つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

受験は中学から?それとも高校から? 第7話

さて、中学受験のために

毎日どれだけ勉強すればいいのでしょうかという話です

 

結論から言ってしまえば

わが家の場合、毎日1〜2時間あたりだったと思います

 

毎日1〜2時間って少ない!と感じる方もいらっしゃるかもしれません

 

 

確かにもっと頑張れる日もあるでしょうけど、毎日コンスタントにとなると

長続きしないと思いましたし

 

私も10年間家庭教師の仕事をして各ご家庭にお邪魔していろいろなご様子も拝見しておりますし

また、私自身高校・大学時代は学生寮に入って同じ学校に通う

同級生と机を共にした経験からみても*1

 

長時間の勉強をするよりも

短時間で効果的な学習方法ができるよう工夫していった方がよいと思っています

 

ひっくり返して言えば

毎日1〜2時間を超える勉強時間が必要となるような背伸びは

無理にさせなかったということです

 

 

f:id:route66-jp:20190816192326p:plain

さあ、みんなで頑張ってゴールを目指そう


 

 

こちらのグラフは私が小学生の頃の

時間スケジュールです

 

f:id:route66-jp:20190816164809p:plain

小学校時代の一日のスケジュール

 

こちらが中学生

f:id:route66-jp:20190816164913p:plain

中学校時代の一日のスケジュール

 

勉強というのは受験勉強につながる時間で

学校の宿題・課題は含みません

 

これらは夜遅くの自由時間の枠に入ります

自由時間と言っても、今述べた課題もあるし

片付けもあるし、なんだかんだ細々としたことで

あっという間に過ぎてしまいますよね。

 

 

 

そんなことで中学以降大丈夫なのかと

ご心配されるかもしれません

 

でも中学以降も1日のスケジュールの中から

勉強時間を捻出していくのは私の経験からもむすこたちの様子を見ていても

さらに大変でした

 

なぜなら

中学に入れば

部活もあるし、通学時間も考慮していくことが必要になるからです*2

 

 

さらにつけ加えると

後日予定している中学生の勉強方法についての記事では

「家庭学習の半分の時間は語学に充てた」という内容を投稿予定なので

 

各教科それぞれで見ると勉強できる時間というのは

思っている以上に少ないものなのです

 

なので小学校時代から

効率的に学習を進めていくことを意識して親子で取り組みました

 

 

 

これまでのお話はこちら

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

i-counseling.hatenablog.jp

i-counseling.hatenablog.jp

 

*1:もちろん勉強の持久力があって長時間の勉強が苦にならない子どもさんもいらっしゃいます

*2:電車通学になるから寄り道もしたいだろうし