つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

師走の入りに思ったこと

12月になりました

今年一年もたくさんのことがありました

私は最後に9がつく年が人生の転機のような気がしているので

2019年もそれに相当するような

そんな一年だったと思っていいと思います

 

 

 

f:id:route66-jp:20191201175741p:plain

今日の公園遊び、私は見ているだけでした、レオが走っている姿を写真に撮ろうと思って「うまく撮れた」と思ったんですがなかなか難しいですね

 

今年いろんなことがあった中の一つに

ご先祖様(ルーツ)をたどる旅をあげようと思います

 

イベントで購入したジャムのラベルに書いてあった住所が

「確かこの場所はご先祖様がいらしたというあたりではないか」

と遠い記憶を思い出し

 

押入れの中にしまってあったご先祖様の記録(戸籍)を探し出したところ

やっぱりその通りでした

 

これは「ご先祖様がお参り来い」

とおっしゃっているのかも??と夫婦で話をし

その戸籍を頼りにその場所まで行ってみたのです

 

この場所にご先祖の方が暮らしておられたことは

記録を見る限り間違いないようでした

 

そして

そこから100年とか150年が経って今私がこのつくばで暮らしています

 

その間、なぜ今の私がここにいるのかというストーリーを私は知りません

 

今まで聞かされても来なかったし

私からも気にはなっていたけれど詳しく聞いたりはしてきませんでした

 

 

今回、その100年を紐解くタイミングであったと思う一方で

私にとって気をつけたいと思うことがありました

 

 

この歳になるとわかってきたことがあって

それは

「誰かに聞いたところで本当のことは誰もわからない」ということです

 

 

 

f:id:route66-jp:20191201180604p:plain

12月になったので寝室のカレンダーをめくったら「思い出をつなげれば人生の星座が見えてくる」とありました、いい言葉だなーと写真に撮りました

 

私は

病気になってから10年以上

会社を休み、そして復職をして、また調子が悪くなって休み、また復職して

を繰り返してきました

 

調子が悪い時は家で療養をしていましたが

上向いてくると

また社会に戻りたいと

どこか社会とつながりを持てる場所に出向いて

社会復帰への足掛かりを作ろうとしていてしました

 

37歳から50歳までを思い出すと

最初はお寺にいることが多かったですね

 

そこから地域の居場所にいて

さらにまたそこから別の地域の居場所にいて

最後の方には居場所を自分で作っていたし

 

一方でそんなことを繰り返しているうちに

「場に属している自分」からだんだん離れていったのです

 

今思い出したけど、これは39歳の時に自分が人前で語った言葉

むすこたちが通ってい学校が保護者向けに開催したイベントでこんなことを話していた記録がありました

 

言霊じゃないけれど、その後実践しているね

発病して2年半くらいの時、まさかこのあと10年も続くとは思ってもいなくてそれでもこの思いをやり通した自分はすごい・・・と今になって思う

(病気の時の記憶ってないんです)

 

「訳あって二年間仕事を休んでいた。その間に数多くの人と知り合いになることができた。そうした人達をつないで新しい仕事を生み出すのもよし、新しい活動をはじめるのもよしでさらに人の輪を広げていきたい。そして会社員の一員としての自分自身でなく、社会の中でピンと一本立ちしている自分自身でありたい。」

 

 

この病気で会社を休んでいる間

「私は一体何者なんだろう」と自分でそう思うことが多々ありました

 

 

社会保険なりの視点からすれば「休職中の会社員」という肩書きになるのですが

街を歩いてみると実にいろんなことを言われます*1

 

 

これには驚きました

自分のむすこたちですら、パパが会社で何の仕事をしているかすら把握していない

近しい人もまったくと言っていいほど見当違いのことを言ってくる

 

となると

私も同じです

 

他人さまのこと、一面だけ見て見当違いのことを思っているんだろうなーって

 

f:id:route66-jp:20191201184818p:plain

起きている時は可愛い顔でこちらを見ていますが、これもルナの一面で私と二人で部屋にいる時は大抵はこんな感じです

 

なので

相手のことをよく知ろうという考えがもちろん大事になりますが

もう一つ

私と相手の方とは違うのでわからないということ

そして時時刻刻人間というものは変わっていくので

共有できた時間だけを見て物申すこともできない

だから真実はわからないということになる訳です

 

 

だとしたら

少なくとも私は私のことを自分でわかるようにしていかないといけないし

周囲にそれを伝えていかないとならないという現実(正しく理解してもらおうと思ったら)を知った次第です

 

