つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

誰も見かけない夏のキャンパスを走って遠い昔を思い出した

週に一度妻はフラダンスのレッスンで東京にいきます

私はというと妻を駅まで送りつくばでのんびりと過ごす・・・

というわけにはいきません

 

 

だってレオとルナのお世話もあるし

仕事だってあるし

もう〜やることたくさん!!!

 

 

あれ〜???

ホントはもっとのんびりするはずじゃなかったのと

今一度原点に帰ろうと思ってしまうのですが

どこが原点だったのか

それすらも見失っているような感じさえします

 

 

f:id:route66-jp:20190822162731p:plain

学生時代の通学路です あれから30年木々も大きくなったと思うのですが当時から緑のトンネルとなっていて大好きな空間でした

 

そんなわけで昨日は大変忙しい1日*1

昨日は妻を駅に送りがてら、そのまま用事を片つけてしまおうと外回りを

 

そうしたらちょっと遠回り*2して

大学キャンパスをぐるっと

 

あ〜夏のこの時期を味わえた!

当時夏休みは8月いっぱいだったので

この時期になると集中授業なんかがあったりして*3

つくばに少しずつ生活が戻って来るのね

 

人通りの少ないキャンパスには

夏の光をいっぱい浴びて育った木々たちが

緑のトンネルを作っていて

その中を颯爽と走り抜けるのが好きだったなー

 

私の青春です

 

今になって思えば

海だ〜山だ〜高原だ〜って出かけて行った先々よりも心に残っているね〜

*1:

・レポートと今日使うプレゼン資料の作成と印刷と製本

・買い物と宅配便の搬出と受け取り

・レオとルナのごはんと運動

・そして映画レビュー

*2:ホントは近道なんだけれど

*3:はい、取れていない単位です