つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

オンライン化に踏み切れないのではなく、目指すものを失った感覚

最初のテレビ会議は30年くらい前の話

 

「体験」と言うものではなく「本ちゃん」の会議だったなー

 

部屋に通されて

 

ものすごく緊張したけれど

 

実際のテレビ映像はコマ落ちの画質

 

えー、こんなものなんだとは思ったけれど

 

あの時のことは忘れない

 

 

f:id:route66-jp:20200511232014p:plain

今日も夕方まで仕事があり、涼しくなってからレオと運動 助かる季節になりました

 

今、この時代になって

 

テレビ会議という名から

 

オンラインミーティングというものになったけれど

 

どうしようもない事態でもない限り

 

その手段は用いて来なかったのは

 

なんでだろうね

 

とか思うようになっている

 

 

 

 

時代に流れに逆らっても仕方がないかもと思うんだけれど

 

この10年(もっとか)目指して実行してきたのは

 

顔を付き合わせての会話

 

 

 

その道で仕事をと思ったきたのに

 

根底から崩れちゃったな〜と

 

思うところもあり

 

この先どうしたらいいのかと模索する毎日

 

だから新しいことに取り組んでみてはとも思うし

 

自分なり温めてきたものがあるのだけれど

 

そのままになっちゃっているなー