つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

競争と競走

小学校5年生の時に作った文集に*1

担任の先生から寄せられた文章がありました

そこには「競争」と「競走」の違いについて書かれていました

 

 

内容としては

スポーツを二つのカテゴリーに分けると

格闘技のようなものと、タイムを測って比べるようなものに分かれ

その中で先生の意見としては

「相手を倒して勝つ」というような競い合いはどうのかな・・・

というものだったと思います

 

 

これは自分にとってインパクトのある言葉でした

 

そう今でも

意識していますね

 

 

今回、この言葉について書くに当たって

ネットをちょっと見てみたところ

先生のような表現で取り上げた例は

検索上位には見つからず

 

もしかしたら

先生はどこからか引用した話を載せたのではなく

先生が思ったことを書いたのでしょうか*2

 

 

f:id:route66-jp:20191021141539p:plain

昨日は近所の公園で運動会 レオも端っこの方で参加?しました

 

さて 

この言葉を思い出したのは

昨日レオの運動で公園に行ったら

ちょうど運動会をやっていたからです

 

 

運動会名物「紅白対抗」となっていて

なんだか懐かしいなーと思うと同時に

 

自分は小中学校時代の9年間

紅白のどちらだったとか

さらには

紅白のどちらかは忘れたとしても

勝ち組にいたのか負け組にいたのか

それさえも記憶にないことを思い出しました

 

 

 

そう思うと対抗だとか勝敗に無関心だったと思うのです

ただ

小学校5.6年は放送委員会でテントの下で放送をしていたわけだし

小学校6年から中学3年までの4年間はリレーの選手だったので

さらに中3に至っては応援団まで*3

 

いわゆる勝敗についてはもう少し関心があっても

よかったのではと思われてしまいそうですよね・・・

 

 

無関心だったからなんでしょうけれど

「赤頑張れ、白頑張れ」の連呼を聞くと

なんだか自分とは関係ない世界での話だったよなと

ふりかえるとそう感じてしまいます

 

 

冒頭の「競争」と「競走」の話について

自分にとってはお互いに競り合うものではなく

つまり相手を負かして勝つというのでも

相手との比較で勝つというものでもなく

 

なにか別のことを思って(勘違いして??)先生の言葉をきっかけに

考えていたのかも??

 

そんなことを思った週末でした

*1:妻も同じクラスだったです

*2:誰かの言葉の引用よりそちらの方が私は良いと思います

*3:自分からやろうとは決して思わないが成り行きでそうなった