つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

31回目の結婚記念日

今日2/11は31回目の結婚記念日でした

ラジオでおめでとうコールをお願いしようと思って

Twitterを送ったのですが

オンエアされたのかな???

 

 

 

今日は一日中受験勉強

わたしが担当している生徒さんの受験勉強です

追い込み時期になると

一分一秒も惜しい

 

だったら先生として

周囲の大人としてできることは

生徒さんが勉強したことがより実りあるものに

するために

 

 

 

具体的には勉強した分が

点数に返ってくるように

情報を整理して覚えられるよう

そして

試験で引き出せるようにしておくこと

じゃないですか

(長くなった💦)

 

 

 

f:id:route66-jp:20200211202546j:plain

31年前のちょうど今頃の妻です、わたしのいた部屋で卒業論文を書いているところです

31年前の今頃は 

 

妻は当時4年生、文学部で卒業論文万葉集

わたしは当時3年目の2年生、工学部にいたんだけれど

医学部進学の夢があきらめられずに

学校に行かず受験勉強も中途半端な状態

 

 

いつかの機会に詳しく書くけれど

「大学=職業に結びつくための教育機関」と信じ込んでいたのね

だから、文学部で万葉集・・・って言ってもピンと来なかった

それなら別に大学に行かなくてもできることでは???という感じ

 

 

で、自分の方はというと

結婚したし

子どもも生まれるし

 

医学部どうしよう

とか

生活費どうしよう

とか

 

 

どうしたらいいかと悩んで出した結論は

「まず、今の勉強を続けてその道のプロになれるまでとことんやる」

 

でした

 

 

その甲斐あって

後に専門となる半導体の勉強にも出会い

決めたその道で頑張りました

 

 

半導体から光ファイバ通信へ

そこからネットワークへと研究の対象は発展していき

 

 

やがて社会福祉へと行き着きます

 

 

「人間の幸せとはなんだろうか」というテーマがいつの間にか

自分の研究テーマ、ライフワークになりました

 

 

 

 

 

さて、学生結婚をし

大学院を卒業する頃には

二人のむすこたちがいました

卒業旅行に選んだのは九州

 

 

たくさんの思い出がある卒業旅行

その中でもまた

いくつも気になる場所があって

機会あったらまた行きたいと思っていたのが太宰府政庁跡でした

 

 

f:id:route66-jp:20200211204935p:plain

こちらは太宰府か久留米かわかりませんが、九州って関東と違って歴史の重みにあふれてるって感動して帰ってきた思い出があります

 

病気が治って

また旅をしたいと思うようになって

 

その太宰府政庁跡を

4年前にふたたび訪れることができたんです

 

卒業旅行の時は子どもが小さかったし

クルマで横を通っただけだったんだけれど

じっくり時間をかけて見て回ることができたのです

 

f:id:route66-jp:20200211210115p:plain

太宰府政庁跡、この空間がたまらなく好きなんです

 

 

f:id:route66-jp:20200211210319p:plain

ちびっ子たちも遊びにきていて、自分の子育てのこととか、地域で子育てとかをしていたよなー、「自分、子ども好きなのかな」と思った瞬間でした

 

 

f:id:route66-jp:20200211210436p:plain

で、わたしも水遊びしてみようかと(わたしは一人だったら絶対にこういうことはしないですね、そう見えないかもですが💦)

 

 

 

f:id:route66-jp:20200211210645p:plain

知っている歌の歌碑を見つけたぞ

 

f:id:route66-jp:20200211210732p:plain

この時、数ヶ月後に会社を離れることはもう決まっていた。そして、自分の中で「東京」を離れることも決めていた(つくばとは思ってもいなかった)、東京で生まれ、東京に憧れてきたのに、卒業旅行で来た場所で、また会社を卒業するときに来た場所でこの歌碑を読んだら自分はそれほどの人物じゃないけれど、通ずる思いはあるよね

 

 

そんな思い出の地が

「令和」

 

 

えっ?あの場所??

 

 

f:id:route66-jp:20200211211210p:plain

思い出の太宰府政庁跡に令和になる直前に訪れました

 

f:id:route66-jp:20200211211358p:plain

自分の中で閉じてきた話なんだけれど、この話をとても喜んでくださった方が妻以外にもいらしてそのことにわたしの方が感動してしまいました。

 

これがわたしが話をする万葉集のお話の構成

 

「D.J.HIROさんらしい自分の言葉で伝える万葉集はとてもいいですね!」

 

と先日福岡のラジオ局でも紹介されました

 

 

このつくばでも話をする予定なので

 

 

今日はその準備をしていました

 

ん??

 

ん、ん???

 

冒頭の話では妻の万葉集について書いていたのが

 

いつの間にかわたしの万葉集の話になっている

 

 

 

 

自分でも人生ってどう展開していくか

 

わからないなーと

 

思った結婚記念日でした