つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

アクティブラーニングっておもしろい アダルトチルドレンとインナーチャイルドの話

12/18(水)は

毎月開催しているおはなし会です

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

アダルトチルドレンインナーチャイルドの話って

iカウンセリングが東京で設立されてからすぐに始まった講座なんです

 

夫婦でやっているカウンセリングルームなので

おはなし会には

私も一参加者として

そして

スタッフとして

聞いていました

 

 これは東京で開催されたときに区のお知らせに掲載されたもの

f:id:route66-jp:20191213143917p:plain

2015年に開催されたときのイベントパンフレットから

 

 

f:id:route66-jp:20191213143510p:plain

近所の柿の木にやってきたメジロです、ついこの前は別の木に集まっていたところを見ると美味しいタイミングを知っているのかな

 

アダルトチルドレン

インナーチャイルド

 

アダルト(大人)チルドレン(子ども)

インナー(内側)チャイルド(子ども)

 

というのはわかるけど

一体どういうこと???

 

ってこの講座だけでなく

他の講座でも

本でも

たくさん情報を受け取る場所はあるのですが

 

 

私も何度も聞いていて

アダルトチルドレンのような人が世の中にはいて

どうやらいくつかに分類されて

それはかくかくしかじかの生育歴が影響しているからのようだ

 

 

っていう話で

私の頭の中で止まってしまっていたのね

 

 

いくつかの分類っていう時点で

「自分はどこに入るんだろう」ってそっちの方に興味が行っちゃうからねー

 

 

なんとか占いと同じです

 

 

普通の一方通行の授業だと

私の場合最初は先生の話を聞いているんだけれど

先生の話の中から興味のあることが出てくると

そこから自分の世界の方への脱線してしまうのです

 

 

アダルトチルドレンの場合は

6つの分類に分けて話を進めていて

いくつか重なる場合がある

という話になると

「自分はどれだろう?」というのもより複雑になりますよね

 

 

だって6つの中から1つという話ではなく

6つの中からいくつかということだから

組み合わせはたくさんできるわけです

 

 

自分の世界へと脱線しないための工夫として

自分に課してきたのは

講義のメモを取る、質疑応答に耳を傾けるというもの

f:id:route66-jp:20191213150127p:plain

私も発表するのでパソコンを持ち込んでスタンバイしています



 

そこで

つくばで開催するようになってから

私も積極的におはなしの会に参加するようにしました

 

 

これはまさに

アクティブラーニング

 

 

 

自分も対話に参加するのは

ちょっとだけ勇気がいるけれど

そこを乗り越えれば楽しいです

f:id:route66-jp:20191213145102j:plain

こうやって板書していくと、講義から置いていかれないという工夫💦学生時代ノートなんか取らなかったからねー

 

対話に参加していくと

どこかかしこで脳内に言葉が記憶されていて

おはなしの会が終わったあとも

ちょっと違う感覚になりますよね

 

 

一斉授業の時に

手を挙げて発表した

とか

先生に指されて答えた

とか

そういうあとの感覚に似ていて

記憶がはっきりしていると同時に

それをきっかけにまた深く考えてみる気になる

 

 

自分だけ脱線して

空想の世界で過ごすのも楽しいけれど

空想の世界は後回しにして

先に対話に参加して

そのお土産もいただいて

それから空想の世界を楽しんだ方がおもろしい

 

 

 

 

【お申込み】電話 080-8876-4857  メール info@i-counseling.jp

 

 

お気軽にご参加くださいね!

お待ちしてます!!