つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

場にとって異質なものにどう対処するのか?

先週はインフルエンザだった妻も昨日から本格的に

外に出ました

 

私も先週はできるだけ人に会うのは

自重していたのですが

同じように昨日から平常通りの毎日が始まりました

 

わが家ではインフルエンザは何年ぶりだろうと

記憶や自分のブログ記録してある内容を辿ったところどうやら23年降りでした

*1

 

 

 

 

ブログには投稿内容を検索する機能がついていて

それを見る限り

かかっていないです

 

 

「インフルエンザ」って検索すると

・学校や職場で流行りだしたから気をつけよう

・予防注射に行ってきた

・熱が出てきたからもしかしたら

の類だけでした

 

 

かかってはないけれど

ブログに書くくらいだから

それだけ身近な存在だったのですね

 

 

 

先週、妻から「インフルエンザの検査結果が出た」と連絡を受けた時に

私はすぐにその週にお会いする予定の場の責任者の方に

事情を話し、その後どうしたらよいかの指示を仰ぎました

 

 

f:id:route66-jp:20200114135735p:plain

クンクンと匂いを嗅ぐのですが、時々なんか食べていたりするので目が離せません、と言ってもパクッとした時にはすでに遅い💦


でも、今日、ふと

自分が場の責任者だったらどうしたろう???って

考えてしまいました

 

 

単純なモデルを仮定して考えると

・感染している人を近づけない

・感染しているかもしれない人からウィルスの飛散を防ぐ

・感染している人が来ても発症しないよう免疫を高める

 

あたりが責任者の出す指示でしょうが

とは言っても

それぞれの内容が目に見えて管理できるわけでもなく

 

また

以上のモデルが一つでも崩れることになったとしても

はたしてその影響をどう考えたらよいかゆくわからない

 

っいうことに直面してしまいます

 

 

一方で例えばインフルエンザウィルスに対して

こうした対応策を言い出すると

別の〇〇というウィルスは??どうなるの?から始まり

 

 

ウィルスだけの話じゃないですよね

 

人間にはそれぞれ異質なものっていうものを持っているわけですから

そしてそれらを持ち寄るものですから 

異質なものが来たらどうするかどう対処するか

対処しないかも含めて考えていないといけないのかな・・・

と思ってしまいました

 

ちょっと振って書きますが

たとえば文化の違いだって

「異分子」って言われちゃいますからね

 

 

今日はそんなことを考えながら

昼間レオの散歩に行きました

 

いつも怒ってしまうのですが

やめさせようと思ってもなかなか治らない拾い食い

あー、今日もまたモグモグしていたけれど

なんか食べちゃったのかなー😱😱😱

*1:私は2005年から認知行動療法の一環として関係者だけに見られる

ブログを開設して

もう私だけしか見ていないのだけれど

それでも毎日続けているんですね