つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

もういいにゃ🐱🧡

 iカウンセリングの下村幸子です。

いつもお越しくださり

本当にありがとうございます。

 

朝起きるとまずレオちゃんが

お散歩行こうアピール。

 

ルナちゃんのごはんをあげてから

朝日の中を1時間くらい散歩して帰ってくると

レオちゃんお腹空いた!とごはん。

もう1人お腹空いて動けなくなってるダンナさんのごはんの準備。

 

そしてゴミまとめて(出すのはダンナさん)

お洗濯して(干すのはダンナさん)

お掃除して

お客さま迎える準備して

お化粧して

身支度して...

ふーっ!やれやれ!

 

...ってひと息つくと

ルナちゃんがやってきます。

f:id:meleluna:20190824170757j:image

ん〜にゃ🐱(遊んで〜)

 

なんかいつもこういうタイミング。

やれやれ〜

って休憩しようとするとやってくる😅

あーやっと座ったのに〜

と心の中で呟きつつ

なんでいつもこのタイミング?

って考えてたら、

 

ん?なんかこれ

どこかで...。

 

と、ふと思い出しました。

 

長男3歳、次男2歳の4月。

次男が腸閉塞で緊急入院

手術になったことがありました。

 

この時次男は一命を取りとめ

1ヶ月半の入院生活に。

筑波メディカルセンターでした。

 

小児病棟は12歳以下の子は

お互いの感染予防のため

入れませんでした。

なので母に頼んで来てもらって

長男の面倒を見てもらって

私は次男の病室に通い詰めたのでした。

 

危機を脱して

退院が見えてきた頃

長男がグズグズ言いはじめたんです。

 

こっちも疲れてきてて

それでイライラ😠💢

 

でもふと

本当に次男が生死をさまよって

私たち親が次男しかみえていなかったとき

長男は一回もぐずったり泣いたりしなかったことに気付きました。

 

「もう甘えてもいい?」

 

って

私たちの様子で

わかってるんだ...。

 

子どもって親が本当に大変な時は

それをそばで感じてるんですね。

 

ルナちゃんも

私がバタバタしてる時は

どっか行ってて

腰を下ろすと

スーッと寄って来たり

タタタッと駆け寄って来たり。

 

で、「ん〜にゃ」って。

 

よしよし❣️

またりぼんで遊ぼっか😆🎀

 

f:id:meleluna:20190824171607j:image
f:id:meleluna:20190824171600j:image
f:id:meleluna:20190824171604j:image

 

息子たちのことを思い出してからは

気を失いそうに眠い時以外は

とりあえずりぼんで遊んでます😝

 

まぁちょっと遊ぶとすぐ飽きて

どっか行っちゃうんですけどね😅

 

可愛い〜です😊❤️

 

それではまた❣️

今日もここまで読んでくださり

本当にありがとうございました😊🙏✨