つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

お花を題材に講演していること ブーゲンビリアを例に

ブーゲンビリアという南国の花の名前は知っていても

身近にはなかったのでどんなものだろう???と思っていたんですね

 

 

そうしたらつくばのお花屋さんで発見

しかもおつとめ品で半額近くまでプライスダウン

これはもう我が家に来てもらうしかない

 

f:id:route66-jp:20190807095152p:plain

2019/7/15の様子

まず大きめの鉢に引っ越してもらってゆったり過ごしてもらいます

 

お花がそろそろかなーと思ったら

思い切ってカット

 

さみしくなるけれど、ちょっとスッキリして

そうこうしているうちに葉っぱが伸びてきて

色の違う葉っぱのようなものが出てきたぞ???

 

 

f:id:route66-jp:20190807095617p:plain

2019/8/2 8:07の様子

 

わずか1日でこんなに大きくなった!!

 

f:id:route66-jp:20190807095746p:plain

2019/8/3 8:26の様子

 

さらにもう一日経つと

 

f:id:route66-jp:20190807100003p:plain

2019/8/4 8:48の様子

 

この成長の速さ!!

 

f:id:route66-jp:20190807100109p:plain

2019/8/5 9:11の様子

 

f:id:route66-jp:20190807100543p:plain

2019/8/6 9:33の様子

 

だんだんお家にきたときのようになってきた

 

これは花のようで花ではないけれど

花ではないけれど花のようでもあり

 

 

 

 

ネットですぐ調べてもよかったのだけれど

自分で観察してあれこれ仮説を考えていくのも楽しい

のでその時間を大切にしました

 

 

lovegreen.net

 

 

ja.wikipedia.org

 

 

やはり、葉っぱが花びらのように見えるというのが特徴みたい

 

 

おもしろいね、不思議だね

 

 

ネットや図鑑とかを利用して

机上で勉強したり、知識を入れるのは便利なんだけれど

それで全てを網羅できているってことはないわけで

 

 

今見ている現象をよく見るのが大事だし楽しいよね〜

 

 

それに気づいたこと

葉っぱの茎というかツルも伸びすぎていない??

とか

撮影時間が日に日に遅くなっているのはなぜ??

とか

なんで同じ角度から撮らないの

とか

 

 

さて、

こないだ撮ったハスの写真

f:id:route66-jp:20190726065205p:plain

 

こないだ

この写真を使って

とある経営者の方に人材育成の話をしたのです

 

 

「これは甲斐姫という種類のハスの花です

一つの花が四日間でこれだけ変化します

だから職員の一瞬だけの様子を見てこの職員はこうだと決めつけないこと

 

それと机上の勉強では

甲斐姫はこういう花だと一対一対応で覚えるようなプロセスになりがちです

でも現実の世界はもっと広くて複雑なんです」

 

 

と言った内容を

ラジオDJのときのような軽いトークで話をさせてもらったんですが

早速このネタを職員の方に話をされたようで

うれしいような、恥ずかしいような、

でもやっぱりうれしかったです

 

 

でも私の言いたいこと

組織の人材育成でも、家庭での子育てでも言えることですが

本やネットやセミナーとかそういうのも大事なんでしょうけれど

まずは相手をよく見ること、変化を見逃さないこと

なんですよー

 

 

偉そうなことを言ってしまいました

 

お耳に残ればありがたいです

 

そしてD.J.HIROさんはどうしてこの花が甲斐姫だと言えるんですか

という突っ込まれるのを期待しています

 

 

今朝のブーゲンビリア

 

f:id:route66-jp:20190807104020p:plain

2019/8/7 10:02の様子