で、以上のことを念頭に置いて考えると

究極には人の数だけ真実が存在してしまうことになります

 

その中で誰の考えが正しいのかもわからないと思うので

私は自分の中でそれは考えていくものなのだろうと決めました

 

なので前述した

「誰かに聞いたところで誰もわからないから」に続く言葉は

「自分の中で答えを見つけていこう」

これがご先祖様(ルーツ)をたどる旅です

 

 

f:id:route66-jp:20191201190451p:plain

ご先祖様もこの海を眺めていたんだろうなーって思うのはやっぱり自分がそう思うからでいいんじゃないのかな

 

12月となって今年をふりかえる時期になりました

というよりは

今年は仕事の方向を変えたので

そのことについてふりかえる時期といった方がより正確です

 

 

今日は朝から

「どうふりかえろうかな」とその方法について考えていたところに

何にも考えられなくなるような出来事が起きて

頭が痛くなって横になっているうちに眠ってしまい

目が覚めてふと寝室のカレンダーに目をやると

 

「思い出をつなげは人生の星座が見えてくる」

という言葉が目に飛び込んできました

 

2019年の思い出、幼少からの思い出

思い出は自分の心の中にあります

いい思い出をつなぐか

そうじゃない思い出もつなぐかは自分次第だし

だとしたら

できる星座も自分次第

 

このブログを書いたらその作業に入りますが

自分はこう思ったといえるまで回復してきたと思うので

自分だけの星座をこれから描こうと思います

*1:いろんなことを言われるというのは悪い意味ではありません、念のため

クリスマスの飾りつけをスタートしました

いよいよ明日から12月

ちょっと出遅れたけれど

iカウンセリングもクリスマスに合わせて

飾りはじめました

 

 

f:id:route66-jp:20191130201752p:plain

まだ途中だけれど、今年はこんな感じでやっていきます

 

こちらにお見えになるクライエント様、お客様のほとんどは

こうしたガーデニングをやっているのは妻だと思っているのですが

やっているのは私です

 

そういうととても驚かれます

 

日常のちょっとした時間を利用して

ガーデニングを楽しんでいます

 

最初の頃はね

試行錯誤しながらじっくり時間をかけて取り組んでいたのですけれど

 

ハロウィン🎃はスキップしてしまったし

 

その理由を挙げはじめれば

幾つでもあるのですが

 

要はそれをも打ち破るような

モチベーションを自分で見出せなかったことです

 

 

つまり

ガーデニングに手間隙かけると

思わぬことがおきました

 

いわゆるメリット・デメリットというやつです

 

それだけで見たら

別に無理してやらなくてもいいんじゃん

 

そう思います

私もそう思いました

 

でもね、やっぱりやりたいと思っちゃうんです

 

11月末になると

新色のビオラがお店に並びます

 

なのでそれを待って買いました

そして植えました

 

でも何か自分の中で

やり切った感がない

 

理由はわかっていました

もっとやりたい

寄せ植えのアレンジメントを作りたい

 

でも、今年は見送ろう・・・って思った時に

テレビでチラッと見た(時間にして1分もない??)*1

園芸の番組にインスピレーションを感じ

やってみよう!!って

 

 

「園芸店に行ってくる」と妻に話したら

「ここにももう一個作って!!」って、だって*2

 

 

*1:

www.shuminoengei.jp

*2:神かと思ってしまいました

今週末と来週をあらわすタロットは「こころのあり方」(11/29-)

今週末と来週をあらわすタロットは「こころのあり方」

 

 

 

 

anchor.fm

 

 

f:id:route66-jp:20191129212152p:plain

カードはMIND 心、ここでは私は「こころのあり方」と呼びますね、アドバイスカードは祝福



いよいよつくばは受験シーズンになります

と、同時に私の仕事は来年の受験生と話し合いをスタート!

 

直前になってタロットのカードのようになりませんように

自分で自分のことはなかなかわからない2?兼ひきこもり12

先日投稿した

下村幸子カウンセラーへの公開質問😅

早速公開返信💦をもらえました

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

質問と回答を要約すると

脳のエネルギーが枯渇している状態まで自分を責めてしまっていると言われても

自分のことは自分ではなかなかわからない現実があり

それでも自覚する必要があるのか?

YES

 

自分で気が付きにくいのであれば誰に?

