つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

場づくり

今日は保護犬カフェに夫婦で行きました

ソーシャルワークを本業としているわたしどもは 「コトノネ」と言う雑誌を定期購読しておりまして そこに掲載されていたつくばにある保護犬カフェに 夫婦で行ってきました 急に「今日行く」と妻が言い出して その気になったのなら善は急げとばかりに わたし…

キャリア再構築の思い出

今日は友人と電話で話をする機会がありました 電話で話と言っても 特にあらたまった話でもなく 買い物や食べ物の話ですが・・・ その流れで 50代のキャリアについて考えるきっかけとなり https://www.dlri.co.jp/files/ld/153343.pdf サードプレイスを活用し…

「継続してこそ価値がある」にとらわれなくても良いと自分で思うようになった

場づくりについて書いてきたけれど 書き始めた時は、気がついたこととか考えたいことがあったので 少し時間をとって考えてみてそれをまとめる形で書いてみた だんだんと 今までの思いとかも重ねてしまったのでごちゃごちゃになってしまった感は 自分でも感じ…

場づくりについて考えたこと5

場づくりについて書いている 場づくりについて大学の先生と共著で教科書(になると聞いている)を書いたので 詳しくはそこに書かれていると思うのだけれど ここでは自分の考えを再確認する上でもう一度書いておく 人が集うからには それぞれの目的があると思う…

場づくりについて考えたこと4

仕事で場づくりを始めた それはそれで思うように進んだこと、進まなかったことがあり それらを活かして 対象をどんどんと広くしていって現在に至る 当然、場の運営には骨も折れることがあって 「もう終わりにしたい」と 疲れたこともあったけれど 今も定期的…

場づくりについて考えたこと3

コミュニティカフェをきっかけに 「ラジオというバーチャルな場づくり」というのを提案してもうすぐ10年 どうしてこういうことに興味を持ったのかをよく聞かれたので 「仕事で携わっていたから」と答えていました 仕事というのは会社で「組織活性」のプロジ…

場づくりについて考えたこと2

場づくりについて考えたことの続き 元々場づくりについて関心を持ったのは 自分の人生で 「なにをやるか」より「誰とやるか」が大きかったこと これは研究でも仕事でもそうだった 周囲の人との相性・雰囲気でこんなにも自分のパフォーマンスが 変わるのかと…

場づくりについて考えたこと1

場づくりについて少し時間をとって考えた 場、学び合う場 場、働く場 場、遊ぶ場 人が集まって活動をしていくことに積極的に関わると どうしても この場が発展して続けていくことが 関わる側として目的の一つとなってくる が、時間とともに 人は変わるし 環…

自分でなんとかするって心地いいですね

まんてんエデュケーションでは 1000冊を超える学習参考書・問題集・教科書を所有しています (ちゃんと数えたら2000は超えていると思います) 本棚に入らない分は 電子化してサーバーに保管していますし その作業が間に合わないものは押し入れに保管しています…

潮流の歴史を知る、潮流に乗る

最近知ったことですが ジャマイカのレゲエに関係するリズムのスカ イギリスのモッズサウンド 関係があるんだって イギリスのモッズとパンクミュージック パンクとめんたいロックの関係 そこからわたしの音楽に影響していくという話 道理で レゲエも自然に入…

何をやる前に 誰とやる これでどこまで突き通せるか

こういう騒動になると 昔からわたしは冷めた目で見てしまうのですが 「要は人と接触しない」ということだけなんじゃと思ったり ただ、昨夜まで誤解していたのは いったん広まっちゃった話と 広まらないように中に入れなかった話とでは 違うということ そりゃ…

アクティブラーニングを運営する上で 一番大切にしていること それは参加者が自由に話する場を作っていくことです

アクティブラーニングと言う学習法 定義はさまざまですが 要は 「受け身である」 より 「積極的である」 方が 学習効果が高い 積極的である と言うことは ・教わるより教える ・聞くより話す ・読むより書く いかがでしょうか 積極である方が学習効果は高い …

わたしには他にもやりたいことがある これってわたしにとっては 逃げでもなんでもなく健康的な判断なんだなー

なかなか電波が入らないといった不便な状況になったのが 子どもの頃の話 普通だったら アンテナを工夫したり 機材を調整したり するのがラジオ少年の王道なのでしょうが わたしにはそれができなかった お金がなかったことと 他にもやりたいことがあったので …

楽しかったーという思い出 楽しかったなーと想いを共有できる空間が 場づくりであり 未来へ残したいこと

毎週金曜日の午前中は忙しいことを書いてきました その理由のひとつがラジオに掛け持ちで参加していること でもね 今日で番組DJの方が産休のためラストになってしまいました 寒くて心配したけれど明日には咲きそうだね(風で揺れてしまって写真がうまく撮れな…

そしてまたサプライズ、別のむすこからの電話 子育ての結果はサプライズばかり

昨日生徒さんに勉強を教えているときのこと 「先生、電話がブルブルって鳴ってますよ」と指摘され 見てみると 別のむすこからの着信記録があり 授業が終わって折り返してみると 「お盆帰れなかったけれど元気か」と 同じような連絡 こっちはびっくりしている…

