つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

勉強は自分でするもんだ

学校再開の見通しが立ってきて

 

にわかに忙しくなってきました

 

再開すればその対応

 

まだ休校であるのなら

 

それはそれでその対応

 

いずれにせよ

 

対応があるのには変わりがないのですが

 

 

 

 

ところで

 

ここ数日

 

???

 

と思うことが目の前でありました

 

 

 

 

一言、自分に言いたいので書いておきますね

 

「勉強は自分でするもんだ」

 

ということ

 

 

 

 

 

 

 

ここを間違うと

 

わたしが

 

提供しているすべてのものが

 

多分説明つかなくなってしまう

 

そんな気がしたからです

 

f:id:route66-jp:20200515225608p:plain

ペンと剣の旗の下

写真は

 

わたしが

中高と憧れて受験した学校です

 

 

 

結局行けなかったんですが

 

どんなにすごい授業をしているんだろうと思ってずっと気になっていたんです

 

 

 

それから後に

 

同じ職場で働くことになった

 

OBの諸氏に聞いてみたところ

 

返された言葉が

 

「勉強は自分でするもんだ」

 

 

 

 

 

 

 

今から20年くらい前のことだったかな

 

この言葉で

 

我がむすこたちの中学受験の方針は決まったと言っても

 

過言ではないんじゃないかと

 

(他にもいくつかあったけど、影響を受けた言葉であることは間違いない)

 

 

 

 

 

だから

 

「勉強は自分でするもんだ」と

 

親としてのスタンスももちろん

 

自分自身にも

 

そして今受け持っている生徒さんに対する姿勢も

 

根底にあるものは今も変わりません

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は

 

学校が閉まってしまうと言った

 

わたしも経験したことがないような

 

ことが起きました

 

昨日のポッドキャストでも話をしたんですが

anchor.fm

 

最初の頃は

 

この休校をしっかり休んで楽しんじゃえばいい

 

なんてことを話していたんですが

 

現場に出てみると

 

だんだんと様子が違うということに気がつき

 

そこから

 

急ごしらえの学びの場を開きました(それは楽しかったなー)

 

 

 

 

 

 

でもHSPのわたしにはモードが変わった

 

つまり次の動きを感じたんです

 

 

 

 

 

その理由等々は書けませんが

 

ここを乗り越える言葉も

 

「勉強は自分でするもんだ」

 

これは生徒さんもわたしにも言える言葉で

 

わたしはこの言葉をこれからも忘れずに行こうと思っています

 

 

f:id:route66-jp:20200515231031p:plain

やっぱり、モードが変わったとカードにも出ました