つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

受験は中学から?それとも高校から? 第6話

今日は受験指導に33年、いわゆる業界に13年講師として在籍していた視点で

小中高でのそれぞれの学習の仕方についてお話をし

それを自分のむすこたちにどう適用してきたかについてお話します

 

 

私が提供している学びの場のホームページにも載せてありますし

講演会、保護者会でもお話させていただいている内容をご紹介しますね

 

 

大事なポイントは

小中高ではそれぞれ勉強の仕方が違う

と言うことです

 

 

www.mantenedu.jp

 

今ひとつ期待した成績になっていない時は

ぜひこの視点を考えてみてくださいね

 

 

f:id:route66-jp:20190815193655p:plain

生まれ故郷つくばに遊びに行った時の写真(それぞれ中学生・小学生・幼稚園生) 当時は東京都世田谷区に住んでいました



 

私のむすこたちの受験

つまり中学から?それとも高校から?

についてもこの考えに基づいています

 

 

小学生のうちから

中学での勉強の仕方ができるように訓練していきます

 

 

ノートの使い方*1

計算問題の解き方*2

など中学で通用する勉強方法を取り入れていきます

 

 

受験する/しないに関わらず

中学校には進学するわけですし

中学受験の合格がゴールなのではなく

合格して入学した学校でしっかり勉強していくことが目的なのですから

 

 

場面に応じた学習方法に慣れていく

そうしたことに柔軟に適用できるかどうかも

受験する/しないの判断と同時に受験校選びに対しても大きな参考になります*3

 

 

 

 

これまでのお話はこちら

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

i-counseling.hatenablog.jp

*1:小学生にありがちなノートに答えしか書いていない・・・からの脱却とか

*2:小学生にありがちな余白にチョコチョコと筆算して消しゴムで消してしまう・・・からの脱却とか

*3:学校見学でもどんな教材を使ってどのように学習しているのか とかノートはどう取るように指導しているのか とか提出物はどういったスタイルなのかなど見ておくべき視点たくさんありますよね