つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

ふりかえることで「退屈な一日だった!」では終わらなかった話〜オックスフォード・ストップオーバー記3〜

オックスフォードの話

今日はアカデミックな話ではなく*1

買い物の話

 

オックスフォードと言えば

学問の世界

受験の世界では言わずと知れた存在ですが

 

私にとってはそれ以上に影響を受けていたのがファッションの世界*2

 

オックスフォードシャツ

とか

レジメンタルタイ

とか

 

当時の若者向けファッション雑誌に紹介されていて*3

その中でいいなーと思うのは印象に残っていたりするわけです

 

オックスフォードに来たからには

記念にレジメンタイルタイを買って帰るかと思って

街に繰り出したところ・・・売っているようなお店が見つからない*4

 

 

カバードマーケットと呼ばれるところに出かけて行って

tripnote.jp

 

f:id:route66-jp:20190827152728p:plain

確かにここにはレジメンタルタイが置いてあったけれど印象としてはかつて下北沢にあった駅前食品市場みたいな感じ

wikipediaより

 

ネクタイはあるにはあったけれど

食品街独特の香りが立ち込める雰囲気の中

ちょっとここでネクタイを買うのはねー

 

と思っていたら

 

ん?

 

ん?

 

なんでここに???

 

f:id:route66-jp:20190827153855p:plain

なんでイギリスでアメリカ土産を買うんだ!と一瞬思ってしまいましたが即買いです

 

これはベルトにつけるバックルです

Gパンを履いていた頃は趣味で集めていました*5

 

集めていたこうした類のバックルにはシリアル番号が刻印されているのね

 

f:id:route66-jp:20190827154344p:plain

全世界でわずか5000個しか作られなかったものがわが家の私の引き出しに大切に保管されています というかたまにはジーパン履いてつけて歩くか

 

このマーケットに一点だけあった2804番買いました

できれば本場アメリカのルート66で買うべきだろうとは思っていましたが・・・

 

でもね

ルート66に行くなんてこの時はどうやって実現するんだろう??

とか思っていたくらい非現実的で遠い世界のように思っていたんですよ

 

 

でも今思うと

このバックルを買って大事に持っていたからかどうかは

たぶん関係ないとは思いますが

 

f:id:route66-jp:20190827155246p:plain

ルート66名物のエンジェルさん

 

その後夢が叶って

ルート66を訪問することができました

 

 

5000個しか作られていないバックルをどのお店でも見かけることはなかったので

オックスフォードで購入しておいてよかったです

 

 

*1:

i-counseling.hatenablog.jp

*2:学問よりこちらの方が自分には耳慣れていたというだけの話が、私自身が詳しいということではありません

*3:ホットドッグとかポパイとか

*4:ネットで調べたら大学オフィシャルのお店があるらしい

www.oushop.com

*5:Gパンなんていつの時代だよとも思っていますがあえて当時の言葉を強調して使っております