つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

受験は中学から?それとも高校から? 第4話

第3話では

受験する/受験しないを判断する前に

中学受験に役立つと思われる勉強を開始した

と書きました

 

その背景には

大学受験を一つのゴールに見立てて

小中高で一気通貫した学習計画を立ててみた

ということがあります

 

これについての詳しくは後日書きます

 

 

さて

中学受験に役立つと思われる勉強って具体的になんでしょうか

 

 

地理を例にとると

中学受験の塾では

47都道府県の名前を覚えることになるでしょう

 

ついでに都市名や川の名前や山の名前

気候や名産なども一緒に覚えることになるかもしれません

 

これらは

中学受験に必要だからということですが

これって中学受験だけ必要なのかというと

高校受験でも必要になってくると思います

 

なので

仮に中学受験をしないことになっても

のちのち役に立つことにつながっていきます

 

それに受験だから覚えよう

というスタイルだけで短期間に一気に進めようとすると

覚えることだらけになってアップアップ

 

勉強したこと覚えたことを

ゆっくり自分になじませながら

視野を広げていく

そうしたら自然と興味の対象が増えて

さらに勉強しようという

よい循環につながっていくと思うんですよね

 

 

わが家では

桃鉄*1をきっかけにしたり

電車好きな子には鉄道の話とからめたりして

勉強の内容を日常生活の中に無理なくわざとらしくなく

取り入れていきました

 

 

地理だけじゃないですよ

普段食卓や家庭の中にあるようなものには

英語で表記されているものがたくさんあります

 

クイズにしてもいいし

一緒に調べてもいいし

これをきっかけに英単語が身近に感じるような取り組みをしていく

 

そのありがたさを感じるのは数年後でしょうけれど

覚えなきゃってあせりながら勉強するよりも

知って楽しみながら勉強した方がいい

そう取り組んできたお話をご紹介しました

 

 

これともう一つ

受験校が決まってから受験を決意するのか

受験を決意してから受験校を決めるのか

ということがあると思いますが

 

 

こちらも受験する/しないは判断はまだ先の段階から*2

学校を考えてみる、見学してみることに

積極的に取り組んできました

 

目標がないから行動できない

行動しないから目標ができない

と言ったニワトリタマゴ論争がありますが

 

そう言った

堅苦しい話はひとまず置いておいて

まだ受験までに時間がある段階で

のびのびとした視点で考えていきました

 

 

なので何回もありましたよ

中学受験しよう ➡️ やっぱり高校受験からにしよう

いややっぱり中学受験しよう

 

 の繰り返し

 

 

目標というのは

勉強を進めていけば、行動していけば

視野も広がり、考えも深まっていくので

目指すものも変わっていくのは当然の流れです


だから途中で変えてもよいのです

 

 

f:id:route66-jp:20190813170436p:plain

アメリカの大学に留学っていうのも話としてはあるかも・・・って家族で見学に行きました

 

これまでのお話はこちら

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

i-counseling.hatenablog.jp

*1:桃太郎電鉄という全国を旅するロールプレイングゲーム

*2:小学生の時代に大学の見学もやりました