つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

フラワーバレンタイン企画、今年もお花を贈りました

明日はバレンタインですね

 

昨年ラジオ局の企画で

妻にダズン・ローズ(12本のバラ)を贈りました

 

妻はこちらがびっくりするくらい

とても喜んでくれて

今年から自分で贈ることにしました

f:id:route66-jp:20200213214824j:plain

わが家のお嬢さんも花束にやってきました

幼馴染み婚という言葉があります

 

文字通り幼馴染み同士で結婚することですが

 

こういう場合に特徴的なものがあるそうです*1

 

 

 

たとえば

 

わたしの場合

 

相手に対して子どもの時からの感覚が残っていて

 

これといったプロポーズの言葉や

 

花を贈ったりする習慣がなかったんですね

 

 

 

 

だから

 

今までやってこなかった分

 

これからは贈ろう!と決めました

 

 

f:id:route66-jp:20200213215312p:plain

12本の花1本1本に、“感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠”という意味をこめて、12本(=1ダース)の「ダズンフラワー」は「すべてをあなたに誓う」ことを意味するそうです。。

 

昨年、ダズンローズ(12本のバラ)だったので

 

その流れで

 

という選択もありますが

 

もう一つ

 

それは映画「ローズ」

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

 

この映画のエンディングにかかるTHE ROSEという歌

 

www.youtube.com

 

愛を表現するには

 

人によってだけれど

 

わたしは愛は花

 

 

 

この歌詞を聞いて

 

わたしは

 

自分がなんでお花を育てているのか

 

わかったような気がしました

 

 

 

わたしは闘病中に

 

土いじりをすると

 

帯電している電気を地中に流すことができるのでよい

 

と勧められて

 

土を配合することに関わり

 

それだけのはずが

 

結果として

 

花を育てるようになりました

 

 

f:id:route66-jp:20200213220704p:plain

2年前の作品、お花のお教室で「成り行きで花を育てるようになった」と自己紹介してお教室のみなさんがぶっ飛んでいました

 

 

特に花を育てるのが好きなのではなく

 

成り行きでそうなった

 

 

同好の方達にはことあるごとに

 

お答えしていたんですが

 

この歌を聞いて

 

ハッキリわかったんです

 

 

 

お花を育てるのが好きなこと

 

そして

 

どうしてそれが好きなのか

 

 

 

どうぞこの歌の歌詞を動画でご覧になってください

*1:一例です

zexy.net