つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

私の地域福祉論  地域福祉に関わった思い出2

毎月開催しているiカウンセリングのおはなしの会

昨日は「地域福祉への取り組みについて」お話をさせていただきました

 

f:id:route66-jp:20190814194840p:plain

お話の内容はホームページに掲載できるよう頑張ります



妻に福祉の学校に連れて行かれ

児童相談所アルコール依存症の病院で実習を積み

資格を取ったのは13年前になります

 

自分にはソーシャルワーカーとして何ができるのか考えた末に

「高齢者福祉」「障害者福祉」「児童福祉」「地域福祉」の中から

会社業務に一番近いのではないかと思った「地域福祉」に飛び込んで

実践の機会とし、そこで数多くのことを学ばせていただきました

 

 

 

実践を通して社会のために役立つことを目指すことはもちろんですが

実践を通して学んだことをいったん自分で受けとめて考えを深めて

それを咀嚼してまた社会に伝えていくことも大事にしていきたいことの一つです

 

 

地域福祉に携わったことで

私にとって新しい世界を見せてくれた出会いの一つ

それが古典に触れる楽しさでした

 

 

その地域の居場所で開催された勉強会で古典を読む楽しさを知り

 

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

2015年からつくばに戻るまでの約2年

地域の居場所で開催されていた古典を読む会

 

 

そこでは始まる時に坐禅和讃と言うお経(みたいなもの)をみんなで読んで

それから先生の話が始まります

 

ja.wikipedia.org

 

意味は私もよくわからないんですが

読んでいてとてもいいなーと思ったんで

暗唱できるまで何度も何度も繰り返して覚えました

 

学校の校歌のように、日本の国歌のように

そのうち意味がわかって来るようになるんじゃないかと

その日が来るのを楽しみにしています

 

その長いお経(みたいなもの)は

次の言葉で締めくくられます

 

当処即ち蓮華国 この身即ち仏なり

 

お経の意味(みたいなもの)については

一つ一つの言葉を

焦らず生涯ずっと時間をかけるつもりで

自分で考えて自分なりに

見出していけたら楽しいだろうなーって

思っているんです

 

 

だから蓮華国って何だろう

どんな世界だろうって

思うと自分なりのイメージを

こうして自分で作り出せるのは

これまた楽しいひとときになりました

 

f:id:route66-jp:20190814210812p:plain

今のところの自分の中での蓮華国 右上にハチが飛んでいるのがポイント(本日2019/8/14朝撮影)