つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

思い出シリーズ

人生で乗り越えたことを 違う角度から見て思ったことを書いてみた

週末に録画した番組は 四日市市の畑の向こうに 雪が積もった高い山が映っていたのだが もしかしてあれは「鈴鹿の山 ?」と 思ったらまさにそうであった 鈴鹿山脈 - Wikipedia わたしは土地勘があるわけでもなく 前から不思議に思っていたのは 関東から関西に…

思い出が あふれるほどある そんな人生素敵だなと自分でそう思う

今週は食堂車の思い出について書いた しかしながら 何かを食べたという記憶があまりに薄いことがわかった そして最後は 北斗星のフルコースをいただいたことについて触れておこう 結局のところ わが人生で食堂車でちゃんと食事をしたのはこの時だけのようで…

ギリギリのタイミングで乗れた東京-九州のブルートレインの食堂車

食堂車といえば寝台特急だ わたしが鉄道が本当に好きと自覚したのが小学校3年の時 東京から東海道線を経由して九州に向かうブルートレインに憧れた その年の夏 東京からつくばに引っ越すことが決まっていたわたしは 叔母に頼んで東京から出発する富士号を見…

今となってはその時にそうしたいというものを選択してよかった

前日は 食堂車デビューの話 そして それが5歳か6歳の頃だった話を書いた 今、思い出したが その前後に新幹線のビュフェ車でコーラを飲んだ思い出がある その頃は新幹線といえば0系、区間は東京-新大阪間しかなかった どこへ行ったのかは覚えていないし どこ…

食堂車の思い出というより これから食べたい店の話になってしまうような気がする

その昔、長距離列車には食堂車があって そのころの思い出を書いていこうと思う 前にも書いたが わたしはビュフェ車が好きである そのあたりの理由に触れられる気がする 幼少の頃を思い出すと 外食を楽しみにしていたかと言われるとそれは疑問である だいたい…

目をつぶって 横浜の景色の移り変わりと わたしの歩んできた人生を重ね合わせて 再び息を吹き込んだこの曲を聞くと 感じること気づくこと多いんじゃないかと思う

いい日旅立ちの話で調べてみてわかったのだが これが車内チャイムで使われているのが 東海道・山陽新幹線のJR西日本所有の車両でらしい ここ10年、東海道・山陽新幹線に乗ったのは 東京-新大阪間 と 博多-小倉間 なので どこかで耳にしていたのはこの時であ…

その先に見えたもの

前日に続いて横浜の話である わたしは消去法で筑波大学に進み つくばで暮らすことに加えて 進んだ道を変えたい そんなことばかりを考える大学生活を送った そんな時に 横浜のワシン坂にある小さな公園に夜中出かけ じっと港を眺める そんなことが好きだった …

今の自分がこう思った それだけでいいじゃないか

昨日今日と見たテレビの中で 「人間の意志・意思というのはあるようでいて 実はそうでもない」というもの*1*2 意志がはたらいているようで実はそうでもない という話には、わたし自身もそうかもなーと共感することはあるが テレビを見て ・とはいえ達成した…

ある出来事が この後の人生に起きたことがつながってきたり きっかけになったりする 人生無駄ものはないかどうかは人次第

ラジオの企画として参加している ムービータイムマシーン これは昔の名作を取り上げて その当時見た感想や 昔見たけれど、今あらためて見た感想 そしてこの企画で初めて見た感想 などをリスナーから集めて DJが番組のコーナーとして取り上げるものである 今…

そんなに大したことじゃないんじゃないかということかもしれないけれど 目の前にあらわれたやり残したことって どう向き合ったらいいのだろうか

近所のスーパーでは数週間に一度駅弁を販売していて 買うのを楽しみにしている 今回はこちら 新登場だそう(チラシによれば) この企画はコロナの前から開催されている 今までは食べたことのある駅弁が近くで売っているのであれば 買いに行くスタイルだったが …

わたしが街を歩いて注目したことは 活気がなくなっていく街があったとしても そこで人々はそれぞれ様々な選択をしていくこと そこで見えてきた取り組みと結果はまた別の輝きを持っていることだ

テレビを見るようになって6年 NHKを見るようになって5年半 その頃からのお気に入りが「新日本風土記」であるが そういえばと思い出した番組が「新日本紀行」である これは小学生の時に放送されていたもので 学校の授業(社会)で取り上げられることが多く 当時…

どうしてその作品を作るのかという動機にあるもの それこそがやりたいことなんじゃないか

わたし自身 そしてむすこたちも含めてだと思うのだが 成人式については あれ、どうだったっけとなってしまう わたし自身 成人式のことについて関心がなかったこともあって あの異様な盛り上がりについて ついていけないというかわからない文化だったりする …

あー、何ごとも動き出してみないと 見えてこないことがあるんだよな・・・

これまでのことをまとめる話 取り掛かってみた まずは そのときハッと思いついたことの記憶を整理していくことにした で、その時思ったのは 初めての海外出張で アメリカに行った時のこと それを思い返した ・この出張の時にその後の人生を変えるような発明…

自分の判断基準は 過去の一体どこからきているのだろうか? それを考え抜くのはおもしろい

先日投稿したノスタルジーの件*1 ノスタルジーってなんだろうと思い調べてみた*2 堅苦しい表現になっていたので 何度も読まないと頭に入ってくる気がしない ノスタルジーに関する想いは わたしは小学校低学年ですでにそれを感じていたし 以来 郷愁の想いに惹…

