つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

子どもたちに対する可能性の投げかけについて思ったこと

用事じゃなくて

 

行楽で

 

むすこを鉄道に乗せたとき

 

の思い出を書きます*1

 

 

 

 

それは

 

北海道をドライブしていた時に

 

一駅だけ乗ってみようという話になり

 

わたしがクルマで併走

 

それがすんごく楽しかったみたい

 

もともとは興味があったんだろうけれど

 

この日を境に

 

筋金入りの鉄道好きになりました

 

その瞬間の変化は

 

ずっと見ている親だから

 

よくわかります

f:id:route66-jp:20200419173520j:plain

札沼線 知来乙から月ヶ丘までの一区間だけだったけどこれで彼の人生が変わったね そんなことを飛び込んできた報道を聞いて思い出しました

 

この頃

 

家庭教師をしていたお家のお母さんとよく話をしていたんです

 

「子どもが進む道は子どもが決めるのだろうけれど

 

ある程度親がレールを敷いてあげないと決めるに決められないよね、先生!」

 

 

 

それはまさにその通りで

 

親として

 

周囲の大人として

 

子どもたちに

 

興味のタネを巻いて

 

それを上手に育てていき

 

その先を

 

子どもたち自身が考えていけるよう

 

サポートしていく

 

そう考えて子育てをしてきました

 

 

 

 

 

旅先のドライブ中

 

区間だけ乗ってみようか

 

 

というところから

 

興味が芽生え

 

そこからたくさんのことに派生して

 

やがてはこの子が

 

進む道にまで発展していった

 

昨日はそんな話で

 

ちょっとだけ盛り上がりました

*1:当時つくばには鉄道が通っていませんでした