つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

受験は中学から?それとも高校から? 第3話

受験は中学から?それとも高校から?

どのタイミングで受験をするかについて悩んだ私のむすこたちの受験勉強の話をしています

 

私自身も中学受験・高校受験を経験していますし

むすこたちが受験する前に10年

講師として受験指導に携わった視点も添えて経験を書きますね

 

受験前の確認事項

・明確な目標設定
・学習習慣の継続
・学習結果(テスト)などのふりかえりの徹底

はまずクリアできているとして!!

 

 

 

中学受験と高校受験では

どちらが指導が大変だったかというと

それは「中学受験」でした

 

 

中学受験ってどんな勉強をすればいいの?

って考えるとホント広いっ

 

 

そしてやる気の問題

多くの人が受験をする高校受験と違って

周囲の雰囲気に左右されるだろうし

どうして受験勉強をするのかという動機付けがたいへん

 

 

そして

難しいのがまさに日々発達中の成長段階ですから

能力的にどこまで理解して進められるかが一概に言えない

(理解が進んでいるところとそうではないところの

ムラがあって当然なんです)

 

 

でも受験勉強のメリットも是非オススメしたいくらい大きいんです

  1. 中学受験の勉強範囲が広いということは、中学・高校で勉強する内容を先取り学習できる
  2. 受験の動機付けがきちんとできれば、若いうちから自発的に取り組んで目標を達成する訓練になる
  3. 自分の得手不得手、そこに取り組んで成功体験が得られれば大きな自信につながる

 

たとえば

大学受験を一つのゴールとして見立てて

小中高で一気通貫した学習計画を考えたときに

 

中学受験を利用することで

早い段階から勉強をはじめ

また

早い段階から目標を持って計画的に物事を進めることができるようになれば

 

時間的にも心理的にも

勉強や成績に追われない

中高生生活とその先の人生を送れるんじゃないかと

(そんなトントン拍子には進まないとは重々承知の上)

 

 

そういうBig Pictureを思い描くと

実際に受験する/しないの判断は後回しにしても

まずは中学受験にも役立つような勉強を

家庭学習の中に取り入れようと早くから

わが家ではスタートしたのでした

 

f:id:route66-jp:20190812144142p:plain

トランポリンも体験学習のひとつだよ(本人たちにはもちろんそんなこと言っていませんが)



 

 

 

これまでのお話はこちら

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

i-counseling.hatenablog.jp