つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

地球の裏側まで自分を探しに行った旅

昨日は

「結果的にインナーチャイルドが癒された旅」の続編を投稿しました*1

 

書いて自分で読み返してみたら涙が出てきました

 

 

 

 

なんでだろう

 

「ガマンは自分の成長のため」

 

「まず人のために生きなさい」

 

 

 

 

 

そんなことじゃ自分が

 

そしてみんなが壊れちゃうし

 

そもそもその言葉が本当に使われるのは

 

別の場面だろうに・・・

 

とわかっていても

 

つきまとうように

 

いつもいつも自分を締め付けていたんですよね・・・(困ったものだ)

 

 

 

 

 

今向き合うべき問題から目を背けていたら

 

その問題は

 

たとえ地球の裏側に逃げたとしても

 

また目の前に立ちはだかる・・・

 

そう言われたこともあります

 

 

 

 

 

それはそうなのかもしれない

 

でも

 

「あなたは日本には向かないのでは??」

 

という言葉を頼りに

 

厳密には地球の裏側じゃないけれど

 

地球の裏側まで行って

 

可能性を探ったこともありました

 

 

 

 

結果?

 

結果は

 

depressionと言って

 

モチベーションが落ちている状態なのに

 

モチベーションの高い街に行って

 

誰かに引っ張り上げてもらえるわけはないじゃないですか

 

 

 

 

結果としては

 

地球の裏側に逃げたところで

 

何も得られるわけじゃない

 

そんな感じで帰ってきましたよ

 

f:id:route66-jp:20191205183202j:plain

まずは見物がてら、高いところに登ってみたいよね

 

小学校の同級生同士の私ども夫婦

 

学生結婚で

 

大学時代に子どもは二人いたのにも関わらず

 

妻は私が旅に出ることを

 

いつも快く送り出してくれました

 

「パパは旅に出れば何か掴んで帰ってくるから」

 

f:id:route66-jp:20191205183539j:plain

バブル当時話題になったロックフェラーセンター、実際に足を運んでみるとそこで思うことがあり、またその後の勉強でこのことを思い出す、いつかそのことをブログに書いていきたいと思う

 

 

空振りだったんじゃないかと思われるかもしれないこの時の旅

 

実は

 

この時の旅の一番の目的は

 

旅に行きたいわけじゃなく

 

貯めたマイルを使って飛行機に乗りたかっただけ

 

飛行機に乗ってみたかっただけ

 

depressionだからね

 

出かけたいとも思わなかったわけです

 

 

 

 

 

普通だったら

 

旅行会社が作ってくれたパッケージで旅するのが

 

航空券と宿泊費をセットしてトータルで格安になると思いますが

 

 

 

この時は 

 

航空券はマイルを使ってだったので

 

予算を抑えるために

 

宿はホテルではなく

 

今でいうゲストハウスにお世話になりました

 

観光も何にもしたくない状態になるかもしれないから

 

お湯を入れれば食べられる食糧を日数分持って

 

 

 

 

 

初めて泊まったゲストハウス

 

キッチンと冷蔵庫に食材があって

 

自由に調理してよかったんです

 

 

 

外食する手間と費用を考えたら

 

自炊経験などほとんどない自分でも

 

試しにやってみるかと

 

外国製の冷蔵庫を開けてみて

 

見慣れない食材も使いながら

 

作って食べたごはん

 

この経験は

 

「なんだ、自分やれるじゃないか」

 

と、この後大きな自信になりました*2

 

 

 

f:id:route66-jp:20191205185729j:plain

宿の人になんでこの街にきたのかを打ち明けた場面、国によってこんなに考え方が違うんだと目の当たりにした瞬間でもありました

 

今、私はLOVE FMという国際放送のラジオを毎日聞いています

 

ラジオを聞きながらメッセージを送って番組に参加することもあります

 

国際放送だから洋楽は新旧問わずたくさんかかるし

 

海外の話題ももちろんたくさん

 

そんな時に

 

海外の旅で見てきたこと、旅を通して考えたことを

 

ラジオを通じて紹介してもらっています

 

あの時の旅の経験が今も活きています

 

f:id:route66-jp:20191205190402j:plain

今日はクリスマス映画の話題だったので、映画レビューに絡めてホリデーシーズンの街の思い出をかぶせながら番組に参加しました

 

 

平日の朝

ほぼ毎日聞いて参加しているLOVE FMの看板番組

Top of the Morning*3


 

今日は映画「34丁目の奇跡」を取り上げてくれたので

映画レビューを送りました

 

 

この投稿に貼り付けた写真も添えて送ったのですが

この下に貼り付ける写真を除いては

自分でも撮った記憶があるもので

またよく見返してもいるものです

 

 

ただこれからの一枚は

自分でも撮った記憶がなく

34丁目付近で撮った写真がないかなー(今のデジカメは位置情報も記憶しているのですごいですね)と

データと照らし合わせて見たところ

映画の場面に程近いところでの一枚が見つかりました

 

f:id:route66-jp:20191205191605j:plain

ここそのものが映ったかどうかまでは正確じゃないですが、自分としては近くまで行ってたんだということで大満足です

 

10年以上後に活用する一枚を無意識に自分が撮っていた・・・

 

と思ったら

 

この奇跡に今日は感謝したいです

*1:

i-counseling.hatenablog.jp

*2:この6年後、私は機材を持って時には泊まりがけで遠く離れた街でラジオ放送を企画するのですが、この自炊の思い出が自分を支えてくれました

*3:

lovefm.co.jp