つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

「何度だって説明してやる」って…

この騒動で学習指導も相も変わらず忙しく

 

学校が始まっても

 

直接教える時間が減っただけで

 

準備したり、考えたりする時間は減らないのです

 

あっ、直接教える時間は一人当たりが減っただけで総量は増えている😅

 

 

f:id:route66-jp:20200618184701p:plain

今日の運動、やや涼しかったからレオは元気でしたがわたしが湿気でまいった

ここのところ

 

難解な箇所を聞く生徒さんが目立ちはじめ

 

わたしはうれしいです

 

その時に「何度だって説明するから…」と前置き、途中途中に

 

この言葉を挟んでいます

 

そりゃ、何度だって説明を受けないといけないから難解なわけで

 

難解だからわたしに聞いてくるのでしょう

 

 

 

何度も説明するということは

 

わたしの説明が一回で終わらない

 

そういう風に取られると

 

残念な気持ちになりますし

 

それは誤解だと前もって言っておきます

 

 

 

 

人は

 

理解が進むと

 

また

 

新たな疑問が生まれたり

 

今までの前提としていたものはなんだったんだ

 

 

混乱したりするものです

 

その過程というのは

 

こちらから見ていてわかりますし

 

より理解を深める機会です

 

なのでわたしにとっても楽しい時間

 

やりがいのある時間です

 

だから

 

何度言ってもわからない💢というのは違います

 

 

 

そういう場面では

 

「何度だって説明してやる」って…はこちらからは言わないですけれど