専門家でなければいけないというわけではないので

まず身近な人に聞いてみて

それで納得する答えになってなければ専門家に聞くのもあり

 

自分で自分を責めてしまうのは

育ってきたあるいは今いる環境が影響しているわけで

脳が枯渇している本人よりもまず変わるのは

周囲からでは?

周囲が変わることによる効果は期待できるが

その「周囲が変わること」そのものが起きるかどうかはわからない

だったら自分が変わろう・・・ということですよね

 

とのことでした

 

最初読んだ時には

なんだかバシッと否定された???印象を持ってしまいましたが

よくよく何度も読んでいると

確かにそうだよなー思います

 

 

f:id:route66-jp:20191128210520p:plain

奈良の室生龍穴神社の手水、今年の写真を整理していたらいい写真が見つかりました、雑誌の記事で見た室生寺に行ってみたくて出かけて行ったのですが駐車場がわからずこちらの神社にクルマを止めることに。でもよくよく雑誌の記事をみてみると紹介されていたのはこちらの神社でした。

 

長いこと

引きこもり生活を送った自分

長いこと

12年間もの間薬を飲みながら働き続けた自分*1

 

の経験から言えば

 

もっと早くに病院に行き

もっと早く今の仕事に見切りをつけて新しいスタートを切っていれば

こんなにも長患いの時間とはならなかったのでは・・・

と思うことがあります

 

 

なぜそれができなかったのか?

 

→頑張っちゃうからですよね

 

なんで頑張っちゃうのか?

 

→辞めるといろいろ言われてしまう

 

 

未だに責め続けられるような苦しさが続くような日常で

妻とは別のカウンセラーからかけられた一言

「あなたは子どもとして十分務めをはたしてきたんですよ」

 

 

それを言う根拠はなんだ?

と問い返しても

何かが出てくるわけじゃないのですが

ただただこの言葉に私は救われたことは事実で

 

 

そう考えると

妻の言葉の最後にあるように

インナーチャイルドがカギを握っているかも」と言うのは

その通りなのかもしれません

 

 

苦しんでいるのは自分

その苦しみを救うのも自分

 

それが頭でわかっていても

もがき続けて動けなくなっている自分ではあるけれど

 

自分の中にいるもう一人の自分がいて

そのもう一人の自分に対してだったら

自分が何か自分に対して働きかけることができるかもしれない

 

インナーチャイルドって

時として

自分のようで自分ではないし

時として

自分そのものであるから

そう考えると

自分が自分を救い出すには

思っていた以上に可能性が高い

そんなアプローチなのかも

 

 

以下妻のブログからコピーです

また12月18日(水)にインナーチャイルドの講座を開催しますので

そこでまたなにかを感じていただけたらいいなぁと思います。

 

【日時】 12月18日(水)16時〜17時

【場所】LaLaガーデンつくばコミュニティルーム

【参加費】無料

【対象】どなたでもご参加いただけます。

 

インナーチャイルドについて学びながら

自分のインナーチャイルドと仲良くなり

対話ができるようになっていく

参加型の講座です。

 

 

今回は3回目になりますが、

毎回復習からはじめますので

はじめてでも全く問題ありません。

 

なんとなく生きづらさを感じている

自分を出せない

落ち込みやすい

イライラしたくないのにしちゃう

そういった自分を変えたいと思っている方に

おすすめです。

 

①  10月23日(水)16時~17時

インナーチャイルドアダルトチルドレン

②   11月  6日(水)16時~17時

インナーチャイルドが心の中にいるとどんなことが起きる?』

③   12月18日(水)16時~17時

インナーチャイルドはパワフルな味方』

④   1月15日(水)16時~17時

『私たちの体験談』

⑤   2月  19日(水)16時~17時

インナーチャイルドに安心してもらうために』

⑥   3月  18日(水)16時~17時

『この半年間を振り返って』

      ※内容は流れによって変更になる場合があります。

 

昨年ご参加してくださった方は

毎回いらっしゃる毎に肩の力が抜け

表情が明るくなられ

行動が変わっていかれていましたよ😊

 

気になった方

気軽にご参加いただけますので

ご連絡くださいね^^

 

【お申込み・お問い合わせ】

メール:info@i-counseling.jp  

電話:080-8876-4857

 

 

*1:とびとびで5年間休職したけど

ダンナさんからの質問への回答〜ひきこもり⑪

こんばんは😃

iカウンセリングの下村幸子です。

今日も夫婦ブログにお越しくださりありがとうございます!

 

そろそろ紅葉🍁も見納めでしょうか...

