つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

同じ山でも違うように見える話

筑波山と言ったら二つの峰がMのように見えるのが

私にとってはなじみのある形です

 

f:id:route66-jp:20190806151312p:plain

南側、筑波研究学園都市から見た筑波山

 

私を担当してくださっている美容師さんは

筑波山の西側のご出身で

「地元から見る形が一番好き」

とのことでした

 

 

筑波山の北側のご出身の私の友人は

驚いたことに、南側から見て

「どれが筑波山?」と言っていました

 

 

同じ山でもそれぞれに見える姿や思いは違うようで

それに気がついた昨年以来

今までに増して私も筑波山の姿に意識を向けるようになりました

 

 

こちらは一昨日、西側を走ったときに撮影したもの

 

f:id:route66-jp:20190806152851p:plain

下妻市騰波ノ江あたりから撮影(2019/08/04)

 

新しくできた道路を走っていて

なるほどこう見えるのかと感動

 

 

昨日の出張では同じ道を通ることにして

妻にもその姿を見てもらったところ

やっぱり感動したらしくブログに投稿していましたね

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

こちらが昨日の写真

 

f:id:route66-jp:20190806153216p:plain

下妻市騰波ノ江付近からの撮影 2019/08/05

 

二回通って気がついたのですが

もしかして、最近出たつくばナンバーの図柄ってここの角度から来ているのかな??

 

 

f:id:route66-jp:20190806153412p:plain

 

 

今までつくばナンバーの図柄というのは

自分のイメージの筑波山と違っていてピンと来ていなかったのですが

なるほど!!と納得してしまいました

 

 

Wikipedia筑波山

 

f:id:route66-jp:20190806153924p:plain

Wikipediaから転載(同じく西側から見た筑波山)

ja.wikipedia.org

 

ということは

これからは

こちらがメジャーなイメージになっていくのかな??

 

 

ちなみにこの西側からこの角度で筑波山を見ると

年に二度ほど朝日が筑波山から登っていく

「ダイヤモンド筑波」なるシーンが見られるそうです

www.city.chikusei.lg.jp

 

近いとつい後回しにしちゃいがちなんですが

見てみたいものです