つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

2016夏・今思えば大きな転機となったクルマでの夫婦旅行(第1話)

学生時代に家庭教師で伺っていたご家庭のお父さんが

子どもが大きくなったら奥さんと二人で

クルマでのんびり気ままな旅行したいなーと

話をされていたことがありました

 

 

私の伯父・伯母もそういう旅行をしていたこと

記憶に残っています

 

 

いい話だなぁと思ってはいたけれど

まさか自分がいきなりそんな旅行をすることになるとは

思ってもいなかった2016年の夏

 

 

 

今から3年前に一週間かけてクルマで走った旅行について

むすこたちのためにも書き残しておきたいと思いながらも

今日まで来てしまいました

 

 

 

この旅行で出会ったことが今に生きていて

行ってよかったと常々思います

 

 

 

時間が経ってしまったので

今の視点で振り返る3年前の旅について考えてみることになりますが

 

 

 

この時点で

この後

つくばに戻ってくるとは夢にも思わず

決まっていたことは

長らくお世話になった会社を早期定年退職することだけ

 

 

 

定年後は

移住しようぜ〜と新しい暮らしを夢描く私と

冷めていた家族・・・だったかな???

 

 

 

そんなことは

書いていくうちにいろいろ思い出したりすることでしょう

 

 

それはそうと

このクルマでの旅は私はまったくもって

最初は乗り気ではありませんでした

 

 

 

というのも

普段クルマの運転なんてしてなかったので

クルマで行こうと提案された時点で

何度となく却下し続けたくらいでしたから

 

f:id:route66-jp:20190806222010p:plain

余裕なんて全然なくて高速道路をなんとか80km/hくらいでトロトロと走るのが精一杯

まず最初の行き先は福岡

 

妻からの

「パパの大好きなLOVE FM(福岡市にあるラジオ局)に行こうよ」

という誘いに乗ったのです

 

 

出発の日

「今日からパパとママはクルマでぶらぶら九州、西日本を旅してきます。」

と家族のLINEグループに突然のメッセージ

 

すぐさま3人のむすこたちから続々と

「気をつけてね」と返事があり

 

ああ、私の家族はこういう風に送り出してくれる人たちなんだと

とてもうれしい気持ちになりました

 

 

慣れない運転でしたが

1時間交代でひたすら西へ西へと向かいます

 

f:id:route66-jp:20190806222240p:plain

夫婦二人の旅なのになんで後ろから撮られている写真があるのかも謎

 

第2話へとつづく