もう少し楽しんでいたいなぁと感じる今日この頃です。

f:id:meleluna:20191127215852j:image

 

先日

『ひきこもりの方の脳はエネルギーが枯渇している状態』

という記事を書いたところ

i-counseling.hatenablog.jp

 

ダンナさんが読んで質問を投げかけてくれました。

記事はこちら

i-counseling.hatenablog.jp

 

【質問1】

自分で自分を責めていると言っても、クライエント(あるいは当事者)本人は他人、つまり自分自身を責めていないもしくは脳のエネルギーが枯渇するまで自分自身を責めていないと言われている人の状態がわからないので比較しようにもありません。この「自分で自分を責めている」と言ったことは自覚する必要があるのでしょうか。そして自覚する必要があるとしたら、どのように自覚するのでしょうか。自覚することができなければ、例えば医師・カウンセラーにお願いして診断もしくは客観的に見たアドバイスをもらわないといけないのでしょうか。

 

【回答1】

心身ともに疲労している方は大抵「自分を責めている」という自覚はありません。

無自覚のままだとやり続けてしまうので、自覚する必要があります。

 (生き物にはホメオスタシスという「今の状態を継続する機能」が備わっているので

大きな問題がなければ多少のことはあってもやり続けます。)

 

こういうことを自覚をする時というのは残念ながら

何か起きた時…ということが多いと思います。

その時は大変だと思いますが

それがきっと後々自分をいい方向に導いてくれることになるものです。

 

精神科や心療内科の医師の診断やカウンセラーの助言などを

受けなければいけないとは思いません。

家族や友人と話して、自分がどう見えるか聞いてみるだけでもいいと思います。

 

聞いてみたけどピンと来ないと感じたら

病院や相談室を利用すればいいんじゃないかと思います。

 

トラウマが隠れている場合もありますから

治療やカウンセリングを受けた方が

早くいい状態に持っていける場合も多々あると思います。

 


【質問2】

「自分で自分を責めている」という自覚よりは、「今後自分自身を責めるような行動をしない」というのが最優先で取り組むことと思います。一方で、「自分自身を責めてしまう行為」は、習慣つまりこれまで「自分自身を責めるように」と言われてきた、育てられてきたことが影響しているように思います。つまり、クライエント(あるいは当事者)本人が必ずしも好き好んでそうしてきたわけではないと思うのです。そう考えたら変わるのは周囲からと考えた方がいいんじゃないでしょうか。周囲が変われば、今話題にしている本人の自己実現への納得度も進むんじゃないかと思うのですがいかがでしょう??

 

【回答2】

「自分で自分を責めている」という自覚よりは、「今後自分自身を責めるような行動をしない」というのが最優先で取り組むことと思います。

→とのことですが、自覚をされてからの方が取り組みやすいかなと思います。

 

もちろん好きでそうなったわけではなくそうせざるを得ない状況だったからでしょう。周囲からの影響は多大なものがあったことと思います。

さて、周囲が変われば自分の納得度が進むかというと、進みやすくはなるかもしれません。が、必ずしもそうなるとは限りません。自分の納得というのは最終的には自分がするものだからですね。

さらに言うと、回答1でホメオスタシスのことに触れましたが、人が変わるというのはよほどのことがない限り難しいので、待っていたら人生が終わってしまうかもしれません。変わったらお互いにいいとは思いますが、いつまで待てばそうなるのかわかりませんし、周りに変わる意志がどれだけあるかも不明ですから、結果的に人生を棒に振ることになってしまうかも。

それは…いやじゃないですか…?

 

2つの質問に回答していて思ったのですが、どちらもインナーチャイルドがカギを握っているかもしれません。

 

また12月18日(水)にインナーチャイルドの講座を開催しますので

そこでまたなにかを感じていただけたらいいなぁと思います。

 

【日時】 12月18日(水)16時〜17時

【場所】LaLaガーデンつくばコミュニティルーム

【参加費】無料

【対象】どなたでもご参加いただけます。

 

インナーチャイルドについて学びながら

自分のインナーチャイルドと仲良くなり

対話ができるようになっていく

参加型の講座です。

 

 

今回は3回目になりますが、

毎回復習からはじめますので

はじめてでも全く問題ありません。

 

なんとなく生きづらさを感じている

自分を出せない

落ち込みやすい

イライラしたくないのにしちゃう

そういった自分を変えたいと思っている方に

おすすめです。

 

