つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

思い出を書くことで気がついたこと

毎朝4時にタイマーをかけたラジオで

NHKラジオ深夜便が枕元で流れるようにしています

 

毎朝流れているはずなのですが

その内容を聞いているのは数日に一回*1程度

あまりかしこまらない程度に楽しむのがいいと思っています

 

ラジオ番組のコーナーの内容は

大体は社会で活躍する先輩方のお話で

ここに至るまでの道のりと言った話です

 

これを聞くと

世の中にはこんなに立派な方がいらしたのかと

自分の視野の狭さを反省するとともに

また

その取り組みへの熱意にも感服し

自分も頑張んなきゃって思ってしまいます*2

 

もともと私は伝記というか

自伝というかエピソードものが好きで

なぜここに至ったかという話もさることながら

 

ここでの決断がキモだったと言ったような

あたりも高い関心を持っています

 

f:id:route66-jp:20190821135954p:plain

親子ともども思いにひたる・・・の図

翻って自分はどこにその機会がくるのか

いやこれまでにあったのかと思うと人生は楽しいなと*3

感じています

 

 

そう考えると人生って奇跡の連続の積み重ねなんですよ

とも言えるのですが

 

 

こうした思い出を振り返るようなブログを実際に書き始めると

今まで思っていたことは結構自分の勝手な思い込みで偏っていたということはないよね???

と書く前に不安に感じて

さらにそこで考えてから書くこともあります

 

それだけでも書くことに踏み出せたという点では大進歩なんで

あとは、出来るだけ、出来るだけなんというか・・・

自分が素直に納得できるような気持ちで表現できればなと思っています

 

かつ

 

読んでいておもしろい

 

少なくとも自分がなんども読む気になる

 

ようなものを書いていきたいと思います

*1:早くに目が覚めてしまった時

*2:それができれば苦労はないのですが

*3:私の場合大抵は後付けになっちゃうんでけれど