つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

営巣本能への憧れ

営巣本能という言葉があるのかわからないですが

 

自分の身の回りの空間を心地よいものにしていこうという工夫

 

これはわたしにとって

 

幼少の頃からの憧れでした

 

そんなの当たり前じゃないかと思われるかもしれないです

 

でもそんなことはなかったですね

 

ふりかえると一人暮らしをしようみたいなことを思ったのも

 

自分の周りを心地よくしたいとの思いから

 

ただ、たとえ一人暮らしを始めても

 

そう簡単にはできるものではないんです

 

生育歴から来る

 

時間やお金の使い方

 

ものの捨て方も含む取捨選択

 

なかなか思うようにはいきませんでした

 

加えて

 

こびりついているとまで言われてしまう記憶力でしょ

 

50歳を過ぎて

 

様々な体験と勉強をしてきてやっと空間を心地よくする

 

というのができるようになったかなと思います

 

そして

 

もう一つ、最大の影響は妻の存在

 

わたしにとって妻は

 

心地よい空間を作る天才じゃないかと思っています

 

憧れです

 

早くに結婚したのも

 

こうして長く生活を送れているのも

 

また24時間のうちで一緒に過ごす時間がどれだけ長くなっても

 

自然といられるのはそのおかげです

 

よく

 

「幼馴染みだから、一緒にいられる」みたいなことを言われますが

 

そうじゃないですよね

 

一緒にいて居心地の良い空間を作れているからです

 

そのために自分の周りを心地よくする工夫

 

大切です

 

 

f:id:route66-jp:20200415205938p:plain

なんとレオが掛け布団にして寝ているのにびっくり、素晴らしい〜

わが家のレオちゃんも3歳になり

 

成長が見られます

 

最近注目しているのが

 

レオの営巣本能

 

今までホットドッグのぬいぐるみに挟まれるようにして眠っていたんですが

 

なんかのタイミングで

 

クッションを数枚入れたところ

 

いろいろ工夫している様子

 

なんだか心地良さそうで

 

見ているこちらも楽しくなります

 

今日は敷布団と掛け布団みたいにして眠っているのを見て大笑い