つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

今日は自閉症啓発デー

こんばんは

ロカヒ(Lokahi)カウンセラー下村幸子です。

 

毎年4月2日は世界自閉症啓発デー。

国連発の自閉症への理解を広めようという日です。

 

今年は残念ながら

コロナウイルス拡大防止の観点から

イベントは中止となったようですが

我が家はダンナさんと2人で

ブルーのカップローソクに火を灯し

ブルーの服を身に纏って過ごしました。

f:id:meleluna:20200403001946j:image

 

ブルーはシンボルカラーなのです。

世界各地で自閉症理解に賛同される方々が

ブルーのなにかを身の近くに置いて

思いを馳せたり

情報を発信したり

祈りを捧げたりします。

 

f:id:meleluna:20200403002015j:image

ダンナさん&レオちゃん🧡

 

我が家は次男に発達障害があります。

ダンナさんにも発達障害があります。

コミュニケーションは大変です。

 

でも、だから、

私の内側の世界を無限に広げてくれました。

神様の存在を感じさせてくれました。

 

次世代を切り拓く鍵を持っている方々でもあると思います。

自閉症を含む発達障害のある子の魂は

天からなにかお使いを託されて

地上に降りてくるんだろうな

とも思うのです。

 

周りとはものの見え方感じ方が違うので

ぶつかってしまうこともしばしば。

その度に

自分が正しいと教えられてきたことって本当に正しいのか?

自分に問い直す機会を与えてくれる。

そして問い直した結果

心が自由になっていく。

 

そんな経験をさせてもらったから

天からの御使いなんだろうと思ってます😊

 

こんな大変な事に取り組んでくれている自閉症の方々に

敬意を表さずにはいられません。