つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

おはなしの会(インナーチャイルドはパワフルな味方の巻)終わりました

毎月一度

オープンダイアログ形式で開催している

おはなしの会

インナーチャイルドと仲良くなる講座」

とてもよい会になりました

 

 

よい会っていうのは

参加された方も、私どもも

「あー、来てよかった 開催してよかった」と笑顔になって帰れる時です

 

感想じゃなくて「笑顔の表情」なんですよね

 

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

 

 

f:id:route66-jp:20191219163634p:plain

この笑顔🤗、蓄積の「畜」の漢字を間違えてしまったのは私です、あー、国語の先生もやっているのに面目ない・・・

 

 

今回のサブタイトルにあった

インナーチャイルドはパワフルな味方」

これは初めて聞くはなしで

どんなことだろうと私もワクワク楽しみにしていたのですが

 

 

いや、聞いてみてびっくりというか

「あー、そのことなの??」というのが

 

「つらかったことをガマンしてきた自分こそがパワフルな味方だ」っていうはなし

 

 

えっ、

えっ???

 

 

ちょっと待ってよ

 

 

ガマンしてきて置き去りにしてきてしまった自分が

インナーチャイルドになって

今もこうして苦しい思いにつながってんじゃないの???

 

 

と、思っちゃいました

 

 

書記をしながら

そのことを突っ込もうと思ったんですけれどね

 

 

参加されたみなさんそれぞれのインナーチャイルドことで対話が盛り上がり

周囲に気を使う自分としては

対話の行方に気を使いつつ、書記もしつつ、頭の中に浮かんだ

自分のモヤモヤをどう言葉にしたらよいか考えつつ

 

 

一方で

だんだんと場のエネルギー(活気)が上がって来ているのね

 

あー、みんな大変な思いを乗り越えて生きてきたんだなーと

私も含めてそう思って

その乗り越えたエネルギーそのものがこの場のエネルギー(活気)の源なんじゃないかと

 

 

ちょうどまる一日、24時間経った今

思い返すと

「ダメだ、ダメだ、あーすりゃよかった」と人生をふりかえる*1

ことばっかりしていたけれど

 

 

これができるってことは、

自分、結構エネルギーがあるんじゃないか、

 

頑張ってきたんじゃないか、

いや、自分をほめるっていうんじゃなくて、

 

自分リソース(資源)持ってる、

 

リソースってことは味方、

そうパワフルな味方

 

そういうことなのかなー

と、勝手に腑に落ちてしまったところです

 

合っているかわからないけれど

今日の晩ご飯の時に聞いてみたいと思いました

 

次回は来年の1/15水曜日の午後4時からです

 

ご来場をお待ちしています

 

 

あっ、この感動のあまり

 

自分のプレゼンコーナーではなしたことを書くのが

後回しになってしまっていたことに気がつきました

 

このはなしについては明日の予定で投稿します

*1:私は後悔はしないタイプなんですが、ネガティブにふりかえるんだよなー、そういうクセがあるような