断片的なものをつなぎ合わせるのは 結局は自分か というものを感じた次第

ここんとこ読み書きのペースが落ちてきて 無理しちゃいけないなと テレビもNHKのEテレ系がメインなので それもキツくなっていた ので YouTube 若い頃応援していたプロ野球選手の映像を 懐かしんで見ておりました 前に見たのは東京にいた時だから、5年ぶりく…

人生を旅に例えてよいのかと思いながらも 退院してもうすぐ1か月 昨日は妻と今後のことを話し合いました

2年前の9月の満月の日 ランチを食べて出たところに彼岸花が咲いていて キレイだな〜と思って写真に撮っていた 中秋の名月というのはまた違う定義なのね 説明文を読んだけれど今の自分にはキツイ 昨日のラジオのテーマが「ヒガンバナ」だったので この写真を…

旅への憧れ・思いはつきませんね

PennsylvaniaとかPhiladelphiaとか それこそ中学・高校の英語の長文で出てきた 地名ですが わたしが想像していたのは林と山のイメージ 当時見ていた映画Rockyがこの街での話と今朝知って 驚きを隠せません なんでこういうイメージが焼きついたのかいうと お…

試合にも出てないのに学ばせてもらった 「あきらめない心」を

毎週ではないですが よく聞いているラジオ番組が 九州のLOVE FM 「世界は夢であふれている」 Annaちゃん、リスナーの皆さん、こんにちは✈️今週のセカユメは聴いてくれた~?テーマは「なんで公園って必要なの?」じゃったぞ普段何気なく利用している公園につ…

何かを掴める保証はないけれど 何を掴むかはわからないので とにかく動いてみることでしょうか

夏、オープンキャンパスが 今週末から始まります ここつくばから近い大学の例としては 土曜の茨城大学 じゃあ茨城大学に行こう となるかと言われると オープンキャンパスが開催されるとの インフォメーションは 発信するけれど 果たして行きましょうとなるか…

だから大学っておもしろい

SONYのラジオがあって 多分高齢者向けのなんだけれど これが沖縄の大学の生協で売っていて 誰も買わずにほこりかぶっていたのを 格安で買ってきたことがありました これがその品 このラジオが むすこたちの受験勉強の息抜きになり また わたしがラジオD.J.を…

すべてのストーリーはどこから生まれた

今朝、妻のリクエストがラジオでかかってびっくり ふだんラジオにリクエストやメッセージを送るでしょう メッセージは読まれても リクエストがかかるというのはなかなかわたしの場合はないんですね だから驚きました そしてうれしかった 6年前か、トワイライ…

英語で学ぶということ

今週の映画レビューは 「ティファニーで朝食を」 Breakfast at Tiffany's でした この言葉を知ったのは小学校5年生の放送委員会が きっかけなんですが こうしてオンエアされる日まで44年 すごいですね 5th Avenueの Tiffany'sです 最近 大学受験生(高校生)の…

でもあの時 必要だと思ったから訪れたんだろうね

夏にアメリカについての話をしようと計画しています わたしがこれまで触れてきたアメリカについて 当時のビジネスや文化だったり それから考えてきたことなど ラジオDJをやっている時と変わらないですけれどね 今まで何回アメリカに行ったろうと数えたら 10…

昔の街の面影を探しに

わたしがつくばで大学生活を送ったのは万博の後でした 万博の時の景気の良さが どの程度だったのかは肌感覚でわかっていませんが 入学した時よりもどんどんと静かな街になっていると思うので 多分あの頃がピークだったのでしょう 日本の景気も同じかな (わた…

学ぶことと教えること、研究と教育

大学の先生というのは 「研究」と「教育」の両方を担っていると思うのですが わたしのかつての印象だと研究よりかな 若い頃はどうして?と思ったものですが そのうち それでいいんじゃんと いや それがいいんじゃないかと思うようになりました 研究する姿、今…

今はこの場所に暮らせていることをうれしく思っているよ

昨日は強風で 今日はうってかわっての好天でした 生きていれば いろんなことがあるのですが マジメに誠実に仕事を積み上げていても それでもいろんな思いがけないことが起きてしまうのが なんともやるせない瞬間ですね 好きなことをしていてもいい ではそれ…

苦い思い出もありがたかったと思う時がやってくる??

今日本屋さんで ヘミングウェイの作品を題材にした英文法の本を見かけました ピンと来たんでちょっと読んでみて まんてんエデュケーションの教材に加える準備をします (まだ買ってない) わたしが高校生になるときに 英語のクラス分け試験に遅刻してしまって …

長い病気の期間でも大切なことをつかんでいたと感じられた春のできごと

あるメルマガから 「XX歳を過ぎると新しい音楽を聞くことよりも 今まで聞いた音楽を繰り返し聞くようになる」と言った内容が 書かれていて あらためてそうだよなーと思ったと同時に これって定説なのか??と思って調べて見たところ・・・ やっぱり同じような…

長く続けることにこだわらない柔軟な考え方についての模索

思い出シリーズを書き始めて思ったこと わたしはもともと昔過ごしていた街を再訪することが好きで そんなことをteenになる前からやっていた 最近の投稿では 残っているのは学校と書いたけれど そこに行き着く前は 遊んだ場所だったり そして 定点観測の場と…

その先に何があるのかわからない そんな瞬間のワクワク感を わたしは伝えたいのである 思い出シリーズ4

妻が通販でCDを購入 それがなんなんだよと思うかもしれませんが こういうことはわたしにはあっても 妻にはなかったことなので 我が家では衝撃的なできことです どんな曲が入っているのか わたしもうれしくなり CDの機材を提供し また クルマのステレオには …