つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

オープンダイアローグ〜日本の精神科医療が変わりつつあります〜

こんばんは!

下村幸子です。

今日も夫婦ブログにお越しくださり

本当にありがとうございます😊🙏✨

 

今日は森川すいめい先生の

「オープンダイアローグ」のお話を

聞きに行ってまいりました。

 

まだまだ聞きなれない言葉だと思います。

でもこのオープンダイアローグが入ってきたことで

日本の精神科医療は変わるのではないか

と期待されています。

 

「ダイアローグ」は

日本語では「対話」と訳されています。

 

どういうことをするかというと

「本人のいないところで本人の話はしない」

を鉄則に

医師、支援者、家族などご本人と関わる方々が

まーるく輪になって対等な関係で話をする

というものです。

 

ムーミンの故郷フィンランドで生まれたこの治療法は

薬が要らなくなり

予後(治療が終わってからの経過のこと)もとてもよく

社会復帰を果たされる方の数字も

驚くべきものでした。

 

私とダンナさんが

このオープンダイアローグを知ったのは

たまたまダンナさんが参加した

うつ病の講演会でいただいたチラシ。

なんとなーく惹かれて参加を申し込んだのでした。

 

あの時2人で感動しまくって帰ってきて

日本でぜひ広まって欲しいね!!

とわくわくしたのでした😊

 

どこかで学びたいねと話していたところだったので

本当に聞きにいけてよかったです。

 

レオちゃん(わんこ)のトイレがあるので

2人では行けず

私1人での参加になってしまいましたが...。

 

f:id:meleluna:20190818223614j:image

先生の写真見ながら描いてみました😅💦💦

 

私は心療内科で働いていたのですが

独立を機に辞めることになって

患者様にご挨拶をさせていただいたとき

「私の話を遮らずに聴いてくださってありがとうございました」

とおっしゃられた患者様のお顔が鮮明によみがえってきて

帰り道涙がこみ上げてきました...。

 

その人の気持ちを

その人の語るお話を大切にするということが

どれほど大事なことなのか。

 

それは精神疾患の患者様だけでなく

全ての人に当てはまります。

 

でもね

いきなり相手を大事にしましょうったって

簡単にできるもんじゃないです。

 

まずは自分が自分を大事にすることから。

そーゆー宿題も出ました!

 

じゃ

チョコ食べたいなー。

買っちゃおかな😉💕

なんてね。

そんなとこから、ですね。

 

今日もここまで読んでくださって

本当にありがとうございました❣️

 

それではまた😄✋

おやすみなさい🌙⭐

よい夢を✨✨