つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

これからの伝え方

学習指導の仕事はしばらくおやすみモードにしておりました

 

受験も終わったし、わたしも身体を休めて次のことを考えたい・・・

 

と思っていたものの休めたのかなっていう感じ

 

大学時代の友人と毎週末に雑談で盛り上がる会でも

 

「休めた〜?」

 

「あんまり」

 

「まずいじゃん」

 

みたいな会話で終わりました

 

 

f:id:route66-jp:20200315231441p:plain

これ、田んぼです。今日は夫婦で筑波山へお参り。田んぼが青々していると妻が指摘してわたしも気がつきました。確かに、これも暖かさの表れなんでしょうね。

 

この先のことを考えるって話の中でモヤモヤとしたのは

 

コロナ騒ぎによるオンライン授業に関するもの

 

 

 

この先どうなっていくかの予測と

 

自分はどうするという方針決め

 

 

 

考え事をするのは好きなんで

 

休めなかったものの、結構楽しかった

 

 

 

考えた結果はというと

 

ラジオDJやこうしてブログやSNSを書いているわけだから

 

その場を通じて伝えたいことを伝えているし

 

電話での学習カウンセリングのメニューも揃えているし

 

教室で授業を受けてもらうこともできる

 

 

 

 

いろんな教育機関の動画を見せてもらって思ったことは

 

やっぱり

 

わたしにできることは

 

「何を」「どこまで」「どうやって」

 

を伝えること

 

 

 

オンラインで勉強って便利だと思う

 

ただ、これらを全部やっていたら

 

青春の貴重な時間が吹き飛んじゃうのではないか?と思ったのが率直な感想

 

 

 

「目標に対して、君はここまで理解しているので

あと必要なのは、こことここ」

 

という役割をわたしが提供する

 

といった今のスタイルとなんら変わりがないなー

 

とあらためて思いました

 

www.mantenedu.jp

 

話変わって

 

毎週参加しているインスタライブやYouTubeチャンネルなど

 

動画配信がトレンドですね

 

ラジオDJも積極的に参加しているし、声だけならPodcast(わたしもやっています)

 

もあります

 

 

 

全部が全部を調べたわけじゃないですが

 

知っている限りで言えば

 

すんごいInstagramYouTubeにシフトしている

 

理由?

 

cost effectiveness

 

さらに

 

もはや字を読む時代ではない

 

 

 

 

 

もう自分は古い??

 

とか考えちゃったよ

 

でもねー

 

二つの説は

 

そうかなとも思うことはもちろんあるけれど

 

何をどこに届けるのかを考えると

 

cost effectivenes

 

字を読む時代ではない

 

の理由と

 

自分が何をしたいのか

 

をよく考えることなんじゃないかと思う

 

一番考えたのは

 

オンライン授業ではなくてこのことだったりして

 

と書いていて思ったので文末に載せました