つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

アダルトチルドレンとインナーチャイルドの話

今年も開催しています

アダルトチルドレンインナーチャイルドの話」

 

6年目を迎えました*1

 

夫婦でカウンセリングルームを運営していて

それぞれ得意なテーマがある中で

この「アダルトチルドレンインナーチャイルド」については妻のおはこ(十八番)

 

これまで私は何をしていたかというと

会場スタッフ、一オーディエンス、そして昨年は書記としてホワイトボードに

グラフィック・ファシリテーションをしていました*2

 

*3

f:id:route66-jp:20191024211654p:plain

絵が苦手だからグラフィック??と思われるかもだけれど、ファシリテーションを仕事にしていたのです 前回これを書いた時も参加者からお褒めの言葉を頂戴しました

 

もう10数回?

そして

会場スタッフ?

一オーディエンス?

そして昨年は

オープンダイアログ 風に書記としてグラフィック・ファシリテーション?

 

 

いや〜

妻の話を何回も聞いて、ものすごく考えさせられたし勉強になった

 

 

だから私にも話をさせてくれ!!!

 

 

f:id:route66-jp:20191024212538p:plain

メインの話し手は妻ですが、今年は私もコーナーを担当させてもらいお話をする機会を頂戴しました(昨日はプロジェクターの調子がいまいちだったのでバソコン画面を見てもらっています)

 

昨年学んだことを今年1年かけて実践したので

その成果を発表したいと

夫の私が妻に企画書を書いて、見せて、承認もらって

そしてしゃべる時間をもらって

昨日が第一回目の発表

 

あと5回あるから

毎回内容が積み重なっていくので

ぜひ聞きに来てください

 

 

【日時】 

①   10月23日(水) 『インナーチャイルドアダルトチルドレン

②   11月  6日(水) 『インナーチャイルドが心の中にいるとどんなことが起きる?』

③   12月18日(水) 『インナーチャイルドはパワフルな味方』

④   1月  15日(水) 『私たちの体験談』

⑤ 2月  19日(水) 『インナーチャイルドに安心してもらうために』

⑥ 3月  18日(水) 『この半年間を振り返って』

   ※流れによって内容が変更になることもあります

 

【進行内容】

・自己紹介 ・講師からの話題提供 ・質問コーナー&フリートーク

一方通行型の講義形式ではなく参加されたみなさんと対話をしながら進める

オープンダイアローグ(開かれた対話)形式です!

 

【場所】 

LALA ガーデンつくば コミュニティルーム

 

【対象】 

どなたでも参加できます。

毎回はじめに復習タイムがありますので、単発受講も安心して受けていただけます。

 

【参加費】 

 無料

 

【講師紹介】

【下村幸子】

iカウンセリング代表 精神保健福祉士社会福祉士・保育士。発達障害の息子の子育て経験からカウンセラーを目指す。名前の通り、幸せ♡の探究者です♪

 

【下村博史】

iカウンセリング副代表 まんてん学習塾&まんてんラジオ主宰。

精神保健福祉士社会福祉士・学習支援&職場復帰カウンセラー。アスペルガーHSPうつ病の体験を経て、これからの時代の学び方✐&働き方&生き方を研究中!

 

ご興味のある方、ご質問ある方、参加希望の方

気軽にお問い合わせください!

 

【お申込み・お問い合わせ】 

メール:info@i-counseling.jp  電話番号:080-8876-4857

 

ホームページ:www.i-counseling.jp

 

あなたのインナーチャイルドに会いにいらっしゃいませんか?

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

 

 

 

家の中で、夫婦の会話で

「パパのインナーチャイルドは・・・」なんて話はしないですよ*4

 

 

インナーチャイルド」について尋ねれば教えてくれるけれど

家の中で「パパ、勉強しなさい」っていうレクチャーなんかはないですよ*5

 

 

講演会で妻が話している内容を

そのお手伝いをしている自分が聞いているうちに

だんだんと学んでいって

自分も知らず知らずのうちにという

 

言ってみれば

「門前の小僧習わぬ経を読む」*6

のようなものだ*7

 

 

そして今年何回か出かけた旅

これらは自分のインナーチャイルドと向き合うためにとでも言ったらいいのか

「ようし、じゃあ旅先でやってみよう!」と取り組んだもの

 

 

それによってどんな変化が起きたのか

自分でもおもしろいくらいなので

次またある発表の機会を超楽しみにしている!

 

 

 

*1:年に何回も開催するので、もう10数回くらいになったのかな?

*2:オープンダイアログ でもファシリテータの一人が書記になるスタイルがありますよね

*3:

ja.wikipedia.org

*4:そりゃケンカの元だ

*5:それもケンカの元だ

*6:

kotobank.jp

*7:そう言われれば妻の実家もお寺で、私は特にお経を習ったり勉強をさせられたりしたことはなかったのだが、結婚して31年いつの間にか般若心経・観音経・坐禅和讃を日々暗唱し、今日「次は唯識三十頌にしようか」と本を手配したところだ