①  10月23日(水)16時~17時

インナーチャイルドアダルトチルドレン

②   11月  6日(水)16時~17時

インナーチャイルドが心の中にいるとどんなことが起きる?』

③   12月18日(水)16時~17時

インナーチャイルドはパワフルな味方』

④   1月15日(水)16時~17時

『私たちの体験談』

⑤   2月  19日(水)16時~17時

インナーチャイルドに安心してもらうために』

⑥   3月  18日(水)16時~17時

『この半年間を振り返って』

      ※内容は流れによって変更になる場合があります。

 

昨年ご参加してくださった方は

毎回いらっしゃる毎に肩の力が抜け

表情が明るくなられ

行動が変わっていかれていましたよ😊

 

気になった方

気軽にご参加いただけますので

ご連絡くださいね^^

 

【お申込み・お問い合わせ】

メール:info@i-counseling.jp  

電話:080-8876-4857

 

今日もここまで読んでくださりありがとうございました!

 

 

「自分優先」にすると何が変わるのか?

「結果的にインナーチャイルドが癒された旅」ですが

これまで書いてきたように

やってみようと思ったことは「自分優先」

 

 

今生きている日常で

いきなり「自分優先」とは

なかなかいかないから

旅先だったらそれを通しやすいと思ったのね

(それでも気を使ったけれど)

 

 

では

「自分優先」にしたらどうなったのか

ってなったら

 

 

今まで行かなかったところに行くことになった

この背景には「新しいことへの躊躇があって」

新しいことをやることに対して他への義理立てが気になったり

新しいことをやるリスク(お金と時間をかけていまいちの成果だったらどうしよう・・・)を考えると踏み切れなかったり

 

新しいことを始めたわけだから

当然新しい経験となって

それが楽しく、また自分にとって大きな影響を与えることにつながった!!

というもの

 

自分の場合は

「自分がピンと来たものだけやればいい」っていう考えで

旅をしていたから

 

それが自分にとってはスリリングで

自分にとっては楽しい

 

 

f:id:route66-jp:20191127174054p:plain

たとえば、お店を発見してここで食べてみようかと思うまで自分の中であれこれ考えるわけで、よし入ってみようと決めてそれが期待以上のものだったら楽しいわけです

 

旅をすれば楽しいんですか

旅をすれば何か得られるんですか

と言われたら

それはなんとも言えないけれど

 

楽しいことに出会いそこから何か得られる確率みたいのは

自分の中で上がるとはこれまでの経験則からぼんやり感じているけれど

結果を求めてやっているわけじゃなくて

 

自分優先に物事を決めて行っていること自体を楽しむというか

それだけでいいんじゃないかな

 

 

で、結果がついてきた

 

とでもいうか

 

 

このブログを書くまで

きちんと整理したわけじゃないんだけれど

自分でこうしたいと考える前段には

よし!と思うまでなんらかの障壁を超えていると思う

 

自分にとっての障壁がなんなのか

どうしてそれを障壁と感じていたのか

それで障壁を越えようと思ったのは他の選択肢もあったと思うが

では逆になぜそれを選択しなかったのか

 

 

今振り返れば

一つの旅の中でものすごい考えているわけで

それを全部好きな方に倒していたわけだから

変化も同時多発的にダダダーっと変わってくるよね

という感覚になる

 

今書いたように

全部が全部自分でも把握していないから

それをこの場で書こうと思っても書き出し切れないんじゃないかな

 

 

今日の投稿をまとめると

  1. 自分優先の選択をした
  2. 遠慮していた新しいことへ取り組んだので、その数だけ経験が増えた
  3. 新たな経験は楽しいし、その経験を自分なりに活かすタイプなのでとてもよかった
  4. 遠慮していたことは思いの外あり、結果は自分でも把握しれないほどであった

 

世の中が熱いなーと感じる昨今

世の中が熱い

ホットだということは

よいことなのかもしれないけれど

 

 

世の中がホットなのか

私がクールなのか

といった単なる比較の問題だけなのかも

 

 

早すぎて

ついていけなく感じる時がある

 

ついていきたくなくなる時がある

 

 

なので地方に移住したわけだけど

それでもそう感じるというのは

なんでだろう

 

f:id:route66-jp:20191126231128p:plain

いつもの公園で、紅葉の指標としているモミジの木を眺めているのは私です

 

たぶん、私がゆっくりになったんだと思うんだけれど

 

「そんなにセカセカしたって続かないよ!」っていうのもあるし

 

あくまで比較の問題と考えてしまうと

 

本当のところが見えなくなる

 

 

 

そしてまた

 

自分のことを考える時間がやってきていると感じている