つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

魂こがして〜私が目指す先〜

高校時代に出会って聞いてきた石橋凌

かつてはARBというロックバンドで歌われてきた

「魂こがして」という名曲があります

 

www.youtube.com

 

 

このステッカーを

学生鞄に貼っていたくらい

なじみのある「魂」

 

ただ

説明できるようでできない*1

 

 

どうしよう、どうしようと思ったけれど

今朝の朝のラジオ深夜便でも言っていたよな*2

「言葉に頼るな」って

 

 

f:id:route66-jp:20200124223633p:plain

今日のレオとの運動、「あっ龍があらわれた!」

 

ここのところ

考え込んでいること

自分の心の中とか頭の中だけじゃない

もうちょっと深いところからの働きかけがあるんじゃないかと

それが「魂」のことではと思っている

 

映画「ローズ」のことを書いた昨日*3

 

奇跡的に一命をとりとめたことを書きました

 

昨日の食卓では

 

あの病気の頃の重い身体を引きずるようにして

 

毎週のように機材を持ってラジオ放送をしていた

 

そんな思い出話が出ました

 

 

なんであんなことができたんだろうと思っている私ですが

 

それをそばで見ていた妻も

 

やっぱりその時の話を例に出してきたなとうれしくなりました

 

補足しておくと

映画ローズではヒロインのローズは

歌えるような体調でもなく

身体をいたわるとは逆方向のことばかりをして

それでもステージに立とうとするのです

 

もちろん私は彼女のような

名声も実績もありませんが

 

それでも

行くところ、行くところに機材を持ち込んで

どんなに体調が悪くても

マイクの前に座って音楽をかければ

シャキッとしてしまう

 

楽しいんでしょうと言われるとそうじゃない

ただただラジオをやっていると

時間の流れを忘れられたんだと思う

 

 

 

今、こう書いてみて

 

聞いている人がだんだんと変わってきている感じがします

 

私から見れば

 

伝えようとしている人が変わっていっている気がします

 

それがどこに身を置くか

 

という話と*4

 

関係しているのかも