つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

オンラインでできること、オフラインでこそ大事にしたいこと

先日の公立高校の入試が終わるまでは

 

受験指導に集中し

 

他のことはその後考えるようにしたため

 

慌ただしい週末を過ごしています

 

 

 

一応ニュース等々でコロナの報道は見ていましたが

 

たとえば都内に出かけたり

 

人と会ったりと

 

実際に当事者意識を持って

 

自分が動くことをイメージして計画を立てると

 

世の中、すごいことになっていたとあらためて感じました

 

 

 

 

 

現在

 

この先のことについては

 

保留したままにしていた案件について返事をしつつ

 

スケジュール決めを進めています

 

 

 

一部の方からは

 

「オンライン元年」と指摘があるように

 

世の中がオンラインにシフトしていく

 

と、考えると

 

それを見越した動きを含めて

 

今から取り組んでいくことが大事だとは思いますが

 

具体的には一体何をオンライン化するのだ???

 

 

f:id:route66-jp:20200307193859p:plain

iカウンセリングの玄関のお花たちもいよいよ春モードに

 

iカウンセリングでの心理相談は

 

スカイプや電話を利用しての

 

オンラインカウンセリングを

 

7年前の開業当時から積極的に進めています

 

 

 

もちろんわたしが担当する

 

学習支援もオンライン対応が可能です

 

 

 

 

 

さらに

 

それらを工夫して

 

より良いものにしていくにはどうしたらいいだろう??

 

と、考えています

 

 

 

 

ふりかえれば

 

わたしは20代、30代と

 

電機メーカーで通信技術の研究員をしていて

 

実験のテストベッド製作や

 

技術開発の多くはオンラインを存分に活用していました

 

特に海外のベンチャー企業との共同開発では

 

オンラインを最大限に活用しなければはじまりませんでした

 

 

 

オンラインというと

 

情報のやりとりをICT機器を使って進めていく

 

イメージがあると思われるでしょう

 

もちろんその通りです

 

でもそこにはコツがあるんです

 

離れていても

 

まるでその場に一緒にいるような

 

情報のやりとり

 

タイミング

 

そして進め方

 

今まで蓄積して経験を存分に活かして

 

新たなプログラムを

 

この機会に作っていきたいなと考えています

 

もちろんその中には

 

「オンラインでできること、オフラインでこそ大事にしたいこと」の選択、見極めが重要であることはいうまでもありません