導用の教材作成

 

こういうのだったら問題なくできるのですが

仕事のマッチングとでもいうのでしょうか

幾つになってもなかなか難しい世界です

これも温暖化の影響かな...

こんばんは!

いつも夫婦ブログにお越しくださり

ありがとうございます😊

 iカウンセリングの下村幸子です。

 

今日は毎月2回行く

筑波山の月水石神社⛩へ

お参りに行ってきました😊🙏

 

神社に向かう山道を登っていくと

あちこちに彼岸花曼珠沙華)が

咲き誇っていました。

 

f:id:meleluna:20191003194951j:image

 

彼岸花

お彼岸を狙ったように咲くから

彼岸花...ですよね...。

 

f:id:meleluna:20191003195106j:image

 

今年はお彼岸が終わる頃に咲きはじめたコも多く

もう10月入ったのにまだ美しく咲いています。

 

f:id:meleluna:20191003195009j:image

 

これも温暖化の影響なのでしょうか...

 

今までもお彼岸までとにかく暑い日が続いたという年もありましたが

それでも彼岸花はお彼岸に咲いていて

なんでわかるのかな〜?

と不思議に思っていたので

こんな風に時期をずらして咲いているのを見ると

怖さを感じます。

 

温暖化って

地球が具合悪くなって

熱を出してるような状態なのかな...

 

人間の体なら自分を苦しめる悪い菌を

発熱してやっつけようとしますよね。

 

悪い菌・異物と判断したものを

排除しようという自然の力。

 

地球🌏も生き物だと私は思うので

同じことが起きているのかも。

 

地球を苦しめてないか

本当に考えないといけません。

 

f:id:meleluna:20191003203846j:image

 

今日もここまで読んでくださり

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

10月からのおはなし会

毎月開催しているおはなし会

10月からは開催日時を水曜の夕方枠に引っ越します

 

 

そして3月までの6回シリーズでは

インナーチャイルドを癒す話」を中心にお届けします

 

これまでiカウンセリングの設立とともに

2013年から「アダルトチルドレンインナーチャイルド」の講演会を開催してきました

 

 

 

当時は

 

アダルトチルドレンインナーチャイルドって似たような言葉だけれどどう違うの??

 

とか

 

自分ってどのタイプ??

 

みたいな質問が多かった会も

 

時代とともに話題や質問がだんだんと変わっていき

 

昨年は「インナーチャイルド」ってどう向き合っていけばいいんでしょうか??

 

と言ったことまで話題が広がっていきました

f:id:route66-jp:20191002160306p:plain

毎回好評のホワイトボードの書記役 「ファシリテーション・グラフィック」目指して頑張っています



書記役の私にも話が振られ

これぞ「オープンダイアローグ」

 

 

 

 

 

10月からのシリーズでは

 

私もコーナーとして時間をもらって(予定だと10分間)話をしてまいります

 

 

10月になりました・・・と書こうと思ったら先に投稿されていました💦 今日はまんてんエデュケーションの歴史について書いてみたいと思います

今日から10月ですね

「〇〇の秋」とはよく言われますがこの〇〇の中には

どんな言葉が入るでしょうか

 

私は間違いなく「勉強」です

 

この時期以外、進んで机には向かうような気がしませんでしたからね

 

 

なので勉強ネタを書こうとブログ執筆をしようとしたところ

先に妻が投稿していました💦💦💦

 

気合いが入っています!*1

 

そしてこの日のことを思い出してくれてすごくうれしいです

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

が、いくつか補足させていただくと

 

むすこが学校を辞めたのは2014年で、2015年は大学受験を控え、きちんと定期を持って御茶ノ水まで通学する予備校生でした

 

ただね、受験指導歴30年の私から見て

これまでの学習への姿勢や学力などを総合的に考えると

この年に国立大学に合格することについて

「そんなにあせる必要はない」と思っていました

 

 

予備校生なのに「先が見えない」と妻が書いたのは

妻にはそう見えていたのでしょう*2

実際に春には意気揚々と通っていた予備校も休みがちになっていましたし

 

 

 

 

なので

予備校の先生に私からも別途お話をして

思い切ってドーンと休みをとって旅行に行こうと誘いました(ついてきてもらいました)

 

 

なぜなら

このタイミングは私も妻もむすこも3人とも宮崎の方角が吉だったのです

なので予備校の担任の先生にもちゃんと話しましたよ

「吉方旅行」のことと、その必要性について

 

 

