つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

さあ、今度はどこに出かけよう

ふりかえってみれば

今年は2ヶ月おきに旅をしていました

 

サラリーマン時代には2ヶ月おきに出張なんて当たり前だったように思いますが

この歳になると2ヶ月おきのペースは

「戻ってきたら次の旅」といった感覚で

ほとんど外に出かけていたような気分になりますね

 

 

 

先日「結果的にインナーチャイルドが癒された旅」という題で

投稿いたしました*1

 

素晴らしい旅だったなーと思います

 

 

 

 

 

毎週参加しているインスタライブがありまして

前回のテーマが旅

 

 

「ノープランで旅してみると、すんごいおもしろい」って話題になりました

 

 

私はその時

「そんなのやったことない」

と言ったんですが

「やってみなよー、人生変わるよー」

と、リアクションをいただきました

 

『そりゃ、変わるかもだけどさ・・・(若い人たちはすごいなー)』

というのが私の心の中のつぶやき・・・

 

と、思った瞬間

「半日や1日だけでもいいんだよ・・・」

という声

 

 

『それだったら、やったことある・・・それも多数』

 

今年の旅もまさにそんな感じでした

 

 

f:id:route66-jp:20191203145854p:plain

「どこだかわかんない場所で通りがかった時に撮ったお気に入りの写真」ということにしていますが、今のカメラはどこで何時に撮ったかとか全部記録が残っているのね

 

私のインスタをフォローしてくださっている方がいらして

時々感想を聞かせてくださいます

 

上に貼った写真もインスタに投稿していて、今年の私のお気に入りの一枚なのですが

その方もこの写真がいいとおっしゃいました

 

 

朝6時半くらいかな、クルマで走っていて

左の窓から朝陽が見えて

「あー、きれいだなー」と

思って走っていたところ

 

 

ある瞬間

ピタッとするような素晴らしい光景のイメージが見えました

 

当然クルマは走っていますので

これまでだったら

「まーいいや、またどっかで見られるでしょう」と

先を急いでしまったと思うのですが

 

クルマを停めて

Uターン

数百メートル戻ってこの写真を録りました

 

 

今までだったら、こういうことはしなくて

ただプチ後悔をするだけだったかも

 

「この写真、いいね、佐賀で撮ったの?」

 

「はい、通りがかった時に見た光景で撮りました

でも、どこで撮ったのか詳しく覚えていないんです」

 

「それがまたいいのよね」

 

 

 

 

 

病気が治って

私は旅に出かけてみようという気持ちになり

たくさんの場所を訪れました

 

 

その中には

もちろん絶景を期待して行った場所もあるし

ここへ行けばこういうことが期待できるという目論見で足を運んだ場所もあります

 

 

ただ

絶景といっても季節や時間帯、何よりその時の天候に大きく左右されてしまい

他にも期待というものはその時の運不運に左右されて

必ずしも期待通りの光景や結果が得られるとは限りません

 

 

こうなると

むしろ、身近に出会ったものの中から

よいシーンなり出会いなりを見つけて

自分なりに見出していく方が

楽しいんじゃないかと思うようになりました

 

 

今回の旅も同じことです

大まかには予定は立ててはいくけれど

でもそこに近づいて行った時に降りてくるインスピレーション

これにしたがって行動をしてみる

 

 

私にとって

このインスピレーションに従うというのが

「自分を優先する」ということだったのです

 

 

 

これだけ旅したのだから

2020年は家でじっくりと過ごそう

 

 

そう思っていたのですけれど

お誘いがあったり、またお誘いがあったり

と、来年もまた出かけることになりそうです

*2

 

 

さあ、今度はどこへ出かけよう

子どもの頃から私の部屋には旅のガイドやら

時刻表やらがいっぱいあふれていて

気になるところがたくさんで決められないくらいです

 

 

でもこの中から

これだっていうものを選んでいくんだろうな!

 

どうやってそれを選ぶのか

それもとても楽しみです

 

 

 

*1:

i-counseling.hatenablog.jp

*2:悩んで考えた末にさっき抽選に申し込んでしまいました!!