つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

誕生日に

こんばんは!

iカウンセリングのLokahi カウンセラー下村幸子です。

4月29日、お誕生日でした!

夜中、日をまたいで29日になると、

ダンさんからすかさずおめでとうと声かけてもらい

息子たちからお誕生日メッセージが届き

昼間は長男が孫の顔を見せに電話を架けてくれて

沢山の方からお誕生日メッセージをいただきました。

みなさま本当にありがとうございます😊🙏✨✨

 

私の誕生日はGWスタートの日になることが多いので毎年世の中は賑やかなのですが

今年はコロナの影響で日本中が外出を控えておうちに籠る静かなGWとなっています。

 

大変だと感じつつも今までの歪みを洗い流してくれるのではないか

という予感を持つ人も多いようです。

そして私もそのように感じている1人です。

 

まだまだ感染の拡大は収まらず

毎日新たな感染者が発表され亡くなる方も増え続けています。

第二波を迎えて奮闘されている国や地域もあります。

 

長引く混乱に、世界経済も姿を変えることでしょう。

自分たちの生活も今までと同じようには回らなくなるかもしれません。

 

世界が等しく危機に瀕している今だからこそ

自分を守るため、自分の大切な家族や友人を守るため、

私たちが生きているこの地球と、ともに生きている方々を守るため、

思いやりの心を持つことが大切なんじゃないかと思います。

 

自分を守ることは他を守ることであり

他を守ることは自分を守ることと同じ。

 

「思いやり」というのは私は「想像力」と「創造力」だと思います。

相手の立場や想い、そして感じているしんどさ...

それを創造力を以って考え"感じる“ことからはじまるんじゃないかと。

 

頭で考えるだけじゃダメで、それを"感じる"ことが重要です。

なんでダメかっていうとちょっと上から目線的な同情になってしまうから。

それはむしろいかにも優しげにトラウマを植え付けることになるから。

 

感じることが出来れば

起きている事象に対してどうすればいいのかを

生み出す力になってくれると思います。

 

こちらとあちらの両方を大切にするために

こちらの主張ばかりを言うのではなく

逆に我慢して犠牲になるのでもなく

中間を生み出したり、全く違う概念や世界観を創り出したり。

 

そうして創造した世界はきっとこれまでの歪みを生むシステムから

互いに温かみを感じられる関係にシフトしていくでしょう。

 

神様というか、自然というか、なにか大いなる意思から私たちに、

お互いを大切にするってどういうことか感じる機会だよ

って言ってもらってる感じがするし、それをしていきたいと思います。

せっかく誕生日ですから、改めてそれを胸に、歩みを進めていこうと思います。

 

 

写真はダンナさんがつくばの老舗のケーキ屋さん『シーゲル』に

密にならないよう開店前から行って買ってきてくれたケーキ。

夜2人でいい香りのコーヒーを淹れてお祝いしてもらいました🥮☕️🍰☕️

 

コロナはこんな日常もあっという間に奪ってしまう可能性があるから

改めてこの一瞬一瞬を大切にしていきたいと思います。

 

画像に含まれている可能性があるもの:コーヒーカップ、飲み物、デザート、食べ物