つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

木霊の化身 思い出シリーズ3

育ったところ

訪れたところ

 

再訪は楽しく

思い出をそこに見つけられた時の喜びは計り知れない

 

そう言いながらも

新たな思い出を

知らず知らずのうちに日々刻んでいて

後になって何が思い出になるのかわからないというのも

また楽しい

 

 

f:id:route66-jp:20210216214018p:plain

学校の敷地は今は入れなくなっているけれど、川は外に流れているからね

 

造成された場所で生まれ育ったわたしにとっての現実は

造成された場所は数十年後にはまた姿を変えてしまうこと

手がかりというのは「木」になるのだが

 

 

f:id:route66-jp:20210216214339p:plain

おそらくこの木を下から見上げて過ごした記憶がある 2015.9.14撮影

これがセカオワのツリーとかぶるんだな

さすがに大木は切らないのだろうと思うし

木には「木霊」というものがあって

守って守られる存在なんじゃないかと思うのは

木霊の化身が好きだったことに関係しているのか

 

 

とはいえ

変わらない場所というのは

どうやら学校の敷地なんじゃないかと思う

 

 

一番手がかりが残っているのは

一番上の写真

私立学校のもの

 

 

わたしが学校めぐりが好きなのは

変わらない何か

不易流行をそこに見出しているのかもしれない

 

 

以前、旅で訪れた小学校

児童数が減少しても

地域をつなぐ場所として機能しているのだなと思った

残念ながら休校となったらしい

 

 

ただ

こうして通りがかっただけのものでも

記憶の手がかりでたどり着けて

今の様子を知ることができた

 

f:id:route66-jp:20210216215056p:plain

何県だったのか、いつだったのかすらわからないけれど、こういう場所としては記憶をしていた あとはこの日のことをブログにつけていたのでそこから引き出すことができた 2015.12.24撮影(宮崎県・都城市)

 

このシリーズを始めた理由は

頭の中の思い出と

その頭の記憶をきちんと記録に残そうと撮影した写真が

時とともにズレて言ってしまっていること

 

わたしは

頭の中の記憶を取り出したいのだが

それは絵で描くよりほかないのだろうか

塩の道の道祖神 思い出シリーズ2

初めて来てから30年以上

事細かくは覚えていないけれど

印象に残っていたというか

こんな感じだったと

変わらない光景に

来てよかったと思った

 

 

f:id:route66-jp:20210215225746p:plain

千国街道・塩の道 親の原近辺で撮影したと思われる

 

受験勉強で読んだ奥の細道

道祖神とそぞろ神を取り違えてしまっていたり

思い出は尽きない

 

 

やっとわかるような歳になって

懐かしんで訪れようとした時に

やっぱりあった

 

そんな場所が自分にもあったこと

忘れられないのである

 

 

 

 

今週末と来週をあらわすカードは「祝福」アドバイスカードは「妥協」アロハウハネカードは「選択の法則」でした

 

毎週お届けするタロット

 

今週末と来週をあらわすカードは「祝福」アドバイスカードは「妥協」アロハウハネカードは「選択の法則」でした

f:id:route66-jp:20210214074037p:plain

今週末と来週をあらわすカードは「祝福」アドバイスカードは「妥協」アロハウハネカードは「選択の法則」でした

 

anchor.fm

中央本線の見どころは今の辰野支線のあたり 思い出シリーズ1

高校1年の夏、急行アルプスという列車に乗って旅をした

その車窓で覚えているのが

塩尻-辰野経由-岡谷の区間

ヘアピンカーブのようになっているのがおもしろかった

 

 

f:id:route66-jp:20210213224039p:plain

これは中央本線の辰野あたりだと思う

 

その年に

岡谷-塩尻間にトンネルが開通し

便利になったと喜んでいたが

この(単線区間?)の車窓が

味わえなくなったのが心残りだった

 

2016年

およそ30年ぶりにこの区間に乗る

やっぱり覚えているんだな

 

野の花と単線独特の架線

 

写真を撮ったはずだが見つからない

 

 

 

 

思い出を表現することの模索をはじめました

今日

旅をするならどこがいい

と聞かれて

思わず

「福岡」「宮崎」と答えて

続けて

「石川」「滋賀」「瀬戸内」と続けざまに

いずれも

最近(病気から回復して)

旅をしようと思って訪れたところです

 

あと奈良も

高知もあった

f:id:route66-jp:20210213013717p:plain

奈良のどこだろう 古墳だね 宝来山古墳?