自発的な学びの場を提供したい

今日は涼しくて気持ちのいい一日でしたね わたしは朝早くから子どもたちと勉強 と言っても強制ではありません 自発的な学習の場 わが家の子どもたちの今朝(早朝)の様子、一日のスタートを仲良く待ってます こんなにいい天気なのに朝から勉強ですか? こんなに…

営巣本能への憧れ

営巣本能という言葉があるのかわからないですが 自分の身の回りの空間を心地よいものにしていこうという工夫 これはわたしにとって 幼少の頃からの憧れでした そんなの当たり前じゃないかと思われるかもしれないです でもそんなことはなかったですね ふりか…

子どもの時間を作ってあげるのが大人(親)の役目

昨日、中学1年生が夏休みに中学2年の英語テキストを1週間で終わらせた話を書きました*1 小学校時代の模試ではごく普通の成績(首都圏模試で偏差値50近辺)の生徒です つまり塾講師がつきっきりで教えれば 先取りの1年分は1週間で終わるくらい 教材というのは段…

その場にいるということ

コロナ騒動 ウィルスを封じ込めて感染の広がりを抑える/遅らせる その話題のニュースが目につくようになりました なんというか 今、人に接する機会を減らしていますので そうなると 今まで普通に会っていた方でも 実際に「会う」という行動を思うだけで ちょ…

イメージすること、マネージすること、そしてまたイメージすること(8年目を迎えたiカウンセリング)

昨日iカウンセリングの開業が7年前と書きました 今日3/8がオープンの日で8年目に入りました 今朝、妻に言われるまで3/8のことを忘れていました ここまでホントにあっという間でしたね 「起業する」と言われて 「じゃあ応援する」と言って いつの間にかわたし…

受け継がれることの背景にあるもの

その昔、わたしは人事の仕事をしていました 人事って言っても、労働条件がどうこうという話ではありません どうしたら組織が いや組織というと堅苦しいから 集団が集団としてのパフォーマンスを上げられるか というのを考え実行する仕事をしていました だか…

対話の先にあるもの

昨日の投稿で 妻が斎藤環先生のオープンダイアログの講演会に行った話を投稿してくれました i-counseling.hatenablog.jp わたしは授業があったの参加できず でも授業はまさに ダイアログ形式で入学試験に向けた直前学習を進めるというものでした 帰ったら議…

未来ある子どもたちのために

少子高齢化で何が窮屈に感じるかというのは 子どもの数に比して大人が多すぎること 具体的には何対何が理想か という話ではなく 感覚的な話で恐縮ですが 大人が多いというのは・・・ 大人の数の大小ではなく 要は若い人がのびのび活動できない 状態になりが…

理想と現実の間で

記憶が定かでないのですが 闘病中に読んだ本、聞いたお話の中の話です アジアのどこかの国では 親戚一同300人くらいで暮らしているので 一人くらい働けなくなってもなんくるないさ というものでした この話を聞いたとき いいなー と思いました なぜならわた…

伝えたいことがあり、それを伝える場が今ここにあることを知った日

先週のインフルエンザから平常運行に戻ったところで 今日は毎月開催している「おはなし会」 妻の復調の方を心配しすぎてしまったのか 自分の発表の準備が予定より遅れてしまって うーんとなってしまっていました インナーチャイルドを癒す旅に出てみた結果 …

場にとって異質なものにどう対処するのか?

先週はインフルエンザだった妻も昨日から本格的に 外に出ました 私も先週はできるだけ人に会うのは 自重していたのですが 同じように昨日から平常通りの毎日が始まりました わが家ではインフルエンザは何年ぶりだろうと 記憶や自分のブログ記録してある内容…

ホメオパシーを使って断薬、あれから5年

ちょうど5年前の今頃(まさに今日だよ) 高熱が出だして てっきりインフルエンザになったものと思っていたのが 断薬のスタートでした あれから5年 なち相談室でホメオパシーのチンキを作ってもらって 秋からそれを飲みはじめて4ヶ月くらい経った頃でした あの…

発熱とデトックス

コミュニティカフェに参加してよかったことを3つ挙げると なち相談室の先生方のホメオパシー勉強会(2014年)チェ先生の古典を読む会(2015年)小学生からのリクエストSEKAI NO OWARI(2015年)に出会って新しい世界の扉が開いたこと そんなことを発信しています*1…

特別講義 急増するうつ病:人間の孤独とコミュニティの視点から | 放送大学 | を聞いて

放送大学でこのお正月に配信された特別講義が 「急増するうつ病」というタイトルだったので ラジコタイムフリーで聞いてみました 特別講義が実施されたのは2018年だったみたいなので再放送になるのかな? (調べたけれどよくわかりませんでした) 特別講義 急増…

自分の時間を持って、自分で答えを出すのが、学びの場であると思う

「這えば立て、立てば歩めの親心」 という言葉を聞いたのは30代の半ば頃 親の気持ちを言い表している言葉だと思うけれど どういう意味で取るかは人それぞれでしょうね たとえば ・親っていうのはそれだけ子どもの成長を期待してみているものだ →だから子ども…