つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

「インナーチャイルドを癒す旅」あらため「結果的にインナーチャイルドが癒された旅」と名を変えます

毎月のおはなし会でコーナーをいただいて話をしている

インナーチャイルドを癒す旅」ですが

誤解を招くといけないので

話を整理すると

 

 

インナーチャイルドを癒すには

他人優先・自分優先の考え方があって

自分を優先しようと!

という話が昨年のおはなし会でありました

 

 

日常生活で

いきなり自分優先のスタイルをとるのはハードルが高いので

だったら一人旅を予定しているので

その時にやってみようと

私は決めて実践したのです

 

 

旅の先々で自分を優先して

行動できた結果

インナーチャイルドを癒すことになった

ということにはなりますが

それ以外にもたくさんの要素があると思うので

「結果的にインナーチャイルドが癒された」

と書いた方がいいんではないかと思いました

 

 

f:id:route66-jp:20191125221411p:plain

太良山系に沈む夕陽、私の祖先がこの陽を見てのだと思うと来られてよかった

 

旅のスタイルを変えると言って取り組んだ最初が

京都・奈良の旅

そして九州の旅

 

今まで行きたかったけれど実現できなかったところを次々と訪れることができた感動

 

そしてそこから自分のルーツにつながった感動

 

そのルーツにつながれた時に自分が初めて感じたこと

 

この三つの要素が偶然重なったことが大きいと思います

 

 

 

私はこのブログで自分の通ってきた道を書いています

 

それは同じようにやればいいというのではなく

 

こう考えて、こう取り組んだ結果が現在の自分である

 

という風なスタンスになればいいなと思っています

 

 

 

京都・奈良の旅は母校の甲子園応援がきっかけです

 

九州は毎日聞いているLOVE FMのイベント(毎年参加している)

 

そして石橋凌の40周年ライブがきっかけです

 

 

 

そのきっかけに絡めて(便乗して)

 

行きたいところに行ってみようとなったわけですが

 

たまたまルーツに関わる出会いが偶然飛び込んできたのです

 

「これはご先祖様が呼んでいるのかもね」

 

なんて妻と話をしていて

 

一丁乗ってみるかと動いてみたらいろんなことが起きて、わかって

 

そこでさらに今年は九州が吉方位だったということで

 

時間と予算が許す限り動いてみようということにしました

 

そしたらさらにいろんなことがわかって

 

そうこうしているうちに

 

自分のインナーチャイルドが癒された・・・というか

 

インナーチャイルドを癒すというのはこういうことなのか

 

ということがわかり

 

それが正解なのかはわかりませんが

 

まず話をしてみよう、書いてみようということで

 

引き続き、

 

引き続き取り組んでいきます