まぶたに焼きついた思い出と

記録の写真を照らし合わせると

不思議なことに

心の中の方が

エネルギーに満ちあふれて

これをどう表現したらよいものか

これが次のテーマです

32回目の結婚記念日に思うこと

今日2/11は32回目の結婚記念日で

朝からラジオでお祝いしていただきました

リスナーさんからも多数メッセージをいただき

なんだかとてもうれしいです

 

その記念日の今日

思い切って考えていたことを言葉にしてみます

 

正直

32年前の今日

32年後の今日が

こういう日々になるとは思いませんでした

 

当然これから先もわかりませんが

わたし自身は

早くに結婚してよかったと思ってきました

 

当時若い結婚にとやかくいう人もたくさんいました

この20年くらい、いやもっと前?から

常々思ってきたのですが

「どうだ文句あっか」と言いたい気持ちを持ち続けてきました

 

それが励みになったとは思っていないことはもちろん

一生懸命に頑張ろうと思っている人に対して

外野からあれこれという人が一人でも減ってほしいと

思ってきたからです

 

ただ

直接的な表現として

ここで書いてもしょうがないし

なので

エピソードとして自分の歩んできた道を

今まで文に綴ってもきたのですが

ここのところ

他によい表現方法はないものかと模索しておりました

 

わたしの結婚エピソードは

ラジオでSNS

リアルには講演会や飲み会でも

披露して

 

わたしの伝えたいことは

聞いた人に

「自分を信じて自分の道を生きる

 その時道は開ける」って

自分の人生を自分で背負っていってほしいなということ

 

結婚にしてもそうだし

背負った環境に対してもそうだし

もし病気やトラウマを抱えて

塞がれた状況だと感じているのなら尚のこと

 

 

「いい話だね」「すごいね」で終わってしまわずに

どんなやり方で続けていったらどうだろう

 

伝え方を考えるか

それだけ頑張れたのだから

これからの道でまた頑張って

その成果で示せばいい?

 

 

そんなことを思いながら

 

さっきタロットを引いてみた

 

まず

これから夫婦でどう過ごしていくかということ

 

 

f:id:route66-jp:20210211224718p:plain

こちらはこれからの夫婦の時間、あり方、どう過ごしていけばいいか

 

こちらは

わたしの自身のこと

仕事というか手がけていることについて

 

 

f:id:route66-jp:20210211224834p:plain

これがわたしのワークに対するカード

 

今、iカウンセリングのオープンダイアログの部屋をアトリエ化しようと考えていて

これまで

ラボ(実験室)⇨学習室⇨対話室と変遷してきた場を

作品を産む場にしていきたいと考えていただけあって

その先を示唆するカードが出たと思っています

 

今日は結婚記念日だけでなく

iカウンセリング設立の日

9年目に入ります

「わたしの夢は、好きなことをして過ごすこと  好きな仲間(人)と過ごすこと」

こどもの頃、若い頃の夢といったら

「名誉」と「富」みたいなさんなことをイメージしてしまうものでしたが

(これ自体刷り込まれていた可能性があり)

 

 

「名誉」と「富」の延長で考えると

思い浮かばないのは

そりゃ〜何年も病気やっていたわけだから

 

 

「名誉」と「富」とは直接関係ないけれど

大きなお金を動かして仕事をした経験はあって

大きなお金を動かすときは

書類もそうだけれど、たくさんの人が関わって

仕様とか決まり事とかたくさんのことに忙殺されるのだ

 

 

自転車と自動車を買うときの差をイメージしてもらえばいいと思うんだれど

そのときは興奮しているから楽しいんだけれど

充実感もあるんだれど

全ての手続きが終わると燃え尽きているよね

 

あれ??目的は買い物だった??みたいな

大きなお金を動かしていたときは研究の仕事をしていたから

本来の仕事は「研究」のはず

 

ところが

買い物ばかりしていると「研究」の時間がなくなるわけ

 

買い物には

納期・不具合などトラブルが付き物だから

HSPの自分にとっては追い討ちをかけるようなもの

 

 

f:id:route66-jp:20210210181302p:plain

ボール二つくわえているでしょ、楽しそう〜

毎週の映画を見たら

興奮しちゃったのか夜眠れなくなっちゃって

今日はプチ寝坊

 

朝、窓を開けてボーッと庭を眺めていた時に

「わたしの夢は、好きなことをして過ごすこと

 好きな仲間(人)と過ごすこと」なんじゃないかと

 

稼ぐことに追われていた時代より今はいいんじゃん

夢叶ってんじゃん

なんて思ったのは

結婚記念日を前にした今日のこと

 

あれから32年

胸張っていられるだけ

わたしはやることやって乗り越えたよ

だから

夢の世界を生きてんだ

みたいなことに気がついて

じんわり幸せってものを感じてしまいました