つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

今日で今年度が終わりなんて信じられない🤷‍♀️

今・つながり・海

 

今日のカードでした

 

今にフォーカスして、つながりをイメージして、年度末だから水に流す

 

今日の1日の過ごし方が見えてきました

 

 

f:id:route66-jp:20200331104451p:plain

絵になる眠り方、わが家では猫タワーで寝る姿を見て「タワ寝」と呼んでいます、こちらも眠りながら「沈思黙考」

年度末に合わせて

 

いろんなことを書こうとネタを集めて企画していたのですが

 

今日がその日になってしまいました

 

明日から新年度

 

普通に学校がある毎年と違ってどうなるかわからなくなってきた新年度

 

 

 

でもね

 

普通に学校がある年であっても

 

そのあとのことなんて想像つかないです

 

小学校入学→

 

中学校入学→

 

高等学校入学→

 

大学入学→

 

大学院入学→

 

就職→

 

 

スタートを切った時点で、

 

卒業?その後の人生?

 

予想できたかというと全く違いましたね

 

全く思ってもいなかった人生になったというか…

 

 

 

 

どの道、予想すらできなかった人生になってしまうのだったら

 

今後の人生も何も考えない方がいいのか

 

とさえ思ってしまいました💦

 

 

 

f:id:route66-jp:20200331105331p:plain

子どもの頃からなじみのある体育館、これもどんな思い出が生まれるのか当時は予想もしかなったよね

最初のカードの話に戻って

 

「今・つながり・海」

 

から考えること

 

 

 

学習指導も子育てもふりかえってみて

 

高校の勉強の動機付けのオリエンテーションというのが

 

とてもむずかしい

 

高校入学まで頑張ってきて

 

大学入学まであと3年

 

というところで

 

ここで大きな壁が来る

 

 

f:id:route66-jp:20200331132734p:plain

なぜか燃えたスポデーの予選ね、予選!本戦は出たことないし、どこでやっているのかも知らない

小学校入学→

 

中学校入学→

 

高等学校入学→

 

大学入学→

 

大学院入学→

 

就職→

 

まったく想像もつかない結末となり

 

それは入る前や入った直後はそれなりに目標や思い入れもあったのだけれど

 

結果として

 

それは達成されたとは言い難く(あくまでもわたしの場合ね)

 

だからと言って過ごした日々を後悔はしていないのです

 

 

 

 

それはなぜか?

 

それは

 

入ってもっと大事なものを見つけたからでしょうかね

 

 

 

 

そういうのになぜ出会えたのかというと

 

わたしの場合は

 

人との出会いだったと思います

 

 

 

 

では今後も

 

そのような影響を与え・受ける人がいるところに行けばいいのかと言われると

 

その出会った人もその場にいつまでもいるわけじゃないから

 

そういう意味では

 

ご縁で出会えるという

 

 

わたしが考える場づくりにも通じるものがある気がします

 

 

f:id:route66-jp:20200331133254p:plain

この時はまだつくばに戻る前の2015年、なんでこの道を歩いているんだ???

 

考えてみたら

 

その入る前や入った直後の話にとらわれていないことだったりとかも

 

大事なことなんじゃないかと思ったり

 

 

 

それから

 

入ってから出会ったものにオープンな気持ちで接することができるとか

 

さらにそれから

 

いつ何に出会うかわからないからその時のために準備をしておくとか

 

 

 

 

それぞれが抱いている

 

思いや思い入れば小さいのか大きいのかは

 

わからないけれど

 

入った時の狭い考えだけで自分を縛ってしまうのは

 

もったいないかな

 

ということを思いました

 

 

 

「今・つながり・海」

 

明日からの新年度を迎えるにあたって

 

わたし自身のこともわからないし

 

だから人に何を影響を与えるのかもわからないし

 

ただ

 

これからの時間と空間を共有することで

 

出会えるもの

 

スリリングではあるけれど

 

でもきっとうまく行くという確からしさもあり

 

なんだか

 

フタを開けていくのがとても楽しくなってきました

 

 

 

最後に

 

ネタ帳には

 

高校の思い出とか

 

高校の勉強についての考察について

 

記してありますが

 

この話はまたいずれの機会に載せていこうと思います