つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

ガマンの人生から学んだと言い聞かせていたこと

平日の午前中は家事をしながら仕事タイムです

洗濯・掃除と並行して

資料を整理したり、調べ物をしたり、そして原稿を書いたり

 

 

この時間を逃すと

クリエイティブな作業はなかなかはかどりません

 

 

そしてこの時間は

ラジオを聞きながら

というか

番組にTwitterを送り

参加しながら聞く時間でもあります

 

 

毎週木曜の午前中は

ムービータイムマシン」という企画があり

過去の映画のレビュー(批評)を送って

みんなで聞く

約20分くらいのコーナーがあります

 

 

私、D.J.HIROの名乗って参加しており

かれこれ一年近く、毎回「皆勤賞」と言われるくらい

張り切って取り組んでいます

 

今週、取り上げられた映画は

「ブルースブラザース」でした*1

 

 

 

f:id:route66-jp:20200116213430p:plain

中学時代にブルース・ブラザースを観に行くはずだったんですが、こちらの映画になってしまったというネタをいたしました

 

 

 

 

 

 

 

 

この映画

ブルース・ブラザース」は私にとって実に縁が深い映画でした

 

 

観に行く予定ではあったけれど

 

別の映画にしてしまったこと

 

その結果

 

それはそれで道が開けた

 

というストーリーで数日前から執筆していたのですが

 

昨日のおはなし会で

 

自分で話をしてみて

 

もしこの時に

 

ブルース・ブラザース」を観ていたら

 

人生は同じだったのか???

 

と、思ってしまいました

 

 

 

私、ガマンしていたんですね😣

 

つまり

 

両方の映画を観ることをガマンしていたんだと思います

 

 

 

そして

 

ガマンは必要だ

 

必要だと思っていたガマンがはたして本当に必要だったのか

 

必要だと言い聞かせてきたんじゃないのか???

 

それは違うと

 

もう何年も自分の中で折り合いをつけてきたことなのですが

 

昨日のおはなし会の中で

 

また自分の中で

 

葛藤まではいかけないれど

 

「どうだったんだろうなー」くらいまでにはなってきているので

 

このテーマでしばらく考えたいと思います