つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

その場にいるということ

コロナ騒動

 

ウィルスを封じ込めて感染の広がりを抑える/遅らせる

 

その話題のニュースが目につくようになりました

 

なんというか

 

今、人に接する機会を減らしていますので

 

そうなると

 

今まで普通に会っていた方でも

 

実際に「会う」という行動を思うだけで

 

ちょっと考えてしまいますよね

 

その方に会いたいから関係ないと思っても

 

その場に

 

あるいは

 

途中で

 

不特定多数の方の接触する可能性があるとしたら

 

どうしたらいいのだろう

 

 

今日は高血圧の薬を病院に取りに行くのでさえ

 

躊躇してしまいました

 

 

f:id:route66-jp:20200309162511p:plain

最近のルナは昼間は眠っていて、夜になると人恋しいみたいで近くまで寄ってきます

 

仕事も授業も医療もオンラインで

 

っていう動きになっていて

 

それも

 

今までてんで進まなかったから

 

これを機に

 

という話

 

 

 

 

 

電機メーカーでインターネット通信の研究をしていたわたしにとっては

 

そのモチベーションの一つに「在宅勤務」

 

つまり

 

満員電車からの解放

 

があり

 

在職中には一向に実現しなかった

 

このテレワークが

 

はたして定着するのか

 

興味津々で見ています

 

 

 

一方で

 

ツールはあるのになんで定着しなかったのか

 

それについてもずっと考えてきました

 

「その場にいること」の方が

 

重要だったんで(それこそいろんな意味で)

 

だから定着しなかった

 

 

 

そうだとしたら

 

「その場にいること」がどうして重要だったんだろうか

 

それはオンラインで解決できるものなのだろうか

 

そういうのを同時に考える

 

よい機会なんじゃないかと思います

 

 

 

さて

 

夜中になると

 

近くまで寄ってくるわたしの愛猫は

 

それだけでなんだかうれしい