つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

(祝)タロットのコーナー1周年

まんてんラジオプレゼンツ タロットのコーナー

この番組は旅するラジオ局 まんてんラジオの拠点

スタジオマノアからPodcastでお届けします

 

 

こう言った出だして始まる

私ども夫婦が毎週お届けしているタロットのコーナー

ラジオ放送+Podcastでの配信が始まってちょうど一年になりました

 

anchor.fm

 

 

ラジオDJの「D.J.HIRO」の進行で

ゲストにタロットの先生「うたう月」さんをお招きする形で

基本毎週金曜日に

タロットを引き

ストーリーを組み

収録をし

編集をして

世界中に配信しています

 

どうしてタロットをラジオやPoscastで取り組むことになったのか

経緯はこちらに書いてくれているのでぜひ読んでみてくださいね

 

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

 

今回の収録の最後に1周年を記念して

一言申し上げたんですが

「私、若い頃からタロット好きなんです」

 

「えっ???」

と、下村幸子カウンセラーは驚いたリアクションでした

 

 

いつからタロットをやっていたかは

今思い出せないんですが

 

 

 

たぶん中学生か高校生の頃に友達のお姉さんがタロットを

教えてくれたんだと思います

(なんでそんな大事なこと忘れるんだよと思うかもしれませんが

私は人の顔を覚えられないんです・・・)

 

 

しっかり覚えているのは 

高校二年生の文化祭のクラス出展が「占いの研究」だったこと

 

 

 

 

 

なので

大学生になって

結婚相手もこの人でいいのか

とか

この先の進路についても

タロットで見てもらいました

(誤解のないようにですが、タロットに決めてもらったわけではありません)

 

 

そういう人生を左右するようなことを

タロットで見ていいのか???

 

 

だから真剣なんです

 

 

何が真剣なのかは相手とのやりとり

 

タロットのカードを前に

自分の心の葛藤を正直に話をしていく

 

なので収録した内容を自分で聞くと

あーでもない、こーでもないと

まるで駄々をこねているようで

自分自身がかわいく感じる時もあります

 

 

というか、こども!!!

思考回路ってこどもの時と変わらんのかな???と思ったり

 

 

 

そんな自分の思考の原点に触れていくから

やっぱり相手とのやりとりは真剣なんです

 

 

真剣になれる人は妻でよかった

いや

妻が真剣になれる人でよかった

 

 

そういう話ではなく

 

自分の葛藤に向き合って

そこで

自分で気づいて

腑に落ちたことを

行動に移していく

 

受け身や他力本願ではないからこそ

このタロットをやっているんです

 

何かに似ていると思えば

これもカウンセリングなんですね