つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

シリコンバレー発の思い出

今日は国の勉強会で霞ヶ関に行ってきました

 

なんで国の勉強会?って書き出すと

 

すんごい長くなるんで

 

いつも「あー書こう」「こー書こう」とか

 

結構気負ってしまっているうちに時はそれこそ何年も流れてしまって

 

このままだと

 

いつまでも書かないな

 

と、思うので今日粗々でも書きます

 

 

 

 

 

すんごい端折ると

 

22年前に国際学会で海外出張をしました

 

場所はシリコンバレー

 

研究テーマを変えて2年目で

 

それでも国際学会で発表できるまでになってよかった

 

とは思うんだけれど

 

当時の自分としては

 

自信がなくて、この先が不安で仕方なかった

 

「仕事って生活の、人生のどのあたりまで

 

どっぷりとつかるものなのか

 

それもわからなかったね」

 

それで

 

「無難な提案だけしておそるおそるやっていてもしょうがない」って

 

出張先で腹をくくったの

 

とある瞬間に

 

と言うのではなく数日かけてじんわりと言う感じ

 

それがシリコンバレーからコロラドでの旅程のあたりかな

 

いろんなものを見て

 

いろんな体験をして

 

いろんな会話をして

 

ある発明が生まれました

 

patents.google.com

 

この発明が

 

その後自分にとっていろんな出会いを引き起こすことになり

 

その一つがこの勉強会参加につながるという

 

そんなものがたり

f:id:route66-jp:20200214210922p:plain

シリコンバレースタンフォード大学での写真、今回のブログを書くのにスタンフォードの写真はないかなーと思っていたら教会の中の写真を見つけた、見つけたものの「誰だよ、真ん中に立っているのは」と思ったら自分でした、誰が撮ったんだろう???

 

だから

 

シリコンバレーというのは

 

自分の中でとても思い出に残っている場所

 

なので

 

このあと、仕事で旅行で何度となく訪れた

 

訪れる度に

 

あの頃のことを思い出す

 

 

 

そのシリコンバレー

 

この夏出張することになりました

 

不思議だよね

 

もう散々行ったから

 

最近取り組んだ旅の大改革からすれば

 

同じ場所には行かないように

 

そういう気持ちがあったんだけれど

 

 

 

 

ふーっ

 

粗々でもまず書いた