つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

イメージすること、マネージすること、そしてまたイメージすること(8年目を迎えたiカウンセリング)

昨日iカウンセリングの開業が7年前と書きました

 

今日3/8がオープンの日で8年目に入りました

 

今朝、妻に言われるまで3/8のことを忘れていました

 

ここまでホントにあっという間でしたね

 

「起業する」と言われて

 

「じゃあ応援する」と言って

 

いつの間にかわたしも合流して

 

ここまで早かった

 

 

 

それと

 

これは前々からリスペクトなんですが

 

起業して頑張る妻の思いっていうのはすごいですよね

 

 

 

この起業家マインドというか

 

そうした仕事に出会えたブレない姿勢の方を

 

見ると本当に素晴らしいなと思います

 

 

f:id:route66-jp:20200308185412p:plain

先日作ってみた寄せ植え、今回は今までとは違って大胆なアレンジメントに挑戦しました、はたしてこれからどんな風になっていくか、今日の題のイメージとマネージですねっ

 

ひるがえってわたしの方

 

いつか起業したいなーと思ったのは30歳くらいでしょうか

 

そのために会社の経営企画部にも異動して

 

経営について学んだりもしました

 

 

 

 

 

ただ、その頃から気がついていたんです

 

 

 

起業というのは

 

自分でやった方がいいから

 

とか

 

カッコいいから

 

とか

 

そういう憧れだけじゃできない

 

 

 

「成果とか対価とかそういうのを超越したものがないとできない」

 

そんな情熱・思いが自分にはないなーと思ってきたんです

 

もう一つ、そういうものに巡り会えた人はうらやましいなとも

 

 

 

f:id:route66-jp:20200308191547p:plain

オープン準備期間中のiカウンセリングの様子、懐かしいなー

 

 

設立するときには

 

「iカウンセリングはこういう団体です」というのを

 

法務局に提出して認めてもらいます

 

そのときに

 

わたしもiカウンセリングでこういう業務を担当します

 

というのを書きました

 

【事業目的】

(2)放送番組の企画運営実施及び番組制作の研修

 

(5)地域の子どもの学習支援

 

今回、あらためて見返して驚きました

 

7年前のこの頃のこと

 

ミニFMのラジオ局を作って2年目で年間40回ほど出張公演をしていた

 

・カフェのオーナーになってその場を使って学習の場を持ちたいと周囲に働きかけていた

 

わたしはどんな思いでこうした活動をしていたのか

 

よく覚えていないのですが*1

 

【事業目的】

(2)放送番組の企画運営実施及び番組制作の研修

 

(5)地域の子どもの学習支援

 

これって、今をピタッと言い表している

 

 

この頃、地域を盛り上げるラジオ局と名乗って

 

自らもD.J.HIROと名乗って全国各地で放送しようと企画していたのです

 

となると、「ラジオ」「地域活性」「町おこし」みたいな

文言が入ってくるんじゃないかと思うんですが

 

(2)放送番組の企画運営実施及び番組制作の研修

 

となっている

 

確かに、今はラジオ放送はしていないし

 

地域活性にも関わっていない

 

一方でライブ配信の放送は続けているし

 

ラジオ放送はしていないけれど

 

放送には様々な形で関わっている

 

 

 

 

 

もう一つのこと

 

この頃は、今までの経験を活かして

 

学習塾を開いて

 

もし会社を辞めたときの仕事になるよう考えていた

 

となると

 

「学習の場の運営」「仕組み作り」のような記載になると思うのですが

 

(5)地域の子どもの学習支援

 

と、なっている

 

確かに、現在は学習の場として一部屋のスペースを確保しているけれど

 

そこだけでなく

 

近所の学習塾にお手伝いに行ったり

 

外部で学習の場を開いたり

 

その他学習相談の機会を設けて活動している

 

 

 

 

似たようなものじゃないかと

 

言われるかもだけれど違います

 

 

 

 

わたしにとっては

 

実際にやっていた(きた)ことは

 

それはあくまでも手段であって

 

その先にイメージしていた目的というのが仕事なんです

 

 

 

 

 

あの体調・状態の中でそれらを持っていたんだなーと

 

あの頃の自分をリスペクトする気持ちになりました

 

 

 

 

そして、

 

「成果とか対価とかそういうのを超越したものがないとできない」

 

そんな情熱・思いが自分にはないなーと思ってきたんです

 

もう一つ、そういうものに巡り会えた人はうらやましいなとも

 

 

と、書いたけれど

 

わたしにもしっかりとしたものがあったんじゃないかと

 

うれしくなりました

 

今日はニタニタと笑いながら

 

7周年記念のお祝いをこれから夫婦であげたいと思います

*1:病気でお薬を飲んでいた12年間のこと、特にどんな思いでいたのかについては記録は残っているけれど、記憶が薄いんです