つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

うつ病

試合にも出てないのに学ばせてもらった 「あきらめない心」を

毎週ではないですが よく聞いているラジオ番組が 九州のLOVE FM 「世界は夢であふれている」 Annaちゃん、リスナーの皆さん、こんにちは✈️今週のセカユメは聴いてくれた~?テーマは「なんで公園って必要なの?」じゃったぞ普段何気なく利用している公園につ…

答えはたぶん見えていてわかっているのだけれど うまくそれを表せないもどかしさって 闘病期間中の自分自身

つくばの夏もこちらに戻ってきて5シーズン目 夏が来るのが恐怖だった東京より 夏が来るのが楽しみなつくばとなっています ここつくばでは いくつ先生そして先生見習いの取り組みをしていますが 昨日 「この先ゆくゆくどうするの?」といった 深刻ではない話題…

何かを掴める保証はないけれど 何を掴むかはわからないので とにかく動いてみることでしょうか

夏、オープンキャンパスが 今週末から始まります ここつくばから近い大学の例としては 土曜の茨城大学 じゃあ茨城大学に行こう となるかと言われると オープンキャンパスが開催されるとの インフォメーションは 発信するけれど 果たして行きましょうとなるか…

我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

昨日でブログ2年ということを書き いや、それはブログ2年だけでなく 新しいことを始めて2年経ったということで わたしの人生から言うと 大体3年でやることを変えているから この1年で次を探すのかな? と、こちらもまた繰り返す人生を思ったりしたのでした 仕…

だから大学っておもしろい

SONYのラジオがあって 多分高齢者向けのなんだけれど これが沖縄の大学の生協で売っていて 誰も買わずにほこりかぶっていたのを 格安で買ってきたことがありました これがその品 このラジオが むすこたちの受験勉強の息抜きになり また わたしがラジオD.J.を…

考えるためにつくばに戻ってきたというのは 過言ではなく ふりかえればそういう時間だったと また思えるようになりたいものです

わたしがつくばで過ごしたのは 小学校の3年間、 大学を含む20代のほとんど そして東京に住み20年 妻と出会って3人のむすこたちが生まれた このつくばは好きな街ですが 再び住むとは思っていませんでした ここにまた戻って来ようと決めたのとは むすこの一言…

あっという間の人生だからこそ 熱く生きた方がいいというのもありますが 後からふりかえって 熱く生きたのかと思えるかどうかは また別物なのかもしれません

「ご縁」と聞くとスピリチュアルなイメージを想像してしまうかもしれません が 本当にそうなのでしょうか わたしが「ご縁」という言葉を意識し始めたのは10代の頃ですから (その前はもう覚えていない) もう人間が生まれ持っているものなんじゃないかと思いま…

わたしは映画から何を学んでいるのだろう

LOVE FM TOP OF THE MORNINGのコーナー「ムービータイムマシーン」 今週の映画は The Shawshank Redemption ショーシャンクの空に でした 観るのもつらい作品でしたが 観終わった後の心境が なんだか前向きになれたという感じ こんな方法で 前向きになってい…

今日、心地よい風に吹かれながら ウトウトできたこと それがとてもうれしかったです

今日午前中の時間を教材作りに充てて 午後は妻と買い物に出かけました 今週の中であとの時間が控えていな日は 今日だけだったので そのような選択をしたのですが 「行ってよかった」と妻も言っていました 誰もいないのがもったいないくらいの空間 屋外のベン…

やり残したこと やりたいこと 一眠りしていた時に考えたこと 夢、ある程度は叶っているんじゃんって

天気のせいもあって 沈んでおりましたが ラジオのチャンネルを変え 海外の放送局にチューニングを合わせると それに一眠りしたり 自分で湯たんぽを作ったりして工夫すると 段々と変わってきたかな 多良岳オレンジロードの途中で やり残したこと やりたいこと…

映画を見てあらためてわがキャリアを振り返ってみた

毎週参加しているムービータイムマシーン 今週は「マイ・インターン」 レビューは明日書くとして わたしは22歳で結婚して 23歳で最初の子が生まれて 26歳で学校を卒業して社会人に そして37歳の時に病気で倒れて 50歳でリタイアした 病気で倒れるまで それな…

小さく生きるということ

30代の後半、病気になった時に言われたことがあるんです 「原因はストレス、ストレスは自分で作るもの 自分のモノの見方がストレスを生み出すし、見方を変えればストレスは軽減する オレがオレがという生き方をあらためて、小さな自分になったらどうですか」…

カッコ悪い生き方したっていいじゃないか、わたしは思わぬところでプレゼントを見つけたぞ

自分で人前に出るのが嫌だと思うくらいカッコ悪いなと思ったのは ・大学受験の浪人時 ・病気休職していた時 他にも多々あるけれど 今じゃ頼まれればこの時の話をすることもある 重くなるから 積極的に話はしない 当時も これだけ苦しいんだから あとで自分を…

うつの経験をどう語るか

最近は講演会ができなくなっていますが 定期的に「うつ病最前線」と題して うつの経験談 そして休職の時にどう過ごして復職をしていったか そして新たな道をどう探していったかについて 話をしてきました www.i-counseling.jp このような内容です 顔が見えて…

