つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

「反応するんじゃなくて、対処する」ということは「個々人が持っている力を信じてそれを最大限に活用する」ってこと??

昨日の投稿の中で*1

「反応するんじゃなくて、対処する」

という言葉がありました

 

あっ、いいなこの言葉と思う中に

私自身若干の引っかかりを感じてしまいました・・・

 

 

もともとこの話はというと

お坊さんがインタビュー受けている場面をテレビで見ていて

「こうなったらどうしよう」という不安とか恐怖心は

「反応するんじゃなくて、対処する」

と話されていたので

とてもいいなーと思ったのです

 

 

「反応」と「対処」という言葉

「反応」にはしっくりくるし

「対処」というのもよい言葉の選択だと思うのですが

「反応するんじゃなくて、対処する」と書くと

いい言葉だと思う一方で、若干引っかかるんですね

 

 

 

f:id:route66-jp:20191215225145p:plain

今日はルナの調子が今ひとつで急きょ診察していただきました、早く元気になってね

 

「反応するんじゃなくて対処する」

 

私が受け取るニュアンスは

 

「前例にしたがって型通りに実施」みたいな感じ??

 

だとすると先が見えてしまっているように感じてしまうからなのかな

 

 それとも後ろめたさ???

 

f:id:route66-jp:20191215225649p:plain

レオは元気、元気。拾い食いして怒られた💢よねー

 そこで

「反応しないで対処する」について

ネットで調べてみたけれど

読めば読むほど難しく複雑になってきたぞ

 

ので、やめます

自分の頭だけでまず考えてみます 

 

 

 

以下は自分の思考メモ

 

「反応しないで対処する、(対応でもよいのか)」

って

自分のできる範囲でやるということだから

それ以上のことは考えない

 

とはいえ

 

できないと

周囲からまた何か言われるんじゃないかと思うから

 

いつ何がきてもいいように

力を出せる準備はしておく

日頃の精進は忘れない

 

 

 

そう解釈したのだけれどどうだろう

 

 

 

ということは

普段から私が言っている

「個々人が持っている力を信じてそれを最大限に活用する」

ということと同じだろうか・・・