つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

35年目、35シーズン目

こちらつくばでは

 

明日が公立高校の入学試験の日です

 

この業界は3月から新年度に切り替わるわけで

 

3月になったし

 

生徒さんも送り出せたし

 

ということで

 

わたしも

 

今日のこのブログをもって

 

気持ちを切り替えます

 

 

f:id:route66-jp:20200303204000p:plain

受験は受験だけれどお祭り要素があってもいいんじゃないかと思っている、少なくともわが家ではお祭り、祭典 写真はUCLAのキャンパスツアーにて

 

明日から

 

新しい年度にします

 

昨夏

 

iカウンセリングの事業を変えていこうと

 

福祉施設で働いてみたり

 

この20年以上ずっと個人で塾そして学びの場を運営してきたわたしが

 

外に出て塾で働いてみたり

 

どちらもすんごい楽しかった

 

それだけにすんごいがんばった

 

このままだと

 

また体調を崩すんじゃないかと

 

不安になるくらいまで

 

がんばった

 

 

f:id:route66-jp:20200303204731p:plain

5年前のまんてんエデュケーションのデスクの上だよ、懐かしいなー

 

今日の授業を終えて

 

本当に

 

無事

 

体調(メンタルも頭痛やその他も、カゼもインフルエンザも一切)を崩すことなく

 

ここまで来られたのが

 

まず1番にうれしい

 

もちろん

 

体調について

 

相当に気を配った結果ではあるからだけれども

 

 

 

 

 

そして

 

昨夏は

 

これでダメだったら引退しよう

 

そう思うくらい

 

自分のやってきたこと

 

自分が提供できること

 

 

マーケットニーズに応えていないのか

 

 

自分にではなく

 

そのことに自信を失っていた

 

でも

 

そんなことは

 

なかった

 

じゃあ、これまでなんで歯車が噛み合わなかったのか

 

なんてことをふりかえるのに時間をかけることがもったいないほど

 

楽しい時間が目の前に続いていた

 

 

 

 

 

もったいないと思った理由のもう一つは

 

いつまで自分の目が元気なのか

 

いつまで自分の頭が働くのか

 

いつどうなるかわからない経験をしてきたからこそ

 

今が大事だと痛感してきたからこそ

 

目の前のことに集中できたのだと思う

 

 

 

 

 

もうこれが最後かもしれない

 

今提供できることがピークなのかもしれない

 

自分のベストは今

 

という覚悟が一期一会の境地を作ったのではないかと思う

 

 

f:id:route66-jp:20200303211442p:plain

悲願の全国放送を達成した時の感動をふと思い起こした、でもそんなこともあったよなくらいな感じを今はしている、なんと言ってもD.J.HIROはこの後九州の放送局に出演しているからね

 

20歳の時に勉強を教える仕事(塾講師・家庭教師など)をはじめて

 

今シーズンで35シーズン、35年目になる

 

なので

 

記念すべき今シーズンも続けていくけれど

 

この仕事がわたしにとってメインなのではない

 

抜きんでようと

 

我慢したり、意地を張ったり、競争をしたり

 

といったことは楽しくないので

 

そういうことはしたくない

 

できるだけ自分のペースで続けていきたい

 

自分のペースについては今晩からもう一度考える

 

 

f:id:route66-jp:20200303212507p:plain

ラジオっていいなー、ラジオDJやっててよかったなー

今回、外に出て

 

一生懸命に聞いてくれて

 

一生懸命に取り組む生徒さんと

 

一生懸命に一緒に取り組んだことで

 

わたしに変化が訪れた

 

 

 

なんでそんなに一生懸命に聞いてくれたのかわからないけれど

 

わたしもこのつくばで育った子ども

 

何か共鳴するものがあるのだろうか

 

そう思ったことも理由の一つで

 

わたしは九州には行かないと決めた(変わるかもしれないが)

 

 

 

 

もう一つ

 

53歳まで生きてきた

 

自分の人生が吹っ切れた

 

気がする

 

 

 

いろんなモヤモヤも

 

全部済んだこと!終わったこと!

 

わたしの人生は

 

またここから始まる

 

そう思えるようになった

 

 

 

なので

 

過去に取り組んだ考えや成果も

 

躊躇なく

 

形にして発表していく

 

そんな気持ちになった

 

だって

 

終わったことだもん

 

 

 

 

明日起きたら

 

どんな世界が広がっているのか

 

そうやって

 

明日を楽しみに迎えられる人生になったこと

 

そして本当に明日はどうなっているんだろうか?

 

そう思って生きていきます