場づくりについて考えたこと2

場づくりについて考えたことの続き 元々場づくりについて関心を持ったのは 自分の人生で 「なにをやるか」より「誰とやるか」が大きかったこと これは研究でも仕事でもそうだった 周囲の人との相性・雰囲気でこんなにも自分のパフォーマンスが 変わるのかと…

場づくりについて考えたこと1

場づくりについて少し時間をとって考えた 場、学び合う場 場、働く場 場、遊ぶ場 人が集まって活動をしていくことに積極的に関わると どうしても この場が発展して続けていくことが 関わる側として目的の一つとなってくる が、時間とともに 人は変わるし 環…

書けなくなるってことあるんだね

わたしの思い出の歌に 「道標」という曲があります www.youtube.com 聞いたのが 日記を辿ると2008/12/27とあり ライブで披露された時に初めて聞いたのでした 長崎本線の駅での写真 この続き 書きたいけれど 胸が込み上げてきて まだ無理かな

きつくなったと感じた時は、プリミティブな方法で気分転換

このパンデミック 長いし、いつまで続くかわからない さすがに疲れてきますね 生活のこと、この先のこと 心配はたくさんあります わたしも長患いした経験があり 最初の頃はその時の記憶と重ね合わせて あれこれ思ったのですが あれから一年ちょっと ちょっと…

足元がすくんじゃうようなことが起きなかったから これでだんだんと自信をつけていきました

わたしは子ども時代つくばで育ちましたが その後、そこから数十キロ離れたところに転校しました 滅多にいくところではないですし またその場所の近くを通ることも避けたい (避けるわけにもいかないんですが) くらいだったので でも 変わるものなのでしょうか…

仕方なく飲んでいた「ほうじ茶」も今となっては好きな飲み物になった話

最近ティーバッグで「ほうじ茶」なるものを買ってみました プレミアムと明記されるだけあって美味しい 「お茶」というものは小さい頃から身近にあるものでした お金を出してわざわざ飲むものとは思ってもいなかったのですが 気がつけば不思議なものです さて…

悩みって 悩むほどではないことなのかもしれないね

今日は久々の体操教室でした なんとか嵐には遭遇しなかったけれど もう一回外出しないといけないので それがどうも気がかりです 明日はこうして晴れてほしいな 体操をしているときって 最近は考えごとをしていますね 何を考えていましたかと言われると 覚え…

長い 闘病生活で実感したことです

気がつけば4月も12日 あれっ?と思うほど実感がないです 新年度なんで 新しいこととかやってみようと ウキウキしていたはずなのに 調子狂っちゃいますね おもしろい、多頭飼いに見える(合成ですGoogleが勝手に作ったみたい) でも こういう足踏みをしているよ…

しあわせの隠れ場所ってどこにある?

毎週のラジオの企画で映画レビューを書いています 今週は「しあわせの隠れ場所」と言う作品 2010年だけれど知らなかった この頃は映画を気にしているような状況ではなかったからしょうがないかな 2009が入院するくらい大変な状況だったんで 2010はもうそれが…

苦い思い出もありがたかったと思う時がやってくる??

今日本屋さんで ヘミングウェイの作品を題材にした英文法の本を見かけました ピンと来たんでちょっと読んでみて まんてんエデュケーションの教材に加える準備をします (まだ買ってない) わたしが高校生になるときに 英語のクラス分け試験に遅刻してしまって …

休めの指示に従わなかったわたしですが いつの間にかできるようになりました

昨日は一日ボーッとしていました 気分が乗らない時は 何もしないでいた方がいいんです そんなことを12年間の闘病生活で学んだと思うのですが いつ学んだんでしょうね 思い返すと焦ってばかりいた闘病生活だったと思うんです ドクターからも 家族からも 休め…

ツライ時はちょっとだけでもいいから眠ってみる

精神的にキツイ時を乗り切ろうとした時に 自分で効果があったのは ・眠る ・(激しい)運動 ・しゃべる そして 「ラジオのことを考える」だったかな このきつい波をやり過ごすのに お薬という手段があるけれど 最終的にわたしには合わなかった (効きすぎちゃう…

高校生の3割が中等度以上のうつ症状 コロナが心に影響

高校生の3割が中等度以上のうつ症状 コロナが心に影響 わたしが定期購読している教育新聞の記事です 現場で接しているわたしの感覚から言っても この数字・状況は理解できます 「うつ」というのはわかりにくいもの 当事者でさえよくわからないくらいですから…

あの日・震災

今日で東日本大震災から10年 報道だけでなく 定期購読している新聞・雑誌も10年をふりかえる企画が特集されています わたしにとって 直接地震の被害にあったわけではないのですが 地震のことを思い出すと いや思い出させるようなものに出会うと それを見るこ…

もう、勉強しかない

勉強といっても学校の勉強 受験勉強 資格試験の勉強とか いろいろあるけれど 自分の好きなこと 必要だと思うことをやればいいんじゃないかと思う どれが必要かわからない? それを探すのも勉強だよ わたしなんか わざわざニューヨークまで探しに行ったくらい…

適性探しのヒントは夢中になったことにあるんじゃないかと思っている

闘病期間中に出会ったラジオDJ 楽しいと言うより 時間を忘れることができた 台本や企画を用意したりするのに夢中だったんだろうね 聞いたことがある音楽でも 誰のどの曲かなんてわからないことが多かったし 今のようにSiriで検索ができなかったから 片っ端か…