つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

頑張るよい子が危ないんです、だから学びの場を作るんです

今朝、久しぶりに大寝坊しました

時計を見たら午前8時

いつもより3時間、いや2時間遅い

 

痛快すぎるほど「よく眠った〜」感

でしたね

 

でも、笑い事じゃないです

月曜日は私にとって一番忙しい日

こういうことは避けたいのですが

時間とのなんとやらの日です

 

 

 

f:id:route66-jp:20191223153124p:plain

今日は晴れて、思いっきり運動できてよかったね、でもいつもと違う変則日程で運動が一回になっちゃってごめんね

 

寝坊した理由は

たくさんあります

 

というか

こういう重大なインシデントって

実に複雑な事由が重なって起きるわけで

 

アクシデントにつながらなかったから

言えるのかもしれないけれど

 

昨日は

「学びの場を作ろう」っていう話になって

それで盛り上がりすぎちゃって夜更かしになってしまいました

 

場所を提供してくださる協力者の方に快諾いただいて

快諾いただけると信じてお話を持ちかけさせていただいたので

 

快諾=盛り上がり

 

というわけでなく

 

お話、対話をしているうちに

誰のための学びの場なのか

そして学びの場が何を生み出すのかを

お話させていただいて

そのことが通じたことが

とてもうれしかったのです

 

今、お子さんを含む数多くの方が窮屈な思いをされていると

見聞きしますし報じられています

 

その中で

よい子だったらいいのにね

と、無意識かのようにつぶやく大人

 

ちょっと待ってください

「頑張っているよい子だって苦しいんです!」

そう言いたい

 

そして

その子たちに私が何を支援できるかというと

「自分のために使える時間」を作り出すきっかけ

 

 

なんのこっちゃ?

と思われるようなこの考え

 

 

自分でもそう思います

 

 

だから

それが通じた時の喜びって

翌朝のことがつい飛んでしまうくらい

うれしいものなのです

 

今日はこれから勉強を見る仕事で

それが終わったら

早く眠ります