もちろん先生は開いた口が塞がらないと言ったリアクションをされていましたが

最終的にはOKしてもらいました

もちろん、この時期にいきなり親が予備校に出向いて休ませてほしいと直談判したわけではありません

四月の予備校入学時から親としてこういう方針で考えているので

親ができること、予備校に期待することと話し合った上で預けたいとしたことなど

こうした意見交換する関係ができた上でのことです*3

 

 

 

f:id:route66-jp:20191001130606p:plain

こちらは同じ場所で妻とむすこと妻が日の出を待っている写真 妻が投稿した写真はこの後の場面 なんで私が後ろにいたのか?いやー寒いからお日様が出てくるまでクルマの中で待っていたのでした

 

むすこが高校を退学したのは2014年です

出欠状況や成績、そして学力を考えるとそれよりも前に

学校を続けるのは厳しいかもと思っていました

 

 

なので、私は私なりに考えて

もし学校を辞めてしまって、居場所がなかったり、学ぶ場所がなくて

困ったりするのであれば私の塾で勉強すればいい

と、塾を立ち上げました

 

2013年の秋でした

 

そして、私の3人のむすこたちには星にちなんだ名前をつけていますので

塾の名前も「まんてん学習塾」と名付けました

これが塾名の由来です

 

 

「君のために作った塾だから、君が塾を必要とする限り塾は存在する」

 

 

カフェの一部の時間を借り切って始まったまんてん学習塾は

現在ではきちんと教室を構えられるまでに発展しました

 

 

f:id:route66-jp:20191001135712p:plain

教室を持つだけでなく社会への影響力も日に日に増していっています

 

私もソーシャルワーカー業務の一つとして

つまり子どもの勉強を教えることができるソーシャルワーカーとして

自分の教室だけでなく地域に飛び出したくさんの子どもたち

そして大人の方達と勉強を通してよりよい未来を目指して取り組んでいます

 

 

f:id:route66-jp:20191001132406p:plain

これまでの取り組みも自分なりに冊子にまとめていきたいと思うようになりました


 さあ、これからの授業に向けて予習(台本作り)頑張ろう!!

*1:ぜひこの勢いをキープしてほしい

*2:アバウトなふんわり感でいながら核心をついているところが妻のよいところで頼りになるところです

*3:当たり前のことですが、この業界では担当している生徒が連続欠席になると担当の先生の責が問われます

先生にご迷惑をかけないという意味でも、親として業界の人として先生以外の周囲の方にもあらかじめご理解していただけるよう私なりに配慮してきました

10月になりましたね😊今朝はあの日を思い出す朝焼けでした

おはようございます。

いつも夫婦ブログにお越しくださり

ありがとうございます😊

 

さてさて

今日から10月ですね。

 

年度でいうと前半が終わって

後半のスタートです。

 

みなさんはどんなお気持ちで

後半スタートをしていますか?

 

私はというと

まず今度の日曜日に

習っているフラダンス🌈🌺の発表会があるので

そっちで頭がいっぱいですっっっ😆💦💦💦

 

今日も明日もレッスン!

そして今週末は舞台でつける頭の飾りと

手首の飾りを生の葉っぱで編みます!

これは私は初めてなので

不器用でもなんとかなるのか

心配でもあるんですけど

みんなとだから楽しみな方が優ってます🌈🌺❤️

 

「色々不安だけど

楽しみの割合の方が上😃👍」

☝️

これがなんだか私にはいい感じです✨✨

 

今朝は早くから東京に向かわないといけなかったので

レオちゃんの散歩はまだ暗い夜明け前。

 

帰ってくる頃に東の空が赤く染まりはじめてました。

 

f:id:meleluna:20191001091041j:image

今朝の写真は撮れなかったんですが

この写真を思い出させてくれるような朝焼けだったので

載せさせていただきます😊

 

この写真は2015年10月

三男が学校を辞めて

この先のことが全く見えずにいた頃。

 

ダンナさん三男とと3人で宮崎と大分に旅に出て

3人で愛宕山から夜明けを見に行った時の写真です。

 

ダンナさんと三男が少し距離をあけて並んで立ち

無言でこの夜明けの光景に見入っている姿を見て

「大丈夫だ」

と思えたのでした。

 

f:id:meleluna:20191001113320j:image

 

今朝の空の色を見て

あの時のあの気持ちで

自分も家族も

クライアント様も

前を向いて歩いていけるようにしたいな

と思った朝でした。

 

今朝もここまで読んでくださり

本当にありがとうございました!