つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

地域福祉論外伝1 どうしてバンカラ学生に憧れたんだろう?

地域福祉論の話で

高校時代を過ごした寮の話を書きました

 

私は校歌とか応援歌と言った類のものが子どもの頃から大好きで

受験校の過去問を解くよりもまずは受験する学校の校歌を

歌える方が先だろうと思っていたくらいです*1

 

 

特にこの甲子園の季節になると

小中学生の頃はたくさんの学校の校歌を歌えるくらい熱中して見たことを思い出します*2

 

f:id:route66-jp:20190820062833p:plain

高校3年の時は母校の校歌を甲子園で熱唱できた幸運 私の甲子園熱はこれがピークでした 

 

 

さて、そんな私が小中学生の時に憧れたのが旧制高校

ja.wikipedia.org

 

当時高校生の

私の机のデスクマットには

ナンバースクールの一覧の紙がはさんでありました*3

 

 

それだけ憧れていた旧制高校について

一体どんな学生生活を送っていたのだろうか興味がわくのですが

真っ先にイメージされるのが校歌とか寮歌とか応援歌を熱唱しているシーン

 

なので私も

もしかしたら似たような学生生活を味わえるのではないかと期待して受験

合格後、私が入寮した寮にも「寮歌」というものがあって

それを歌う機会がありました

 

寮では冬になると寮祭という大きなイベントがあり

一年生は全員先輩の厳しい目を前にして練習した成果を

発表する場面があったのです

 

校歌・応援歌と言ったものが大好きだった私は歌えるのが楽しく*4

その後、先輩から指揮者として指名されると同時に翌年後輩の指導を託されました

とてもいい思い出です

 

残念ながら当時の写真は持っていませんが

これは22歳の頃に神楽坂で開催された寮の同窓会での一コマ

 

f:id:route66-jp:20190820060304p:plain

私は寮歌の指揮をしていました 寮に入ったのも旧制高校バンカラ学生に憧れていたからで大変名誉な役割を頂戴しました

 

 

 

旧制高校に憧れていたと言っても

時代が違うので

その様子は想像の世界ですが

 

 

旧制高校ナンバースクールのうち

金沢にある第四高等学校は

現在は「石川四高記念文化交流館」として残っており

 

昨年2018年に訪問し

自分の中でその想像をふくらませることができました

 

 

 

f:id:route66-jp:20190820080157p:plain

第四高等学校の教室を再現したもの 母校も机の配置はこんな感じでした

 

どんなことでもそうでしょうが

特に関心のあることについては

「〇〇とはこういうものだ」という決めつけはしたくなかったので

それこそ何十年という時間をかけて

少しずつ読み解いていくのが私にとっては楽しい取り組み方です

 

 

 

 

www.pref.ishikawa.jp

 

どうしてこうした文化に憧れたのかについて*5

思い返して考えていくのもまたこれからの人生の楽しみです

*1:中高の第一志望だった校歌ももちろん今でも覚えていて歌えます

*2:音程は怪しいですが、早稲田実業PL学園横浜高校など

*3:あまり知られていない東京府立中学校のナンバースクールも一覧もはさんでおりました

*4:合唱の練習とかは苦手なのに

*5:昨日も夫婦の話題に出た